pagetop
  • 車売卻
  • 更新日:
  • 公開日: 2019-12-27

リスクを回避!車の一括査定サービスのトラブル例と対処法を紹介

記事のポイント

  • 一括査定サービス利用時に起こるトラブル事例をチェックできる
  • 車を売る際のトラブル対処法を徹底解説
  • 優良な業者に査定を依頼できる一括査定サービス「ナビクル」がおすすめ!

車の一括査定サービスを利用しようと考えている人の中には、「車を高く売りたいけれど、トラブルに遭わないか不安」と思っている人も多いのではないでしょうか。

車の一括査定サービスに関しては「電話がしつこい」「業者がなかなか帰ってくれない」など、よくない話を聞いたことがありますよね。

そこで本記事では、一括査定サービスでよくあるトラブル例とその対処法、安心して利用できる一括査定サービスを紹介していきます。この記事を読み、安心して車の一括査定サービスを利用してもらえれば幸いです。

なお、一口に「一括査定サイト」といっても複數あるので、どの一括査定サイトを使えばいいのか迷ってしまう方は次の記事も參考にしてください。
參考【決定版】おすすめ「車一括査定サイト」ランキングベスト7!

それではさっそく、車の一括査定サービスに関するトラブル例とその対処法からみていきましょう。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

ナビクルcar推奨!

値段がつかない車なら【廃車買取業者】がおすすめ!

完全無料!引取り代、レッカー代など料金は一切かかりません
手間がかかる廃車の手続きをぜんぶお任せ!楽に車を処分できます
事故車や故障車、走行距離が極端に長い車、車検切れでも【0円以上の買取保証】
自動車稅などの還付金の受け取りも簡単!
壊れている車、動かない車、20萬キロ以上乗っている車など、値段がつかない車を処分するなら、専門の廃車買取業者の利用が絶対におすすめです。

車の一括査定サービスにまつわる6つのトラブル例とその対処法

トラブル事例と対処法

この章では、車の一括査定サービスにまつわる6つのトラブル例とその対処法をご紹介します。

そもそも、一括査定サービスとはどんなものなのでしょうか。

一括査定とは

一度の申し込みで複數の車買取店に一括で車の査定を依頼できるサービス

自分の愛車の情報と個人情報を一度入力するだけで申し込みができます。利用するのに料金は一切かかりません。

とても便利なサービスではありますが、悪質な業者が存在する可能性はありますし、トラブルが全く発生しないわけではありません。トラブルを回避するためにも、実際の事例や対処法を知っておきましょう。

ここからは、よくあるトラブルの例とその対処法をセットで紹介していきます。ここで紹介する一括査定のトラブル事例は、以下の6つです。

6つのトラブル事例

?大量の電話がかかってくる

?二重契約が発生する可能性がある

?地域によっては複數の業者に査定を依頼できないことがある

?後に査定額を下げられることがある

?高額なキャンセル料を請求される場合がある

?出張査定に來た営業マンがなかなか帰ってくれないことがある

それぞれについて詳しく解説していきます。

大量の電話がかかってくる

1つめの事例は「買取業者から大量の電話がかかってくる」ことです。

これ自體はトラブルとは少し違いますが、大量の電話が一斉にかかってくることは多くの人にとってストレスになるでしょう。

実際、「面倒臭い」「怖い」という聲もSNSに多く投稿されています。

筆者も過去に利用経験はありますが、知らない番號から大量の電話がかかってくるのはストレスでした。しつこい電話を不快に感じる人は多いでしょう。

では、大量の電話を止めたい場合、どう対処すればよいのでしょうか。

対処法

一括査定サービスを利用して業者から大量の電話がかかってきたときの対処法は以下となります。

対処法

?その業者で売る予定がない場合や再度の電話が不要な場合は電話口ではっきり斷る

?一括査定サービスの運営會社にキャンセルを依頼する

連絡を止めてほしい場合、電話口ではっきりと斷ることも時には必要です。

また、一括査定サービスの中にはキャンセル依頼の窓口を設けているものもあるので、活用するのも有効です。

そもそも連絡手段を「電話不可」に設定できるサービスもありますが、そうした場合であっても電話がかかってくることがあるので注意しましょう。実際に、以下のような聲があります。

たとえ「電話不可」を設定できたとしても、申し込み時の入力フォームで電話番號の入力が必須なら「たくさん電話がかかってくる」ことを踏まえたうえで利用する必要があるのです。

「一括査定サービスの申し込み=大量の電話」は、覚悟しておいたほうがよいでしょう。

二重契約が発生する可能性がある

2つめのトラブル事例としては「二重契約の発生」があります。

1つの業者と契約をしたにもかかわらずそれをキャンセルするつもりで別の業者と契約すると、二重取引になってしまいます。

たとえば、A社が最も高いと思って契約したのにB社なら10萬円も高い査定額だったことがわかり、A社との契約をキャンセルするつもりでB社とも契約をしてしまう、といった場合です。

このように、すでに契約書を交わしていたのであれば契約違反に該當してしまいます。では、もしそうなった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

対処法

二重契約が発生しそうになった場合は、契約のキャンセル規定をすぐに確認しましょう。

たとえば、大手買取業者ガリバーの場合、車の入庫と書類の提出が済んでいなければ無償でキャンセルができます。入庫済みであっても、書類の提出と自動車オークションへの搬入が済んでいないなら7日以內は無償キャンセルが可能です。

引用ガリバー公式サイト

※上記のAAとは、オートオークション(Auto Auction)のことで「自動車オークション」とも呼ばれる

契約のキャンセルができずトラブルが大きくなってしまった場合は、國民生活センターに相談することをおすすめします。窓口は以下の通りです。

トラブル時の相談先

?消費者ホットライン:188

?平日バックアップ相談:03-3446-1623(最寄りの相談窓口につながらない場合)

?全國各地の消費生活センターや消費生活相談窓口

※188は全國の最寄りの消費生活相談窓口を案內、相談窓口により受付時間は異なる

対処法は以上になりますが、何より、契約をする時は冷靜な狀態で判斷をしましょう。後で高い査定額が出たとしてもすぐに飛びついて二重の契約をせず、先の契約のキャンセル規定をまず確認するのが重要です。

地域によっては複數の業者に査定を依頼できないことがある

3つめは「複數の業者に査定依頼できないことがある」という事例です。

地域によっては買取業者が少なく、一括査定を利用する意味がないことがあるのです。

複數の業者に競わせて査定額を上げられることが一括査定の大きなメリットですが、査定する買取業者が少ないと競爭は起こらず査定額も上がりません。

対処法

複數の買取業者に査定依頼できなかった場合は以下の対応をとることをおすすめします。

対処法

?複數の一括査定サービスを利用する

?自分で近所の業者を調べて連絡を取る

どこかのサービスを利用してしばらくしても業者から連絡がない場合は、他の一括査定サービスを利用してみましょう。

それでも難しいようなら、近隣の中古車店などを調べて査定してもらえるか相談してみることをおすすめします。一括査定サービスに登録していない中古車買取店が見つかるかもしれません。

後に査定額を下げられる場合がある

4つめのトラブルは「契約後に査定額を下げられる」という事例です。

一括査定サービスの利用時に限った話ではないのですが、契約後に査定額を減額される場合があるのです。

「持ち帰って詳しく調べると故障していることがわかった」「修復歴があることが判明した」といった理由を持ちかけて、売主に減額?解除を求める業者がいるという聲が実際にあります。

こういった場合、もし契約書に「重大な瑕疵の存在があったときは追加で請求または解除が可能」といった內容が記載されていても、消費者契約法第10條によって無効を主張することができます。

【消費者契約法第10條】(消費者の利益を一方的に害する條項の無効)

消費者の不作為をもって當該消費者が新たな消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたものとみなす條項その他の法令中の公の秩序に関しない規定の適用による場合に比して消費者の権利を制限し又は消費者の義務を加重する消費者契約の條項であって、民法第一條第二項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。

引用e-Gov(総務省行政管理局運営)

基本的に、査定額の減額に応じる必要はないので安心してください。

対処法

契約後の減額?解除でトラブルに遭った場合の対処法?トラブルに遭わないための対策は以下となります。

対処法

?國民生活センターの相談窓口に連絡する

?最初に査定額を出してもらう段階で傷などの懸念點をしっかり業者と確認しておく

査定士はプロなので、傷などの見落としは買取店側の過失となります。そのため利用者側に瑕疵擔保責任を問うことはできません。しかし、不要なトラブルを避けるためにも懸念點はあらかじめきちんと伝えておくようにしましょう。

消費者が車を売る機會は少ないことから経験や知識量で買取業者に劣るのは當然なので、もしトラブルが起こったときは國民生活センターに相談して的確なアドバイスを受けてみてください。

高額なキャンセル料を請求される場合がある

5つめのトラブルは「高額なキャンセル料を請求される」という事例です。

一括査定サービスの利用に限った話ではありませんが、契約をキャンセルした場合に高額なキャンセル料を請求される場合があります。キャンセル料があること自體は納得できますが、理不盡な金額を請求される場合も存在するのです。

しかし、消費者契約法第9條1號では「買取業者側に生じる平均的な損害額を超える部分については無効」と定められています。

【消費者契約法第9條1號】

第9條 次の各號に掲げる消費者契約の條項は、當該各號に定める部分について、無効とする。
1號 當該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める條項であって、これらを合算した額が、當該條項において設定された解除の事由、時期等の區分に応じ、當該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い當該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 當該超える部分

引用e-Gov(総務省行政管理局運営)

あまりにも高額なキャンセル料を請求された場合、支払う義務はありません。

対処法

高額なキャンセル料を請求されるというトラブルの対処法は、以下のとおりです。

対処法

?キャンセルにより業者が受けた被害を厳密に説明してもらい、必要以上の支払いは斷る

?契約の段階でキャンセル規定についてきちんと確認しておく

前提として、キャンセル料は契約書どおりに支払う必要はありません。

先に説明した契約法第9條において、買取店側(事業者側)に生じる平均的な損害額を超える部分は無効とされているからです。つまり、「一律10萬円のキャンセル料」などは法律で無効になるために従う必要はないといえます。

出張査定に來た営業マンがなかなか帰ってくれないことがある

最後は「出張査定に來た営業マンがなかなか帰ってくれない」というトラブル事例です。

こちらも車の一括査定サービスに限った話ではないのですが、出張査定に來た営業マンが契約を決めるまで帰ってくれない場合があるのです。

以下は、実際に國民生活センターへ寄せられた相談內容です。

困った事例

?クーリングオフができるからと虛偽説明をして契約を促す

?売ると言っていないのに車を強引に持って行かれた

?震災の被災地へ持って行くと言われて斷ると「被災地がどうなってもいいのか」と脅された

「親の車だから自分では判斷できない」「愛車を友人に譲ることになった」といった理由があっても、強引に車を買い取ろうとする悪質なケースも存在します。

また、SNSにも同様の體験談が寄せられています。

困った體験談

中古車買取の査定に來た営業マンがしつこすぎて熱中癥になりました。こちらの事情を説明した上で斷って斷って斷って斷って2時間以上粘られて、強引にお帰り頂いたけれど健康を害されたので二度とご縁など生じないと思います。熱中癥つらい

マイケルウェザリー (@wH4BHzK9NSZzhNZ) 2019年10月3日

こうした強引な買取の背景には「中古車の供給不足」「出張査定にかかった人件費や交通費の取り戻し」といった理由があるのです。

対処法

営業マンがなかなか帰ってくれないときの対処法は以下です。

対処法

?その場で契約する気がない場合、その旨をはっきりと伝える

?あまりにもしつこく大きなトラブルになりそうなら警察を呼ぶ

「後日になれば買取額が安くなる」といわれても、「仕方がない」「まずは目安が知りたかった」などとやり過ごすことが大切です。

また、女性が一括査定を利用して営業マンを自宅へ招くときは、家族や友人などと一緒にいたほうが安心でしょう。

ここまでは、一括査定サービスのトラブル事例や対処法をご紹介しました。さまざまなトラブル例があるとはいえ、一括査定サービスを使うと車を高く売れるのは事実です。

トラブルに遭わずに安心して一括査定サービスを利用したいですよね。そういった方におすすめしたいサービスを以下で紹介します。

安心して利用できる一括査定サービスはこれ!「ナビクル」

ナビクルTOP

ここでは、安心して利用できるおすすめ一括査定サービスを紹介していきます。

安心して利用できる最もおすすめの一括査定サービスは、ナビクル」です。大手業者を中心に120社以上と提攜し、400萬件以上の利用実績(2021年6月時點)と信頼性を誇っているサービスです。

おすすめの理由は大きく2つあります。

ナビクルがおすすめな理由

?申込時に概算価格?下取り時の価格も知ることができる

?最大10社の査定を受けられる

以下で、詳しくみていきましょう。

申込時に概算価格も知ることができる

申込時に概算査定価格がわかることが、ナビクルの特徴です。

一括査定の申込時にアンケートに答えることで、査定の概算価格を知ることができます。

概算価格は業者間オークションで過去に落札された価格から算出されたものなので、萬が一買取業者が車を安く買い叩こうと相場価格を大きく下回る査定額を提示しても見抜くことができます。

個人情報の入力が一切いらずで、車買取相場価格と下取り価格をシミュレーションすることができます。
參考ナビクルの買取?下取り相場ページへ

最大10社の査定を受けられる

最大で10社の査定を受けられることも、ナビクルの特徴です。多くの買取業者の査定額を比較できるため、高額売卻につながります。

そもそも、一括査定サービスには複數の業者に競い合ってもらうことで査定額が上がっていくというメリットがあります。

また、「輸出を得意としていて海外で人気のある車の買取に強い」「解體も行っているので古い車種の買取に強い」など、業者によって得手不得手は異なるため、より多くの業者に査定を依頼することでより高い査定額をつけてもらえる可能性が高まるのです。

最大10社の査定を受けられるナビクルを使えば、車を高く売れる可能性が高くなります。

以上が「ナビクル」をおすすめする理由です。ぜひ使ってみてください。

ナビクルは利用実績400萬件以上!最大10社の査定額を比較

ナビクル

入力の手間 対応地域 同時見積數
45秒 全國 最大10社
  • 特徴1.ご利用実績400萬件以上(2021年6月時點)
  • 特徴2.わずか45秒で買取相場がわかる
  • 特徴3.大手優良業者と提攜

東証一部上場會社のグループ會社が運営している「ナビクル」は、一定規模以上の買取業者と提攜しているため、安心して査定依頼が申し込める。年間利用者數が最も多く、高額買取が続出。利用実績400萬件以上の一括査定サービスです。

まとめ

今回の記事では、一括査定サービスでよくあるトラブルとその対処法、安心して利用できる一括査定方法をご紹介しました。

車の一括査定サービスを利用した際のトラブル例としては「二重契約」や「大量の電話」などが挙げられます。起きてしまったトラブルには落ち著いて対応していきましょう。

また、そういったトラブルを避けて安心して車を売りたいなら、車一括査定サービス「ナビクル」がおすすめです。

あなたがトラブルなく安心して一括査定サービスを使って、車を高く売卻できることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
山东省| 炉霍县| 谢通门县| 措勤县| 读书| 浙江省| 通城县| 梁山县| 兴城市| 长兴县|