pagetop
  • 車売卻
  • 更新日:
  • 公開日: 2018-10-24

車査定は「原則的に」無料!確実にお金をかけずに査定してもらう方法を紹介

クルマを売りたいとき車査定は無料なのか?車査定の疑問と仕組み

現在、乗っている車を売りたいと考えたとき、買取業者やディーラーなどに買い取り依頼する際に必ず行われるものが査定です。「査定士が時間を割いて、車の価格を算出するのだから、査定にも費用がかかるんじゃないか」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ご安心ください。車の査定は基本的に無料で行うことができます。

ただ、例外的に査定にも有料になるケースがあります。この記事では余分なお金をかけずに、確実に車の査定をしてもらえるための方法を教えます。ぜひ參考にしてください。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

車査定は一般的にお金がかからない

既に書いたとおり、一般的に車を査定してもらうときに料金はかかりません。お金がかかる場合は、どんな場合なのでしょうか。

お金がかかるときの費用項目について紹介します。

出張費

出張費は買取業者によっては実費がかかる場合があります。

下取りの場合はつきあいのある近場のディーラーにお願いするでしょうから、基本的に出張費はかかりません

ただネットなどで買い取り価格が高いと評判の買取業者の場合は、遠方から來る場合があるので、その場合は出張費がかかります。この場合でも、売買が成立した場合は出張費が無料となるケースもあるようです。

また、不動車の場合はレッカー車を用意しての出張買い取りになります。その場合レッカー代を請求されるケースがあります

レッカー代は高額になることが多いので、出張査定を依頼する際にあらかじめ確認しておくほうがいいでしょう。

査定費

これはごくごく稀にかかるものです。出張費として実費を取る業者があっても、査定費はかからないことが大半です。

遠方から出張査定に來た場合、さらに交渉不成立となった際に査定費を請求される場合があるかもしれません。

ただ圧倒的に査定費は無料のところが多く、査定費がかかるところは避けたほうがいいでしょう。

有料査定する機関に依頼する場合

有料査定
車を売るときは、ディーラーでの下取り査定、買取業者で査定をしてもらう必要があります。

このような車査定は一般的に無料サービスとなっています。

ただ、一方で有料を前提に車査定をするサービスもあり、第三者機関と呼ばれるところが行っています。

代表的なところでは、JAAI一般財団法人日本自動車査定協會といった専門機関などです。

こういったところに車査定を依頼すると査定にかかる費用はすべて有料となります。それでは、有料査定するのはどのようなケースがあるのでしょうか。

有料査定するケース

一般的に車査定をする場合は無料で査定してもらいたいところですが、JAAI 一般財団法人日本自動車査定協會のような専門機関に車査定を依頼するとお金がかかります。

このように専門機関へ査定依頼する必要が生じるケースを紹介します。

修復歴?事故歴の証明

査定依頼をした行った場合、ディーラーや業者か、査定車に修復歴や事故歴があったと指摘される場合があります。

依頼主のほうでは、査定依頼をした車にそのような修復歴や事故歴はないと思っていたのですから、不信感を抱いてしまいます。修復歴や事故歴があると査定された車は、これからその車を買おうとしている人から敬遠されることが多いです。

そのため、相場の2割減あるいは3割減で販売されがちです。そうなると、買取査定額あるいは下取り査定額にも大きな影響が出ることになります。

事故歴や修復歴があるとされると、當然ですが、下取り査定額、買い取り査定額は安くなります。依頼する側は事故歴や修復歴はないと思っていますから、そこで再査定や再査定のキャンセルなどといったトラブルになりかねません。

こうなると、お互いがお互いの主張をするだけになってしまうので、JAAI 一般財団法人日本自動車査定協會のような第三者機関に有料で査定をしてもらうことになるのです。

評価損の証明

車に乗っていると、こちらがいくら気をつけていても、事故に絶対に遭わないということは言い切れません。こちらから事故を起こす場合だけでなく、相手からのもらい事故の危険性は常にあるのです。信號待ちなど、こちらが停車しているときの追突は、相手側の過失が10割となります。

このような場合、自車に修復歴がついてしまうと、後々車の買い取り査定などで査定額が低くなってしまうことは避けられません。

その場合、相手方の保険會社に、その損失分の請求をすることができます。その証明のために評価損の証明書を第三者機関から発行してもらうことがあるのです。

ローン解約後の評価確認

カーローンで購入した車を売る場合、カーローンが殘っている場合、依頼側としては、少しでも殘債を精算したいと思うのは當然のことです。

しかし、依頼主が買取を急いでいることをいいことに、査定する側が不當に買い叩くようなことをする場合があるのです。

そのような場合、依頼主側が要望する価格で交渉するには、客観的な価格の証明が必要となるケースがあります。その場合、買い手でも売り手でもない、第三者機関が査定した価格が買い取りの基準となるケースがあります。このような場面、有料の査定証明書が必要となるのです。

まとめ

車査定においては、下取り査定にしても買い取り査定にしても、買い取る側は少しでも利益を上げたいので査定額をできるだけ下げたいと考えています。

査定を依頼する側はもちろん、高額査定を狙っているのです。両者の間で思った査定額に大きな違いがある場合は、交渉決裂となるケースもあります。

もっとも、新車ディーラーも買い取り業者も気持ちでは、できるだけ安く買い取りたいと思っていても、プロの査定員が査定をするのですから、あくまでもプロフェッショナルとして査定を行ってくれます

結局は出された査定額にOKするかどうかは、査定を依頼する側に決定権があります。気をつけたいのは、少しでも査定額を上げようと何度も査定をしてもらうことです。

基本的には丁寧に査定してくれるディーラーや買取業者がやはり好印象となり、査定後の手続きもスムーズに進むことでしょう。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
哈尔滨市| 高阳县| 武邑县| 汝南县| 阿克| 高邮市| 大洼县| 凤山市| 伊宁县| 电白县|