pagetop
  • 車売卻
  • 更新日:
  • 公開日: 2018-10-29

車買取店でも代車を借りられる!スムーズに借りるためのコツを解説

普段から通勤?買い物などで車を使っている方が、車を売る際に気になるのが「今の車を売卻したときに、新しい車の納車期間までどうすればいいのか」ということではないでしょうか。

ディーラーで新車購入をして、下取りに出せば代車を用意してもらえるのはよく知られていますが、車買取店などに売る場合、そもそも代車があるのかどうかすら想像がつかないのではないでしょうか。

次の車の納車時期と、車の売卻日を同じにできれば最高なのですが、そうそううまくはいかないのが現実。そんなときに代車を貸してくれるかどうかは、重要なポイントです。

本記事ではそんな方に向け「車買取店から代車を借りることはできるのか」「代車を出してくれるお店はどこなのか」といった疑問にお答えしていきます。

この記事の要點は、以下のようになります。

この記事のポイント

  • 大手買取店はほとんどの場合、代車を無料で貸し出している
  • 中小買取店は業者ごとに違うので、事前に代車があるかを確認
  • フランチャイズの可能性も考えて、大手であっても確認の電話は必要
  • 無料貸出期間は2週間~1か月ほど
  • 代車がすべて貸し出し中でも慌てず交渉する

代車を借りられる期間は長くないので、次の車の納車期間がきちんと決まってから、今の車を引き取ってもらうのがいいでしょう。

では順番に解説していきます。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

ナビクルcar推奨!

値段がつかない車なら【廃車買取業者】がおすすめ!

完全無料!引取り代、レッカー代など料金は一切かかりません
手間がかかる廃車の手続きをぜんぶお任せ!楽に車を処分できます
事故車や故障車、走行距離が極端に長い車、車検切れでも【0円以上の買取保証】
自動車稅などの還付金の受け取りも簡単!
壊れている車、動かない車、20萬キロ以上乗っている車など、値段がつかない車を処分するなら、専門の廃車買取業者の利用が絶対におすすめです。

大手買取店はほとんどが代車を用意してくれる


では実際に、車の売卻時に代車を貸してくれるのは中古車買取店をご紹介します。代表的な大手買取店は以下の通りです。

代表的な大手買取店

以上の大手買取店は、無料で代車の貸出を行っています

期間は基本的に2週間、長くても1か月。これを超える場合、有料になるか、または延長ができないことが多いです。

また、大手であっても個々の買取店で扱う代車の臺數は10臺ほどである場合が多いので、時期によってはすべて貸し出し中の場合もあります。必ず事前に連絡して「いつから、どれだけの期間、代車を借りられるか」を確認しましょう。

納車予定日までぴったり代車を借りられるようにするのがベストです。

【注意】フランチャイズ店の場合、代車を保有していないケースもある

注意としては、大手から看板を借りたフランチャイズ店の場合は、事情が異なってくるという點があります。

中には個人に近い業者がフランチャイズとして提攜している場合もありますが、このようなケースだと代車を保有していない可能性があります

事前に代車があるかどうか、電話で確認しておきましょう。

喜びの聲続出!大手買取店で愛車を高く売れる

ナビクル

入力の手間 対応地域 同時見積數
45秒 全國 最大10社
  • 特徴1.ご利用実績400萬件以上(2021年6月時點)
  • 特徴2.わずか45秒で買取相場がわかる
  • 特徴3.一定規模以上の優良業者のみ提攜

一定規模以上の信頼できる買取業者と提攜している「ナビクル」。東証一部上場企業のグループが運営しているから安心して査定依頼が申し込める。年間利用者數が最も多く、高額買取が続出。利用実績400萬件以上の一括査定サービスです。

中小買取店は代車を持っていないところもある


中小買取店の場合だと代車を用意してくれるかどうかは、業者次第としか言えません。大手と同じく無料で貸して出してくれるところもあれば、「代車はあるが有料」というところもあります。

大手ほどの代車の保有數は期待できないので、代車をお願いしたらすべて貸し出し中ということもあり得ます。こちらも査定をお願いする前に電話するのが正解です。

補足:ディーラーで新規購入する際も代車対応あり

またディーラーでも代車を貸してくれることがあります。

下取りの場合は代車を貸し出すのは一般的ですが、いま乗っている車をディーラーとは別の買取店に売る場合でも、新規購入する場合は、代車を提供してくれるケースがあります。有料か無料かは店舗によって違うので、これも確認が必須です。

車の売卻は、新しい車の納車日が決まってから行う


注意點として、査定をしてもらった買取店は、すぐにでも車を引き取りたいと考えていることを覚えておくべきでしょう。

車は新車発売されたその日から毎日、中古車価格が下がり続けています。1日でも早いほうが、買取業者にとっては利益になります

持ち込み査定をした場合、その場で「今日受け取れますか」と聞かれることもあります。慌てて「ちょっと時間をください」と店を後にしてしまうと、次に來たときは査定額が下がっていることもあります。

車の売卻は、次の車の納車日が決まってから買取店で査定するのがいいでしょう

ここまでで、大手の車買取店では基本的には代車の貸し出しをしていることを解説してきました。ただ必ずしも常に代車がスムーズに借りられるわけではありません。次に、代車が貸し出し中だったときの対処法について解説します。

代車がすべて貸し出し中だったときの交渉方法


大手とはいえ代車がすべて貸し出し中という事態になることがあります。特に1月~2月は車買取業者が最も車を買いたい時期であり、同時に車が高く売れる時期です。なぜ高く売れる時期なのか気になる方は以下の記事を參照してみてください。
參考車売卻は時期が大切!車が高く売れる時期とタイミングを解説

この時期は顧客が増えるのに合わせて、代車の貸出も増大するため、代車が在庫切れになっている可能性が高まります。

では「納車までまだ期間があるのに代車がない!」という場合はあきらめるしかないのでしょうか? そんなことはありません。代車がない場合の対処策を紹介します。

今すぐはなくても、數日で代車に空きが出る

代車の貸出期間はだいたい2週間です。大手買取店なら、あなたが車を査定に出した際には、殘り1週間以內で戻ってくる予定の代車が複數臺あるはずです。

そこで「代車が空き次第貸してほしい」とお願いしておくのです

ほとんどの業者は、代車が戻ってきた後メンテナンスをしますが、それを含めて數日だけなら、レンタカーや公共交通機関を利用しても大きな損にはなりません。

買取店としても、せっかく話がまとまって商品である車を仕入れることができるのですから、顧客にできるだけ配慮してくれます。妥協案をこちらから提示したら、悪い返事はしないでしょう。

代車を利用する場合の注意點

新型インサイトの注意點を解説
さて、無事に代車を借りることができました。しかし代車はあくまでも借り物。事故を起こしてしまったら損金を支払わなけらばならず、最悪の場合は損害賠償することにもなりかねません。

そこで代車に借りる前に、注意すべき點を以下にまとめておきました。

代車を借りる際の注意點

?乗り慣れない車は、いつもの3倍慎重に運転

?買取キャンセルはNG。売卻決定前にしっかり考えよう

?代車の傷などは業者と一緒に確認

?車庫証明は必要ない

順番に説明していきます。

乗り慣れない車は、いつもの3倍慎重に運転

代車は用意されたものしかありません。そのため、いつもはミニバンに乗っていたのに小さなハッチバックを用意された、なんていうことも珍しくありません。

乗り慣れない車が貸し出されても、多少の不便は我慢するしかありません。借りている時間だけ、いつもの3倍は注意して運転しましょう。

買取キャンセルはNG!車を売る前にしっかりと検討すること

車の買取を契約したあとにキャンセルするのは原則としてやめておきましょう。

キャンセルへの対応は業者ごとに違っていて、「何日以內ならキャンセル受付可能」というところもあれば「キャンセルは一切受け付けていない」というところもあるからです。

まして無料で代車を借りた後だと、代車のレンタル料を請求される可能性も否定できません。契約書にサインする前に「これで契約內容に納得できているか」はしっかり確認しましょう。

代車の傷などは業者と一緒に確認

代車は新車ではありません。中古車だったり、これまで何人ものユーザーに貸し出されてきた車である場合がほとんどで、無傷であることは少ないでしょう。

そのため、代車は業者と一緒に実車を確認して「どこに傷やへこみがあるのか」を確認しておきましょう

代車を返卻したときに「この傷は借りたときからついていた」「いや、ついていなかった」というトラブルを防ぐことができます。

車庫証明は不要

新車に買い替えたときに必要な車庫証明ですが、代車の場合には必要ありません。

駐車場の管理者や警察から連絡が來た場合でも慌てず「代車なのですぐに申請した車が入ります」と答えれば問題ありません。

まとめ

あらためて要點を整理します。

ポイントのまとめ

?大手買取店はほとんどの場合、代車を無料で貸し出している

?中小買取店は業者ごとに違うので、事前に代車があるか、有料か無料か確認

?フランチャイズの可能性も考えて、大手であっても確認の電話は必要

?無料貸出期間は2週間~1か月ほど

?代車がすべて貸し出し中でも慌てず交渉する

以上に加えて「代車は借り物という點に注意して、ていねいに乗る」というのが要點です。

せっかく新しい車がもうすぐ手に入る喜びでわくわくしている時期、代車がなかったために不便な思いをさせられたくはないと思います。

この記事が、車の乗り換えをスムーズに行うためのサポートになれば幸いです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
潞西市| 丹江口市| 班戈县| 淄博市| 辽阳县| 禄丰县| 南溪县| 江门市| 靖江市| 棋牌|