pagetop
  • 廃車
  • 更新日:
  • 公開日: 2020-10-16

事故車に車両保険は使うべき?事故時の流れと補償內容をかんたん解説

こんな疑問や不安

「まさか自分が事故の加害者?被害者になってしまうなんて…」
「事故時の保険ってどんな補償があるのかな?」
「私の車って車両保険を使った方がお得なの…?」

など事故に遭ってしまったとき、保険に関しての疑問や不安が頭をよぎるのではないでしょうか。

この記事では、事故の際に使用できる保険とその補償內容から手続きの流れまでの徹底解説していきます。さらに、車両保険を使って事故車を修理するべきかどうか判斷する基準をお伝えしていきます。

記事のポイント

  • 「自賠責保険」と「任意保険」の補償內容?範囲を一覧で紹介
  • 交通事故から保険金受取までの手続きの流れを紹介
  • 事故車の修理に車両保険を使うべき判斷基準を紹介

この記事を読めば、損をしない車両保険の使い方を知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

ナビクルcar推奨!

値段がつかない車なら【廃車買取業者】がおすすめ!

完全無料!引取り代、レッカー代など料金は一切かかりません
手間がかかる廃車の手続きをぜんぶお任せ!楽に車を処分できます
事故車や故障車、走行距離が極端に長い車、車検切れでも【0円以上の買取保証】
自動車稅などの還付金の受け取りも簡単!
壊れている車、動かない車、20萬キロ以上乗っている車など、値段がつかない車を処分するなら、専門の廃車買取業者の利用が絶対におすすめです。

自動車保険をかんたん比較!

平均3萬円以上得する自動車保険が見つかるサービス

完全無料!最短3分の比較で、自動車保険が安くなる
最大20社比較できるから、自分にぴったりの自動車保険がすぐに見つかる
喜びの聲続々!平均節約額は3萬円以上、顧客満足度90%超
「どの保険會社に申し込めばいいかわからない」「一社ずつ見積もりを依頼するのが面倒」「自分に合った自動車保険がわからない……」
こんな方におすすめしたいのは、インズウェブの自動車保険の一括見積もりサービス。 一度に複數の保険會社を比較できるので、自分にぴったりの自動車保険をすぐに見つけることができます。 さらにいまなら、見積もり依頼するだけでハーゲンダッツアイスクリームをプレゼント。

事故の際に適用できる保険の補償內容を紹介


萬が一ご自身が事故の當事者になってしまった場合、事故後の対応で保険を利用する場面がでてくると思います。事故を起こしてしまうと、気が動転してしまいがちでトラブルの原因になります。まずは落ち著いてどんな保険を利用できるのか確認することが重要です。

事故の際に利用できる保険は以下の2つがあります。

  • 自賠責保険
  • 任意保険

それぞれの保険で受けられる補償範囲や補償內容について紹介していきます。

自賠責保険:相手の損害を補償する

自賠責保険は車を購入する際に自動的に加入している保険です。自賠責保険に加入していない車は車検を通すことができないためまずもって公道を走ることができません。

自賠責保険に加入していると事故に遭った際、以下のような補償內容を受けることができます。

【補償內容】

対人 物損
傷害 120萬円(治療費/休業補償/慰謝料) あらゆるものに対して補償ゼロ
死亡時 3,000萬円(逸失利益/治療費/慰謝料/葬儀費用)
後遺障害時 4,000萬円(逸失利益/治療費)

自賠責保険は自分以外の「他人」にしか補償されません。「他人」とは「運転手、運転供用者以外」のことを示します。なので、同乗していた家族は補償対象となります。

任意保険:自分の損害を補償する

任意保険は自賠責保険とは違い「自分の意思で加入する保険」のことです。任意保険は相手方の身體だけでなく、自分や搭乗者の身體?車?物など多岐にわたります。任意保険 の基本的に7つの補償が受けられます。

【補償內容】

保険名 內容
対人賠償保険 相手にけがをさせてしまった際に発生する保険
対物賠償保険 家や塀、ガードレールなどを壊した場合に発生する保険
人身傷害補償保険 自身や同乗者の治療や後遺障害による損害を補償する保険
搭乗者傷害保険 運転者や同乗者が死傷したとき、入院や部位癥狀別に定額の保険金を支払う
自損事故保険 単獨で事故を起こした際に運転者や同乗者が傷害や死傷をした場合に保険金を受け取れる
無保険車傷害保険 事故の相手が「自動車保険に入っていない」「補償內容が不十分」な場合に保険金を受け取れる
車両保険 自分の車の修理費等を補償する保険

任意保険には以上のような7つの基本補償があることがわかりました。では、どんな事故ならこの補償內容が受けられるのでしょうか。

さらに任意保険には「一般型」「エコノミー型」の2種類があります。どちらの保険タイプでも以上の7つの基本補償は受けることができます。しかし、一般型とエコノミー型は補償範囲や保険料が異なるため、ご自身が加入している保険の種類がどちらなのか確認が必要です

一般型とエコノミー型とは補償範囲が以下のように異なります。

【補償範囲】

補償範囲 一般 エコノミー
車やバイクとの事故(相手が判明している場合)
當て逃げ(相手不明) ×
自転車との衝突?接觸 ×
電柱?建物などとの衝突や接觸(単獨事故) ×
転覆?墜落 ×

このように「一般型」と「エコノミー型」とでは補償できる範囲が異なりますので事故で保険を使用する際に必ず確認しておきましょう。

では、交通事故から保険金支払いまでの流れを「加害者側」と「被害者側」別で詳しく解説していきます。

交通事故から保険金受取までの流れ


警察庁によると2019年の交通事故が年間で381,237件で発生しています。ご自身が交通事故の當事者になってしまった場合、焦りからまず何をすればいいのか分からなるのではないでしょうか。事故直後の対応を誤ると、思わぬトラブルや問題に繋がりかねません。

ここでは事故後から保険會社に申請して保険金を受け取るまでの流れを「加害者側」と「被害者側」に分けて説明していきます。

保険利用の正しい手続きの流れを見ておくことで、落ち著いて対処ができるようになります。

焦らず対処!加害者側の流れ

事故の加害者側になってしまった方の交通事故から保険金受取までの手続きの流れを6つのSTEPで紹介していきます。

加害者になった場合の手続きの流れ

step1 負傷者の救護、事故車の移動、警察への通報

相手の無事を確認して救護、移動、通報の順に対応しましょう。

step2 事故の相手、事故の狀況や目撃者の確認

警察に連絡をして、各都道府県にある自動車安全運転センターから事故が起こったことを証明する書類「交通事故証明書」が発行されるので保管しておきましょう。警察へ証明書を提出すれば、契約している自動車保険の保険會社に対応を依頼できます。

step3 保険會社への連絡して狀況を説明

通報後、保険會社に連絡をして受付をしましょう。

step4 ロードサービスの手配をしてもらう

事故車の引き取りを保険會社に依頼しましょう。

step5 専任擔當者による初期対応を受ける

事故相手の連絡や代車の手配、修理工場、醫療機関、事故解決までの全體の流れの説明を受けることができます。

step6 示談成立?保険金の受け取り

損害金額や過失割合が確定後、電話または書面にて口座にて保険金を受け取れます。

手続き完了

加害者になってしまった事故では、焦らず救護と通報後に保険會社に連絡をしましょう。保険會社はあなたの狀況を理解して相談に乗ってくれます。

必ず診察しよう!被害者側の流れ

事故の被害者になってしまった際の交通事故から保険金受取まで手続きの流れを5つのSTEPでお伝えしていきます。

被害者になった場合の手続きの流れ

step1 負傷者の救護、事故車の移動、警察への通報

相手の無事を確認して救護、移動、通報の順に対応しましょう。

step2 事故の相手、事故の狀況や目撃者の確認

警察に連絡をして、各都道府県にある自動車安全運転センターから事故が起こったことを証明する書類「交通事故証明書」が発行されるので保管しておきましょう。警察へ証明書を提出すれば、契約している自動車保険の保険會社に対応を依頼できます。

step3 必ず病院で診療してもらう

治療時には必ず領収書を保管しておきましょう。治療費だけでなく交通費も請求することができるので忘れず殘しておきましょう。

step4 示談交渉を相手方の保険會社と行う

弁護士に相談すれば示談交渉時に頼りになります。納得した示談內容で成立をしましょう。

step5 示談成立?保険金の受け取り

事故相手の連絡や代車の手配、修理工場、醫療機関、事故解決までの全體の流れの説明を受けることができます。

手続き完了

加害者の保険內容だけでは不十分な場合は、被害者が入っている保険を利用することが可能です。事故に遭ったときにすぐに加入している保険會社に連絡しましょう。弁護士費用特約を利用できる場合は、損害賠償請求などに備えて弁護士を雇う際の支払いを気にすることなく相談できます。

保険金を使用する際の2つの注意點

新型インサイトの注意點を解説
手続きの流れを先ほどお伝えしましたが、保険金を使用する前に知っておくべき注意點が2つあります。

保険を使用する際の注意點

?等級が3つ下がり翌年からの保険料が上がる

?一定の保険金を超える要修理の車は「全損扱い」になる

それぞれの注意點についての理由を詳しく説明していきます。

等級が3つ下がり翌年からの保険料が上がる

等級とは、1~20等級に分類されており、ご契約者様の事故歴に応じて保険料を割引いたり割増したりする制度のことです。事故による保険金を受け取ると等級がダウンします


等級のダウンは事故の種類によって異なります。

下がる等級數 事故例
等級3ダウン 基本的な事故
等級1ダウン 自然災害になどの意図しない原因による車両保険と車內身の回り品補償のみの事故
ノーカウント 人身傷害、搭乗者傷害、個人賠償特約のみの事故

事故が原因で保険料を受け取ると基本的に等級が3つ下がります。等級がダウンすると翌年の保険料が上がるので注意しておきましょう

ソニー損保での等級ダウンによる保険料の概算はこちらから調べてください。

一定の保険金を超える要修理の車は「全損扱い」になる

車両保険は自分の車が損傷した際に修理費として補償を受けることができる保険。事故に遭った際、どうしても車の損傷がいくつか発生してしまいます。

事故のレベルによっては、「全損扱い」となる車もあります。全損扱いになる車は請求できる修理費用に制限があります。そのため、修理費用が一定の金額を超える際は、全損分の保険金を受け取り新しい車を購入するのが良いでしょう。全損扱いの事故車を修理したとしてもリスクの高い車に乗るため安心して運転することができません。

受け取れる保険金を基準に修理すべきか新しい車に買い替えるべきか判斷するのがおすすめです。

ここまで保険金を使用する際の注意點を紹介してきました。注意點を知ったからこそ本當に車両保険を利用するべきなのかどうか迷われている方もいるでしょう。

次の章では、事故車の修理で車両保険を使うべきかどうかの判斷ができる基準を紹介していきます。

【100%買取保証】厄介な車の処分なら廃車専門業者

ナビクル廃車買取トップ

入力の手間 対応地域 買取価格
25秒 全國 0円以上保証
  • 特徴1.「事故車」「故障車」「動かない車」などどんな車でも引き取りOK!
  • 特徴2.処分にかかる費用は0円以上保証!どんな車でも引き取ります
  • 特徴3.自動車稅、重量稅、自賠責保険の還付金も受け取れます

ディーラーや車買取業者に廃車依頼すると、レッカー代、手數料、解體費用などさまざまなコストがかかってしまいます。専門の廃車買取業者に依頼すれば、まったく費用がかかりません。どんな車でもスムーズに処分できるので、値段がつかない車は廃車専門業者に依頼するのがおすすめです。

事故車の修理で車両保険を使うかどうかの判斷基準を紹介


車両保険とは、自分の車が損傷した時に補償を受けられる保険のこと。車両保険は利用するべきかどうかしっかりと判斷しないと損をする可能性かあります。車両保険を利用して修理すべきかどうかの判斷基準をお伝えしていきます。

車両保険を使う判斷基準

?小さい傷であれば、車両保険は使わない

?過去に事故で保険を使ったことがある場合は使わない

?免責金額の負擔を考慮する

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

小さい傷であれば、車両保険は使わない

事故のレベルによって、骨格(フレーム)部分が大きく損傷したケースから小さな擦り傷程度の損傷までさまざまだと思います。大きな損傷でも小さな傷でも修理すれと、車両保険を利用してしまうと等級が3つダウンしてしまいます

等級がダウンしてしまうと翌年から數年間の保険料が上がります。使用した場合に追加で支払う保険料と使用しない場合の自己負擔の修理費用を比較することをおすすめします

過去に事故で保険を使ったことがある場合は使わない

以前に事故を起こして等級が下がってしまった方が中にはいるかもしれません。同じ等級でも、事故歴があるかないかで保険料の割引率が異なってきます。

たとえば、過去の事故により3等級ダウンした場合には3年間の「事故あり係數適用期間」があり、その期間中は保険料が高くなります。そこにさらに事故により車両保険を利用してしまうと保険料が割増になってしまい修理費用よりも高くなるケースがあります。

そのため、事故あり係數適用期間中の車両保険の利用はおすすめできません。事故によってどの程度等級に影響してくるのかは加入している保険會社に確認してください。

免責金額の負擔を考慮する

免責金額は、被保険者などが自己負擔する金額のこと。契約時に免責金額を設定することができます。免責金額を契約時にいくらか設定すればその後の支払う保険料が割引されます。免責金額を0円に設定していない限り、保険金の支払いを満たしている條件だったとしても免責金額以下の保険金は支払われないので注意しましょう

3つのケースに分けて免責金額の例を以下の図にまとめました。

ケース1は免責金額內で収まる修理費用だったので、保険金はおりません。それに対してケース2と3は免責金額以上の修理費用がかかるため10萬円までの保険金が受け取れます。それ以上の費用は自己負擔となります。

保険を利用する場合と利用しない場合の免責金額の負擔量を比較して、保険會社に相談することをおすすめします。

まとめ

本記事では、交通事故にあった時點から保険を使用して保険金を受け取るまでの流れや車両保険の適用について詳しく解説してきました。

記事のまとめ

?事故の際に適用できるのは「自賠責保険」「任意保険」

?加入している保険の補償內容と補償範囲を確認する

?保険金を受け取ると3等級ダウンし翌年からの保険料が上がる

?小さい傷の修理は車両保険を使わない

この記事を読めば、事故車の修理費用に車両保険を使うかどうかが判斷することができます。事故を起こしてすぐに保険會社に連絡をしてそれから車両保険を適用するか相談して決めるのがおすすめです。

修理以外にも事故車を廃車として新しい車に乗り換える選択肢をされた方は、以下記事を參考に事故車を手放すことおすすめします。
參考事故車の買取先はどこを選ぶ?損傷レベル別におすすめ業者を紹介

ナビクルcar推奨!

値段がつかない車なら【廃車買取業者】がおすすめ!

完全無料!引取り代、レッカー代など料金は一切かかりません
手間がかかる廃車の手続きをぜんぶお任せ!楽に車を処分できます
事故車や故障車、走行距離が極端に長い車、車検切れでも【0円以上の買取保証】
自動車稅などの還付金の受け取りも簡単!
壊れている車、動かない車、20萬キロ以上乗っている車など、値段がつかない車を処分するなら、専門の廃車買取業者の利用が絶対におすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
湾仔区| 大邑县| 全州县| 额尔古纳市| 景谷| 桂阳县| 睢宁县| 古蔺县| 紫阳县| 岳西县|