pagetop
  • 車売卻
  • 更新日:
  • 公開日: 2019-10-30

車の下取りと買取、どっちがお得?違いを知って車の高額売卻を実現

この記事のポイント

  • 下取りとは「ディーラーで新車を買う際に、今乗っている車に値段をつけて引き取ってもらうこと」
  • 買取とは「車買取業者に車を買い取ってもらうこと」
  • 車をいちばん高く売るために有効なのが、複數の車買取業者に査定を依頼できる「一括査定サービス」の利用

「車の下取りと買取ってどう違うの?結局どっちがお得なの?」

上のような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。車の下取りと買取の違いを知って、自分に合った車の売卻法を選びたいですよね。

結論からいうと、新しい車の購入にあわせてスムーズに手続きを進めたい方は下取り少しでも高く車を売りたい方は買取を選ぶのがおすすめです。

下取りとは主にディーラーが行うもので、新たに購入する車から古い車に値段をつけて引き取ることを指します。買取とは車買取業者が行うもので、名前の通り車に値段をつけて買い取ってくれることを指します。

この記事では、下取りと買取の違い、それぞれのメリット?デメリットを説明していきます。車を少しでも高く売るための方法やコツも説明しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

下取りと買取のことを理解したうえであなたに合った方法を選び、納得のいく車売卻をしてもらえれば幸いです。それではまず、下取りと買取の違いと、どちらを選んだらよいのかを見ていきましょう。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

ナビクルcar推奨!

値段がつかない車なら【廃車買取業者】がおすすめ!

完全無料!引取り代、レッカー代など料金は一切かかりません
手間がかかる廃車の手続きをぜんぶお任せ!楽に車を処分できます
事故車や故障車、走行距離が極端に長い車、車検切れでも【0円以上の買取保証】
自動車稅などの還付金の受け取りも簡単!
壊れている車、動かない車、20萬キロ以上乗っている車など、値段がつかない車を処分するなら、専門の廃車買取業者の利用が絶対におすすめです。

高く売りたいなら買取、手間を省きたいなら下取り

編集者
買取と下取り、結局どっちを選んだらいいのでしょうか?
少しでも高く車を売りたい方は買取、新しい車の購入にあわせてスムーズに売卻の手続きをしたい方は下取りを選びましょう。

解説者

まずは、買取?下取りとは何なのかを説明します。

下取りと買取の違い

 

買取:車買取業者に車を売卻すること

下取り:ディーラーで新車を買う際に、今乗っている車に値段をつけて引き取ってもらうこと

 

車買取業者が行う買取は、名前の通り、車に値段をつけて買い取ることを指します。下取りと違い、現金が手元に入ります。もちろん使い道は自由です。

ディーラーが行う下取りは、新しく車を買うことが前提となっています。購入する車からの値引きという形で古い車に値段がつけられるため、現金が手元に入るということはありません。

ここで、買取と下取りそれぞれのメリット?デメリットを表にまとめました。

メリット デメリット
買取 ?下取りよりも高額の査定が期待できる
?複數社の査定額を比較して最高額での売卻につなげられる
?車を売卻して得たお金の使い道は自由
?裝備品や社外品パーツもプラス査定になることがある
?下取りよりも手間がかかる
?低年式車や過走行車、不人気車等には高い査定額がつきにくい
?買取相場の変動が激しく、時期によっては査定額が低くなる
下取り ?手間を省くことができる
?低年式車や過走行車、不人気車でも値段がつきやすい
?新車から値引きできない分を下取りで補填してくれる
?高い値がつきにくい
?人気の車種や裝備がプラス査定になりにくい
?査定額が不明瞭になりやすい

以上に挙げたメリット?デメリットについては次章以降で詳しく説明します。

?買取のメリットの詳細
?買取のデメリットの詳細
?下取りのメリットの詳細
?下取りのデメリットの詳細

結論として、少しでも高い値段で車を売りたいという方は車買取業者での買取、新しく車を買う予定があり、古い車をスムーズに売りたいという方はディーラーでの下取りを選ぶのがおすすめです。

車買取業者での買取では、ディーラーでの下取りよりも高い査定額が期待できます。車買取業者は獨自の流通ルートを持っており、買い取った車に比較的高い値段をつけることができるのです。また、買取を選んだ場合、複數の業者に査定を依頼して相見積もりを取ることで査定額をさらに引き上げることも可能です。代表的な車買取業者としては「ガリバー」「アップル」などが挙げられます。

これに対し、ディーラーでの下取りは、査定額は買取より低い傾向があります。とはいえ、古い車の売卻と新しい車の購入を同じ店舗で行うことになるため無駄な手間がかからないのがメリットです。

ここまで、買取と下取りについて大まかに説明してきました。ここからは、それぞれについてさらに詳しく説明していきます。

少しでも車を高く売りたい方は「買取」がおすすめ


先に述べたように、車を少しでも高く売りたいという方は車買取業者による買取を選ぶのがおすすめです。ここでは、買取を利用するメリット?デメリットを詳しく説明していきます。

買取を利用するメリット

買取りを利用するメリットとしては、以下の點が挙げられます。

買取に出すメリット

?下取りよりも高額の査定が期待できる

?複數社の査定額を比較して最高額での売卻につなげられる

?車を売卻して得たお金の使い道は自由

?裝備品や社外品パーツもプラス査定になることがある

それぞれについて説明していきます。

下取りよりも高額の査定が期待できる

車買取業者による買取では、ディーラーによる下取りよりも高額の査定が期待できます。

ディーラーと違い、車買取業者は買い取った車を商品として再販売しています。買取業者の競爭が激化している中、シェアを維持するためにできるだけ多くの車を買い取ろうとします。そのため査定額が高くなりやすいのです。

また、豊富な流通ルートを持っていることも高額買取を実現できる理由の一つです。

複數社の査定額を比較して最高額での売卻につなげられる

複數の業者の査定額を比較することで最高額での車売卻を葉えられるのも、買取を利用するメリットです。

下取りの場合は新たに車を購入するディーラーに依頼するしかありませんが、買取の場合は複數の業者で見積もりを取り、比較をすることが可能です。そのためより高い金額での売卻が選択できるのです。

複數の業者の査定額を比較する方法としては、自分で各業者に依頼するのも一つの手ですが、後に紹介する一括査定サービスを利用するのがおすすめです。

車を売卻して得たお金の使い道は自由

買取を利用した場合、車を売卻して得たお金の使い道は自由です。

下取りの場合は新たに購入する車の価格から下取り額を引いてもらう形になるため、車を手放すことでお金が得られるわけではありません。これに対し、買取の場合は手元に現金が入ることになります。

もちろん新たな車の購入費用に充ててもよいですし、それ以外のことに充てることも可能です。

裝備品や社外品パーツもプラス査定になることがある

買取においては、カーナビなどの裝備品や社外品のパーツなどがプラス査定になることがあります。

下取りの場合は裝備品などの細かいポイントによって査定額が変わることはあまりありませんが、買取の場合はそういったポイントが査定額にダイレクトに反映されます。

人気の裝備品がついているなど、アピールポイントがある場合は特に買取を選ぶとよいでしょう。査定でプラスに活きることが期待できます。

買取を利用するデメリット

買取を利用するデメリットとしては、以下の點が挙げられます。

買取に出すデメリット

?下取りよりも手間がかかる

?低年式車や過走行車、不人気車等には高い査定額がつきにくい

?買取相場の変動が激しく、時期によっては査定額が低くなる

それぞれについて説明していきます。

下取りよりも手間がかかる

車買取業者による買取は、新たな車の購入に合わせて車を手放す場合、下取りに比べて手間がかかります。

ディーラーによる下取りにおいては、車の売卻と購入を一つの店舗で行うことができるためスムーズな手続きが可能です。これに対し、買取を利用する場合は新しい車の購入先と古い車の売卻先が異なる場合が多いでしょう。そのため、下取りよりも手間や時間がかかってしまうことが多いです。複數の業者に査定を依頼する場合は特に手間がかかることを想定しておく必要があります。

低年式車や過走行車、不人気車等には高い査定額がつきにくい

買取の場合、低年式車や過走行車、不人気車などの車には高い査定額がつきにくい傾向があります。

車買取業者は一臺一臺の車の狀態を確認したうえで買取額を決めるため、細かい要因によっても査定額に影響が出ることがあるのです。

ほとんど値段がつかないような狀態の車であれば、下取りの方が結果的にお得になることもあります。そういった場合は必ずしも買取に絞らずに検討することをおすすめします。

買取相場の変動が激しく、時期によっては査定額が低くなる

買取の相場は変動が激しく、時期によっては査定額が低くなることがあります。

車の需要は時期によって変動するため、それに伴って買取相場も変わるのです。そのため、お得に売卻できる時期とそうでない時期が存在します。

プラスに捉えると、相場が高くなる時期を狙えば高い査定額が期待できるということです。後にも解説しますが、融通が利くのであれば1~3月を狙うことをおすすめします。

お得に車を売れる時期については以下の記事で詳しく解説しているので參考にしてください。
參考車を売るなら時期が大切!車が高く売れる時期とタイミングを解説

ここまで、車買取業者にとる買取のメリット?デメリットについて解説してきました。何度もいいますが、車を少しでも高く売りたいという方は買取を選ぶのがおすすめです。

次は、ディーラーによる下取りを利用するメリット?デメリットを説明していきます。

手間をかけたくない方には「下取り」がおすすめ


新しく車を買うのに合わせて今乗っている車を手間なく売卻したいという方は、ディーラーによる下取りを選ぶのがおすすめです。車の購入先と売卻先が同じになるので、スムーズに手続きを進めることができます。ここでは、下取りを利用するメリット?デメリットを説明していきます。

下取りを利用するメリット

下取りを利用するメリットとしては、以下の點が挙げられます。

下取りに出すメリット

?手間を省くことができる

?低年式車や過走行車、不人気車でも値段がつきやすい

?新車から値引きできない分を下取りで補填してくれる

それぞれについて説明していきます。

手間を省くことができる

下取りを利用することの最も大きなメリットは、手間を省いてスムーズな手続きができることです。

先にも説明したように、ディーラーにおける下取りはその店で新しい車を購入することが前提となっています。車の購入と売卻を同じ店舗で行うことになるため、手続きにかかる手間や時間を省くことができるのです。

スムーズに手続きを進めることを重視する方は、下取りを利用するのがおすすめです。

低年式車や過走行車、不人気車等も値段がつきやすい

下取りにおいては、買取と違い、低年式車や過走行車、不人気車等の車にも値段がつきやすいというメリットがあります。

高額査定が期待できない車を手放すという方は、ディーラーを選ぶのも一つの手です。値引きの足しにはなるでしょう。

新車から値引きできない分を下取りで補填してくれる

ディーラーは、下取りによって新車から値引きできない金額を補填してくれることがあります。新車の値引きにはどうしても限度がありますが、古い車の下取りをすることで少しでも実質の値引きしようとしてくれるでしょう。

ただし、デメリットで取り上げるように、下取りでは車に高い値段がつきにくいのが現狀です。下取りによって一見値引き額が増えてお得に思えても、買取を利用した方が結果的にお得な場合も多いので、何を重視するのかを考えたうえで判斷しましょう。

下取りを利用するデメリット

下取りを利用するデメリットとしては、以下の點が挙げられます。

下取りに出すデメリット

?高い値がつきにくい

?人気の車種や裝備がプラス査定になりにくい

?査定額が不明瞭になりやすい

それぞれについて説明していきます。

高い値がつきにくい

下取りでは、買取に比べて車に高い値段がつきにくい傾向があります。高額査定という點に関しては、買取が一歩上です。後にも説明しますが、買取と下取りで査定額に數十萬円の差が出ることも珍しくありません。

以上を踏まえたうえで利用を検討しましょう。高く売ることを重視する方には下取りはおすすめできません。

人気の車種や裝備がプラス査定になりにくい

下取りでは、人気の車種であることや裝備がついていることなどのアピールポイントがあっても、買取に比べプラス査定につながりにくいです。社外品パーツであればなおさらです。

車のアピールポイントを査定額アップにつなげたい場合は、下取りではなく買取を選んだ方がよいでしょう。

査定額が不明瞭になりやすい

下取りでは、車の査定額が不明瞭になることがあります。新しく購入する車からの値引き額と古い車の下取り額を合算して提示される場合もあり、値引き額と下取り額の境が曖昧になることがあるのです。

わざと下取り額を低く見積もっておき、その代わりに値引き額を増やしたように見せてお得に感じさせようとする営業マンもいるんです。注意してくださいね。

解説者

下取りを利用する場合は、見せかけの値引きに踴らされて損をすることがないよう、下取り額そのものをきちんと示してもらうと安心です。その際、その車の下取り相場を調べて適切な価格か判斷することをおすすめします。

下取り相場を調べるには、以下のサイトでチェックするのがおすすめです。
ナビクルの下取り?買取相場ページ
トヨタの下取り価格情報

ここまで、下取りを利用するメリット?デメリットを紹介してきました。下取りは、車の購入?売卻の手続きをスムーズに行いたいという方におすすめです。少しでも高く車を売りたいという方にはあまり向いていないので注意してください。

次は、実際の下取り?買取価格の例を紹介していきます。

比較してみよう!下取り価格と買取価格の例を紹介

編集者
実際、買取と下取りでどのくらい価格が違うんですか?本當に買取の方が高く売れるのかなあ。
本當です。買取の査定額の方が數十萬円高くなることも珍しくないんですよ。実際の例を紹介していきますね!

解説者

ここでは、実際の下取り?買取の査定額の例を紹介します。車の一括査定サービス「ナビクル」を利用した人のアンケートから、実際の査定額の例を取り上げました。

例①

30代/男性

【売卻時期】2019年10月

【売卻先】ネクステージ

【車種】ホンダ?N-BOX

【年式】2017年

【走行距離】4~5萬キロ

買取額:135萬 下取り額:75萬

→買取の方が60萬円お得に!


<感想>

ラジオのCMで一括査定を知りサイトを探した。もともとディーラーで売るつもりだったけどそこまで上がらないだろうと思ってダメ元で査定してもらったら倍以上の査定額を提示されて頬が緩むのを必死に抑えてました。

例②

50代/男性

【売卻時期】2019年9月

【売卻先】ネクステージ

【車種】トヨタ?プリウス

【年式】2014年

【走行距離】4~5萬キロ

買取額:141萬 下取り額:100萬

→買取の方が41萬円お得に!


<感想>

以前にも買取りをしてもらった事があるので、対応の速さを知っていたし、別系列のディーラーの為、どうしても高額な下取りは無理だと思っていた。やはり一括査定をした方が下取りよりも高額で車が処分できて次に購入する車の資金に余裕ができたので、とても良かったと思っています。

例③

60歳以上/男性

【売卻時期】2019年10月

【売卻先】ビッグモーター

【車種】ダイハツ?コペン

【年式】2006年

【走行距離】4~5萬キロ

買取額:65萬 下取り額:40萬

→買取の方が25萬円お得に!


<感想>

以前からクルマを売りたいと考えていたが、12年落ちのためディーラーの下取りが安く、ヤフオクやメルカリなどもやり取りが面倒でかつ取引も心配なため、悩んでいました。貴サイトを見つけ申し込んだところ、當日に売卻先の営業マンに訪問していただき、全國ネットワークを活かして買い取り店を探していただき、価格も満足できたので、即日売卻を決意しました。

以上で取り上げたように、下取りよりも買取の方がかなりお得に車を売卻できます。ナビクルの下取り?買取相場ページでは、車種や年式を選ぶと買取?下取り相場を見ることができます。買取相場?下取り相場ともに半年後のものまで見ることができるので、參考にしてみてください。

実際の例を見て、下取りよりも買取の方がお得なことがわかったと思います。ここからは、さらに車を高く売るためのコツを紹介していきます。

車をより高く売るコツ3つを紹介

編集者
下取りよりも買取の方が車が高く売れることはわかりました!さらに査定額を上げる裏技はあるんですか?
ありますよ!ここでは、査定額を少しでも引き上げるためのコツを説明しますね。コツをおさえて車を高く売りましょう!

解説者

ここからは、さらに車を高く売るためのコツを紹介します。少しでも査定額を引き上げたいという方はぜひ參考にしてください。紹介するコツは以下の3つです。

車を高く売る3つのコツ

?一括査定サービスを利用する

?売る時期を選ぶ:1~3月が狙い目

?査定前に車の掃除や消臭を行う

それぞれについて説明していきます。

一括査定サービスを利用する

車を少しでも高く売るには、車の買取における「一括査定サービス」を利用するのがおすすめです。一括査定サービスとは、一度の申し込みで複數の車買取業者に査定を依頼できるサービスです。各業者の査定額を比較し、最も高く買い取ってくれる業者を選んで車を売ることができます。

利用の流れは以下のようになります。

一括査定の流れ

先にも述べましたが、車を高く売るには、複數社に査定を依頼して比較をすることが有効です。しかし、自分で複數の業者に査定を依頼するのには手間と時間がかかるでしょう。そこで便利なのが、この「一括査定サービス」です。無料で簡単に利用することができ、高額売卻を葉えることにつながります。

では、一括査定によってどのくらい得ができるのか、こちらもナビクルのユーザーアンケートから例を取り上げました。

例①

30代/男性

【売卻時期】2019年10月

【車種】トヨタ?ノア

【年式】2017年

【走行距離】5~6萬キロ

ガリバーでの査定額:195萬円

ビッグモーターでの査定額:180萬円

ネクステージでの査定額:170萬円

→最高額と最低額の差は25萬円!


<感想>

まず相場がだいたいわかる點と他社と交渉するときの比較材料や次の車購入にあたっての自己資金などの參考にもなる。一括査定に申し込んで最終的に初めの業者よりもだいぶ査定額がUPしたのですごい良かったです。

例②

50代/男性

【売卻時期】2019年10月

【車種】マツダ?アテンザセダン

【年式】2013年

【走行距離】1~2萬キロ

アップルでの査定額:130萬円

ビッグモーターでの査定額:110萬円

→最高額と最低額の差は20萬円!


<感想>

車の買い換えをと思い立つも、現在の価値/相場が全く予想出來ずいくらの追い金になるのか?と少々の抵抗と諦めを感じながら夜遅くに申し込みました。コンタクトはあるのか?気にもなりました。翌日すぐに連絡もあり、無料出張見積もすぐにして頂きました。結果、想像以上の金額で驚きつつ満足。いままでのように面倒だからと購入店で下取りとして出していたら、半額になっていたのでは?と思います。

例③

50代/男性

【売卻時期】2019年10月

【車種】トヨタ:ヴェルファイア

【年式】2017年

【走行距離】2~3萬キロ

ビッグモーターでの査定額:455萬円

ガリバーでの査定額:400萬円

→最高額と最低額の差は55萬円!


<感想>

乗り換えが決まっており納車のタイミングまでに良い條件で売卻をしたいと考えていた。また過去に利用したことがあり、その際もスムーズに良い條件で売卻できたので、一括査定に良い印象を持っていたので、利用しました。

編集者
すごい!業者によってこんなに差があるんだ‥‥20萬円以上高く車を売れることもあるんですね!
そうなんです。少しでも高く車を売りたい方はぜひ一括査定サービスを利用してみてください!

解説者

世の中には車の一括査定サービスがたくさんあります。どれを選べばよいのか迷ってしまうことがないよう、最もおすすめの一括査定サービスを以下で紹介します。

一括査定なら「ナビクル」がおすすめ

ナビクルのイメージ

一括査定サービスを利用するなら「ナビクル」がおすすめです。このサイトは、最大10社への査定依頼が可能です。もちろん無料で利用できます。

また、「ナビクル」には優良企業を取り扱っているという特徴があります。

「ナビクル」は大手企業の多くが參加しているので、高額査定の可能性も大きくなります。一括査定サービスを使いたいという方はぜひ利用してみてください。

ナビクルを利用して高額売卻を葉える

売る時期を選ぶ:1~3月が狙い目

先にも述べたように、車の買取相場は時期によって変動します。つまり、時期を選べば高額の査定が期待できるのです。結論として、1~3月が狙い目です。

新生活のスタートを前に車の需要が高まる3月に向けて、車買取業者は在庫の確保に力を入れます。そのため、少し高い価格をつけてでも積極的に車を買い取ろうとするのです。

また、3月に決算期を迎える業者が多いのも高額査定が期待できる要因です。決算期には売上強化に乗り出す業者が増え、その分高額の査定も増えるのです。

車を売るおすすめのタイミングについては「車を売るなら時期が大切!車が高く売れる時期とタイミングを解説」でさらに詳しく解説しているのでぜひ參考にしてください。

査定前に車の掃除や消臭を行う

少しでも査定額を引き上げるために、査定前に車の掃除や消臭をしておくことをおすすめします。直接査定額に影響するとは言い切れませんが、印象を良くするに越したことはありません。

車の査定を行うのはあくまでも人間なので、安心感を持たせることは重要です。掃除をして車を綺麗に見せることで、その車が大切に使われてきたことを査定員に示すことができます。細かいことですが、やっておいて損はないでしょう。

以上のコツをおさえ、愛車の高額売卻につなげてください。

喜びの聲続出!ディーラーより數十萬も車が高く売れる

ナビクル

入力の手間 対応地域 同時見積數
45秒 全國 最大10社
  • 特徴1.ご利用実績400萬件以上(2021年6月時點)
  • 特徴2.わずか45秒で買取相場がわかる
  • 特徴3.一定規模以上の優良業者のみ提攜

一定規模以上の信頼できる買取業者と提攜している「ナビクル」。東証一部上場企業のグループが運営しているから安心して査定依頼が申し込める。年間利用者數が最も多く、高額買取が続出。利用実績400萬件以上の一括査定サービスです。

まとめ

この記事では、車の下取りと買取の違い、車を少しでも高く売るためのコツを説明してきました。下取りと買取のどちらを選ぶべきかについて、結論は以下の通りです。

記事のまとめ

買取:少しでも高い値段で車を売りたいという方におすすめ

下取り:新しい車の購入に合わせて古い車をスムーズに売りたいという方におすすめ

とにかく車を高く売りたいという方は下取りではなく買取を選ぶのが賢明です。下取りよりも數十萬円高く売れることも珍しくありません。また、そうなった場合、一括査定サービスを利用して複數社の査定額を比較するのが高額売卻に最も有効です。

この記事を參考に愛車の高額売卻を実現してもらえれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
金堂县| 富蕴县| 馆陶县| 法库县| 白水县| 鄂尔多斯市| 绵阳市| 信阳市| 宿松县| 岑溪市|