社員ブログ

Date- 2014.03.10

現場が終わって、今年初めての道具の整理をしました。

少しですが、心がすっきりしました。

IMG_0777

投稿者:大工

新年、明けましておめでとうございます。

年末よりブログの更新が出来ていませんでした。少し反省しています。

建設業界は現在、全国的に多忙な状態にあり、物資・資材等・職人さん等が

手に入らないまたは、人手不足となっています。

急に忙しくなり、現場に出離し状態となっています。

3月末まではこのような状態が続くと思われますが、

ブログの更新だけは、新たな工事から行いたいと思います。

しかし、ショックです。ブログの更新が出来ないとは・・・・・・・・・・・

投稿者:社長

今日会社に来ると、軽トラックの窓が開いているのが目に入りました。

「しまった(´;σ;`)」と一瞬思ったのですが・・・・・

今までの自分なら、「あーあ、仕方ない・・・・拭こうか」なんて思っていた事でしょうが

3Sを続けているせいでしょうか・・・「ラッキー・・掃除出来るやん!!」ってなことで、

車内をピカピカに掃除をしてしまいました。(笑)

全ての不運を幸運に替えてくれる3S活動には、感謝ですね!

いつも、努力と知恵をくれてありがとう!!!!です。

投稿者:社長

Date- 2013.10.19

人参畑

今年の夏前から、会社敷地の片隅で野菜を育てています。

夏は、オクラ、茄子、ピーマンなんかを育て美味しくいただくことが出来ました。

今は写真の人参、カブ、冬葱、青梗菜、ブロッコリーを植えています。

なにせ初めての野菜作りなので、失敗する可能性が高いと思い、ブログには

書いていなかったのですが、夏野菜がうまく育った実績? を踏まえて、

人参の写真を載せてみることにしました。 

気温が下がり、虫の被害も減って素人目にはかなりいい感じになってきたと

思ってます。

見栄えは悪くてもいいので、美味しく食べられる人参ができると信じて

育てています。

投稿者:従業員1

Date- 2013.08.10

10年前お世話になった高知県安芸市のお客様から

なにやら、生活のリズムが変わってきたので作りつけのPCデスクを使わなくなった・・・

と言うことで、コンセントなど配置を換えて欲しいとお電話がありました。

早速お邪魔してきたのですが、過去改築したときとほぼ変わらず綺麗な状態で、

私も、10年ぶりながら少し感動しました。

到着したのが夕方5時頃なのですが、高松より数段に涼しくて、そして町並みに趣がある。

そのせいか時間もゆっくり流れていて、都会にない風情を再確認することとなりました。

上手くは書けませんが、町並み全体が大自然に整理されて建っているようで、心地よい感じすら受けました。

DSC_0336 DSC_0338 DSC_0339

今回は一度お邪魔してコンセントの移設が十分に行えなかったので、再度お邪魔することとしました。

次回は、PCデスクを分解してコンセントを移設してきます。

 

投稿者:社長

自治会での話が終わったと、連絡が入りました。

結果は、「石碑建設」だそうです。一つは、老朽化した建物を維持するのは今後困難になるとの見解で、もう一つは、自治会に参加する人の高齢化がそうさせたようです。

会合に参加できるお年寄りの意見は、「現状を復旧して守り続ける」

片や、お年寄りが参加できない家庭では後継者が集まってくるので、「石碑建設」と言うことです。

大多数の家庭で、会合に足を運ぶのも困難な高齢者が居る現状が、そうさせたと言っても過言ではないと思います。

「後で手間のかからないように石碑にしましょう」と、世代交代の波を受けて決まったようですが、

どちらにせよ、形は変われど中身は変わらないのですから・・・・・と、自治会長を宥めた次第です。

世代交代を思いもよらないところで発見してしまいました。

投稿者:社長

Date- 2013.07.02

先日、当社近くの「お宮さん」の見積依頼がありました。

ここ三木町に来て早10年が経つのですが、最近になり少し嬉しい変化があります。

それは、地元の獅子を当社で舞って頂いたり、今回のような見積の依頼です。

私にとっては非常に有りがたい事でして、工事が出来ようと出来まいと嬉しい事です。

IMG_6125 IMG_6129

事の発端は、このお宮を取り壊す話からなのですが・・・

ある地元の人が壊すのに反対されていて、お宮を修繕でなんとか持ち堪えさすことが出来ないか、という思いから声がかかりました。

「お宮を維持する手間も費用もかかるから、いっそうのこと壊して石碑を建てる」と言うことに少し懸念されているようでした。

昔からあるお宮なので、私が口を挟んでもどうしようもないのですが、出来れば修繕で持ち堪えてくれればいいなと思っています。

拝殿内部はそれほど朽ちてはいないし、柱関係も腐ってもいませんので、修繕すれば蘇るのは間違いないでしょう。

今後どうなっていくのか、少し動向を見守りたいと思います。

 

投稿者:社長

 

 

Date- 2013.06.17

IMG_0232 IMG_0233

先日、床を解体して清掃を終えたところで、設備屋さんがコンクリートの土間に配管を埋設していました。

トイレ用配水管なので、一定以上の勾配を取っていなければなりません。

床下に余裕が有ればサドル止めで勾配を確保できるのですが、今回は余裕すらないので土間に埋設しています。

ちなみにではありますが、この現場は当社が10年前に建築した新築です。右の写真からも見て取れるように、当時の大工さんの仕事ぶりは断熱材にしても下地の配置にしても綺麗に丁寧にされています。

なので、解体や撤去していけばいくほどに丁寧さが見えてきて、後で改修工事を担当する者の気持ちも正すことは間違いないでしょう。

しかも安心して現在の工事が出来ると、大工さん並びに関係者様がおっしゃってました。

これは、私にとっても非常に有りがたいことだと実感した次第です。

やはり丁寧に施工されている住宅は、改修工事時もやりやすく費用の軽減にもつながる結果となりそうです。

現在、この現場で活躍されている大工さんは、この住宅を建てた大工さんの弟子なのですが、弟子が師匠の仕事ぶりを見て取れるのも良い経験ですね・・・・・少しきつい経験かな?

投稿者:社長

先日、神戸市垂水区の住宅を、神戸で故意にして頂いている建設会社様と同行して見させて頂きました。

消費税も上がるし、神戸の住宅事情は今どうなっているのかを確かめに行きました。

 

垂水区と言えばベッドタウンですので、高陵地に住宅がひしめいています。

がしかし、なんだかひしめき合っている住宅街でも重苦しい感じが無く、逆に明るい感じが見て取れました。

陵の上から見てみると、屋根が明るいことに気付きました。

ここ香川のように黒々しい屋根があまり無く、全て洋風とまでは行きませんがモダンな建物に鮮やかな屋根材をふんだんに使っていました。

同行して頂いた建設会社の社長様曰く、

「屋根ってあんまり見えへんでしょ・・・・、だからどうしても耐久性とか防水性なんかにとらわれてもーてね、色なんてどーでもええようになってましてん。でも、ここら一体が山でしょ、だから屋根も景観の一部で見えますやん。だから、うちとこは淡路の瓦屋も地元ですしね、いろんな色の瓦をつかってますねん。案外、神戸の工務店さんは地域柄かもしれへんけど、いろんな色で屋根を飾ってますわな。見えないところもオシャレってのがこっちじゃ定番ですわ。」だそうです。

言われてみれば、どうせ家を建てるなら・金額に差がないならオシャレにしても良いですよね。

ちなみに、この家の並びは分譲住宅だそうで、お客様に合わせていろいろ変更は出来ますし、神戸では隣と一緒というのはタブーだそうです。

DSC_0272えっ金額ですか?聞きましたよ、知りたかったので。

この住宅こうみえても40坪近く有るそうです。価格は土地建物で3200万ほど・・・・・

続いて、現在消費税がらみで忙しいか?の質問には・・・・・・

「いや、お客様は至って平静を保っていますけど・・・・・急いでないと思いますわ。急いでも、土地が無いですからね。」   ・・・・・・・?だそうです。

土地だけは良い条件で買うのがいいと思いますので、香川のお客様もメディアに流されず平静で居て欲しいと思いました。

今回の見聞で私もプロなりに住宅「住宅街」について考えさせられる結果となり、もう一度是非拝見したいと言うことで、次期見聞も先方の社長にお願いして帰路につきました。

帰りながら話題になったのは「生き生きした住宅街」でした。私もそこは香川にない所だと実感しました。

 

生き生きとした住宅街とは・・・・・ 肝に銘じます。

投稿者:社長

 

 

IMG_6031[1] IMG_6028[1]

投稿者:社長

RNC放送さんに出演させて頂きました。30分間も緊張せず出来るかな?と思ったのですが、スタッフの皆さんに和気藹々とお話しして頂いたので、心持ち落ち着いて本番に入れました。本番に強いと思っていた私でさえ、緊張感は消せませんでした。

当社にお越しのお客様もこんな気持ちでいらっしゃるのかなぁ?と思うと、少し勉強になった気がします。

自社の宣伝よりも釣りの話が盛り上がったのですが、これも当社独自の話題であったとして、あっという間に放送終了!!

原さん・萩野さん・スタッフの皆さんどうも有り難うございました。もう一度出ても良いでしょうか?

 

ページトップへ