現場ブログ

[C邸現場]

Date- 2013.06.17

IMG_0232 IMG_0233

先日、床を解体して清掃を終えたところで、設備屋さんがコンクリートの土間に配管を埋設していました。

トイレ用配水管なので、一定以上の勾配を取っていなければなりません。

床下に余裕が有ればサドル止めで勾配を確保できるのですが、今回は余裕すらないので土間に埋設しています。

ちなみにではありますが、この現場は当社が10年前に建築した新築です。右の写真からも見て取れるように、当時の大工さんの仕事ぶりは断熱材にしても下地の配置にしても綺麗に丁寧にされています。

なので、解体や撤去していけばいくほどに丁寧さが見えてきて、後で改修工事を担当する者の気持ちも正すことは間違いないでしょう。

しかも安心して現在の工事が出来ると、大工さん並びに関係者様がおっしゃってました。

これは、私にとっても非常に有りがたいことだと実感した次第です。

やはり丁寧に施工されている住宅は、改修工事時もやりやすく費用の軽減にもつながる結果となりそうです。

現在、この現場で活躍されている大工さんは、この住宅を建てた大工さんの弟子なのですが、弟子が師匠の仕事ぶりを見て取れるのも良い経験ですね・・・・・少しきつい経験かな?

投稿者:社長

ページトップへ