pagetop

コスパがいいコンパクトカーは何?長く乗れる新車?中古車を紹介

車を買うなら価格に見合った性能がある1臺を購入したいですよね。

たとえお金持ちであっても車は高い買い物であることに違いないでしょう。車選びを間違えると修正することが難しいので、慎重になるのは當然です。

この記事ではコンパクトカーの購入を検討している方に向けて、コストパフォーマンスに優れた車種を紹介していきます。

  • 長く乗れるコンパクトカーが欲しい
  • 燃費が良くて価格が安いものを買いたい
  • 新車よりコスパが良さそうな中古車を購入しようか迷う

本記事ではコスパでお悩みの方の疑問を解決できる內容をお伝えします。同時に、新車?中古車問わずコスパがいい車種や條件が分かるようになっています。


ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

コスパがいいコンパクトカーとはどういったものか

pixta_44694122_M

この章では、コスパがいいコンパクトカーについてお話していきます。

一口に「コスパがいい」といっても、さまざまな要素があります。

例えば「車體価格」「燃費の良さ」「修理の少なさ」などです。また、新車と中古車のどちらを購入するのかによっても、「コスパがいい」という條件は違います。

そこで、新車?中古車に分けてコスパがいい車をご紹介していきます。

まずは新車でコスパのいい車とはどういったものなのか、下記で具體的にお話します。

新車で購入する場合のコスパがいいコンパクトカーの見分け方

新車の場合「価格が抑えめな割には機能が良い」かつ「燃費がいい」ことを“コスパがいい”と指します。排気量や大きさ、ハイブリッド車かガソリン車で基準が異なります。

1,500cc以下のコンパクトカーなら、次のような條件を満たせば燃費がいいといえるでしょう。

  • ハイブリッド車:25km/L以上
  • ガソリン車:15km/L以上

今回は「価格の割に機能が良い」「燃費がいい車」という點を重視して6車種を選出しています。

この章では、コスパがいいコンパクトカーの條件について説明しました。次の章では、新車でコスパがいいコンパクトカーをご紹介していきます。

新車でコスパがいいコンパクトカー6選

pixta_9413405_M

新車で「コスパがいい」と著者が自信をもっておすすめできるコンパクトカーは、以下の6車種です。

  1. トヨタ?アクア
  2. ホンダ?フィットハイブリッド
  3. ダイハツ?トール
  4. マツダ?デミオ
  5. 日産?ノート
  6. スズキ?スイフト

下記から、それぞれのコスパがいい理由や特徴などを見ていきましょう。

小回りがきいて燃費も安い【トヨタ?アクア】

アクアのスペック情報

アクア
全長
4.0m~4.07m
全高
1.42m~1.51m
全幅
1.7m~1.72m
CVT 燃費(10?15モード)
駆動方式 2WD,4WD 排気量 1,500cc
定員 5人 車両重量 1,325kg~1,505kg
※燃費は現行モデルの情報です。

燃費性能と走りやすさを両立したコンパクトカーなら、アクアがおすすめです。

アクアは2011年に登場した5ナンバーサイズの小型ハイブリッドカーで、プリウスと並ぶ「ハイブリッドカーの代名詞」のような存在でもあります。

そんなアクアの特徴は、以下のとおりです。

  • 1リッターあたりの燃費がいい
  • エコドライブモードが付いている
  • Uターンに優れている

特徴については、下記で具體的に解説します。

アクアの特徴

アクア最大の特徴は、圧倒的な燃費性能です。

JC08モード(國土交通省審査値)でリッター38kmを達成しています。全ハイブリッド車の中では、プリウスに次ぐ2番目に優れた燃費性能です。

そんなアクアには「エコドライブモード」と呼ばれる走行モードがあります。

燃費優先の走りに制御するモードで、アクセル操作に対する駆動力とエアコンの消費電力などを省エネ化します。

一目でアクアとわかる「トライアングルシルエット」をはじめ、床下まで施された空力処理などによって、燃費と加速の両立が実現しています。

最小回転半徑4.8mを実現しているため、Uターンや狹い路地の走行も楽に行えます。

その他の留意點

ハイブリッドカーでありながら、低価格を実現していることもアクアの特徴です。

一般的にガソリン車とハイブリッド車の両方が設定されている車種は、ハイブリッド車を選択すると高価になってしまいます。

しかしアクアはハイブリッド専用車でありながら、最低価格は200萬円を切っています。(最廉価グレードのLは178.5萬円)

買いやすい価格も、アクアの大きな魅力のひとつです。

ナビクルcar推奨!

豊富な品揃えと車両品質の高さを追究する最適の1臺を見つける方法

中古車在庫臺數は常時40萬臺以上。希望の車に出會える可能性高い
高品質な車両はライバルが多く、在庫切れになる前にできるだけ早く見積り依頼することが大切です。依頼後のクルマは商談中となるため、欲しいクルマをキープできる確率がグッと高くなります。
ここが狙い目。ナビクルcarなら30秒で見積もり依頼が可能。見積り依頼?在庫確認をしても必ずしも購入しなければならないわけではないので安心です

\ ご依頼は無料、入力はたった30秒!

ホンダ?フィット ハイブリッド

フィットハイブリッドのスペック情報

フィットハイブリッド
全長
3.9m~4.05m
全高
1.53m~1.55m
全幅
1.7m
CVT - 燃費(JC08モード) 27.6km/L~29.4km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 1,300cc~1,500cc
定員 5人 車両重量 1,355kg~1,505kg
※燃費は現行モデルの情報です。

フィット ハイブリッドは2010年に登場した小型ハイブリッドカーで、フィットをベースにハイブリッドシステムが導入された車です。

フィットハイブリッドの特徴は、次のとおりです。

  • エコアシストが搭載されている
  • 燃費性能が優れている
  • 平成32年度燃費基準に対応

上記3點について、下記から具體的に解説していきます。

フィット ハイブリッドの特徴

フィットハイブリッドの最大の特徴は、優れた燃費性能です。

JC08モードではリッターあたり37.2kmを達成していて、アクアとほとんど変わりません。

そんなフィットハイブリッドには、以下の機能をもつ「エコアシスト」が備わっています。

  • ECONモード:エアコンの省エネやアイドリングストップの延長を促す
  • コーチング機能:エコ運転をすればメーターの色が変わる
  • ティーチング機能:その日のエコ運転度とその日までの成長度を表示

平成32年度燃費基準に対応しているので、重量稅や取得稅が割引されるなどの優遇を受けることができます。

その他の留意事項

走行性能の高さも、フィットハイブリッドの大きな特徴です。

フィットハイブリッドのエンジンとモーターは、システム最高で137馬力を発生させます。

アクアのシステム最高出力が100馬力ですが、フィットハイブリッドはエンジンだけで110馬力もあり、10馬力も上回っています。(システム全體では37馬力上回る)

走行モードにEVやハイブリッドだけでなく、エンジンだけで走行するモードがあるので、高速道路を力強く走ることもできます。

燃費だけではなく走りも楽しめる點が、フィットハイブリッドならではの魅力といえます。

ダイハツ?トール

トールのスペック情報

トール
全長
3.7m~3.73m
全高
1.74m
全幅
1.67m
CVT 燃費(JC08モード) 21.8km/L~22.0km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 1,000cc
定員 5人 車両重量 1,345kg~1,415kg
※燃費は現行モデルの情報です。

燃費性能とともに実用性を求めるなら、トールがおすすめです。

2016年、トールは「これが噂のトールサイズ」をキャッチフレーズに誕生しました。トヨタではルーミーとタンク、スバルではジャスティスとしてOEM供給されています。

トールの特徴は、以下のとおりです。

  • ガソリン車なのに燃費がいい
  • エコカー減稅対象車
  • 軽自動車並みの扱いやすさと広い室內

上記の特徴については、下記で詳しく解説します。

トールの特徴

トール最大の特徴は、ガソリン車なのに燃費がいいことです。

JC08モードでリッターあたり24.6kmを実現するなど、コンパクトカーのガソリン車としては非常に優れた數値です。

そんなトールの特筆すべき機能は「エコアイドル」です。

「停車前アイドリングストップ機能」とも呼ばれるもので、Dレンジの狀態でブレーキを踏むと車速約7km/h以下になると、自動的にエンジンを停止させます。

平成32年度燃費達成車なので、エコカー減稅によって重量稅と取得稅が割引されます。

その他の留意事項

トールを語るうえで欠かせないのは「室內の広さ」です。

標準グレードの全高は1,735mmもあるので、室內は開放感があります。開口部は、高さが1,080mm、幅が1,077mmもあるので、高さのある荷物でも楽に載せることができます。

また、開口部にある多機能デッキボードは防汚シートが付いています。デッキボードは跳ね上げたり反転させたりすることができるので、汚れた物の積載にも対応しています。

ゆったりとした室內をもっていることも、トールの魅力のひとつです。

マツダ?デミオ

デミオのスペック情報

デミオ
全長
3.8m~4.06m
全高
1.48m~1.61m
全幅
1.65m~1.7m
CVT 燃費(JC08モード) 19.2km/L~23.0km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 1,300cc~1,500cc
定員 5人 車両重量 1,175kg~1,515kg
※燃費は現行モデルの情報です。

燃費性能や獨自の技術を求めるなら、デミオがおすすめです。

「広く実用的なコンパクトカー」をコンセプトに1996年に登場したコンパクトカーで、「Mazda2」の名で北米や歐州などでも販売されています。

そんなデミオの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • リッター22.8~30kmの燃費性能(JC08モード)
  • コーチング機能が付いている
  • 世界に認められたスカイアクティブ?テクノロジー

下記より、具體的に解説していきます。

デミオの特徴

デミオの特徴といえば、ディーゼルエンジン搭載車もラインナップされていることです。

ディーゼル車とは軽油を燃料にして走る車のことで、現在の國産のディーゼル車は決して多くはありません。販売比率は、歐州が40%程度なのに対して日本はたったの0.5%程度です。

マツダは、獨自性の追及のためにディーゼルの新しい可能性を切り開いたのです。

軽油はガソリンの15%も価格が安く、デミオはハイブリッド車並みに燃費がいいので、燃料代を安く済ませることができます。

そんなデミオには、コーチング機能が搭載されています。

乗員や燃費に優しい運転ができていたかどうか、ディスプレイに點數が表示されます。運転終了後には文字によるアドバイスが表示され、高得點が続くとレベルが上がるのです。

その他の留意事項

マツダには、スカイアクティブ?テクノロジーが採用されていることも見逃せない特徴です。

スカイアクティブ?テクノロジーとは、マツダの自動車技術の総稱のことです。2010年、マツダの新世代技術として発表されました。

エンジン、トランスミッション、プラットフォームといったベース技術を高めることで、自動車の燃費を向上させています。

新世代ガソリンエンジンの「スカイアクティブX」は、アメリカの2018エジソン賞の金賞を受賞するなど、世界に認められた技術です。

唯一無二の先獨自技術をもっていることも、デミオの強みといえるでしょう。

日産?ノート

ノートのスペック情報

ノート
全長
3.99m~4.19m
全高
1.51m~1.55m
全幅
1.69m~1.71m
CVT 燃費(JC08モード) 28.2km/L~38.2km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 1,200cc~1,600cc
定員 5人 車両重量 1,305kg~1,635kg
※燃費は現行モデルの情報です。

電気自動車が欲しいけれど充電が大変という人には、ノートがぴったりです。

ノートは、2005年から販売されているハッチバックタイプのコンパクトカーです。日産の世界戦略車という位置づけで、現行型は2012年登場の2代目モデルです。

ノートの主な特徴は、以下のとおりです。

  • リッターあたり37.2km(JC08モード)の燃費性能
  • 電気自動車でガソリンと電気療法の使用ができるため、経済的
  • 國內の販売臺數が1位

それぞれ、下記から詳しく見ていきましょう。

ノートの特徴

ノートの大きな特徴といえば、シリーズ方式ハイブリッドシステム「e-POWER」搭載車が設定されていることです。

シリーズ方式ハイブリッドとは、エンジンで発電した電力をバッテリーに一度蓄えて、その電力で今度はモーターを駆動して走行するシステムのことです。

仕組みは電気自動車なのですが、外部電力からの電源を必要とせず、ガソリン車同様にガソリンの給油のみで走行することができるのです。

燃費性能にも優れていて、ハイブリッド車並みのリッター37.2kmを達成しています。

e-POWERの場合、エンジンは発電だけでモーターの力のみで走行します。対するハイブリッドは、狀況に応じてエンジンとモーターを分けている點に違いがあります。

その他の留意事項

國內で最も販売臺數が多いことも、ノートの特徴です。

2018年のノートの販売臺數は13萬6,324臺で、8割近くのユーザーがe-POWER搭載車を選んでいます。新車販売臺數は1位で、ライバルであるトヨタのアクアやプリウスをおさえています。

販売臺數が多かった原因はe-POWERによるものや、整理された車種からの乗り換えによるものと考えられています。

ちなみに、ノートとセレナに搭載されたe-POWERは、自動車研究者ジャーナリスト會議(RJC)による2019年次「RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞しました。

多くの人から支持されていることも、ノートの大きな魅力といえます。

スズキ?スイフト

スイフトのスペック情報

スイフト
全長
3.62m~3.89m
全高
1.5m~1.55m
全幅
1.6m~1.7m
CVT 燃費(JC08モード) 20.0km/L~32.0km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 1,000cc~1,600cc
定員 5人 車両重量 1,115kg~1,405kg
※燃費は現行モデルの情報です。

車體価格が安く選択肢が多い車なら、スイフト以外にないといっても過言ではありません。

2000年から販売されているハッチバックタイプのコンパクトカーです。ガソリン車のイメージが強いですが、実はハイブリッドモデルもあります。

そんなスイフトの大きな特徴は、以下のとおりです。

  • ガソリン?ハイブリッド?マイルドハイブリッドの3種類から選べる
  • ハイブリッドの燃費はリッター32km
  • 車體価格が安い

上記の特徴について、下記から詳しく説明していきます。

スイフトの特徴

スイフトは、3種類のパワートレインが用意されていることが大きな特徴です。

スイフトのグレードは少しややこしいので、以下の表にまとめました。

パワートレイン グレード名 燃費
ハイブリッド HYBRID SL、HYBRID SG 32km/L
マイルドハイブリッド HYBRID RS、HYBRID ML 27.4km/L
ガソリン RSt、RS、XL、XG 20km/L

ちなみにマイルドハイブリッドは減速時のエネルギーを専用のバッテリーに充電し、その電力を活かしたモーターでエンジンをアシストする簡易ハイブリッドです。

ハイブリッドモデルの燃費も、他社のハイブリッド車と比べてそん色のない數値です。マイルドハイブリッド?ガソリンも十分な燃費性能をもっていることがわかります。

また、パワートレインだけではなく、トランスミッションも6速ATと6速MTから選ぶことができます。

その他の留意事項

価格が安いことも「コスパがいい」スイフトの特徴です。

最低価格は最廉価グレードの「XG」で、134.3萬円からの購入が可能です。

マイルドハイブリッドの「HYBRID ML」は162.5萬円、ハイブリッドの「HYBRID SG」でも166.9萬円で購入できます。

グレードが上がると価格差も広がりますが、スイフトは価格差が小さいです。ハイブリッドとガソリン車の廉価グレード同士では32萬円ほどの差しかありません(XGとHYBRID SGの差)。

例えば、トヨタのヴィッツならガソリンとハイブリッドの廉価グレード「F」と「HYBRID F」では、60萬円以上の差があります。(F:118.1萬円、HYBRID F:182萬円)

手が出しやすい価格設定であることも、スイフトならではの魅力です。

ここまでは、新車でコスパがいいコンパクトカーをご紹介しました。次の章では、中古車のコスパがいい自動車の見分け方を解説していきます。


コスパがいい中古車の見分け方

pixta_38932971_M

中古車の場合、長く乗れるものかつ修理が出た際に自己負擔が少ないものが「コスパがいい車」とされています。端的にいうと「保証期間が長く範囲が広い中古車」のことです。

中古車の保証や品質には、以下のようなものがあります。

  • メーカー保証
  • 販売店保証
  • 認定中古車

それぞれにどんな特徴や違いがあるのか、下記から具體的に解説していきます。

メーカー保証がついた中古車は高コスパ

故障が起きても自己負擔を軽くしたいなら、メーカー保証の付いた中古車がおすすめです。メーカー保証とは、新車を購入したときに付いてくる「新車保証」のことです。

高年式の中古車では新車保証が殘っていることがあります。「保証継承」を行うことで次のオーナーも新車保証を受けることができます。

このメーカー保証には、一般保証と特別(特定)保証があります。

  • 一般保証:消耗部品や油脂類を除くエアコンやカーナビなどが対象(新車から3年または6萬kmまで)
  • 特別保証:エンジンやエアバッグなどの車の走行や安全に関わる重要な部品が対象(新車から5年または10萬kmまで)

保証が付いていると「保証期間內で保証の條件に當てはまる場合」なら、無料で保証修理が受けられます。しかもメーカー系列の修理なので、窓口も多いうえに技術的にも安心です。

以上のことから、メーカー保証の付いた中古車は「コスパがいい」といえます。

販売店保証

近隣の店舗で安く購入したいなら、販売店保証の付いた中古車でも良いでしょう。販売店保証とは、一般の中古車販売店が獨自に提供する保証のことです。

この販売店保証のメリットは、低年式の車にも付いている場合があることです。

そもそも古い車はメーカー系列店(ディーラー)の店頭に並ぶことは少ないですが、一般の中古車販売の店頭に販売店保証付きで並ぶことがあります。

1~3ヶ月の短い期間で範囲の狹い保証であることがほとんどですが、エンジンやミッション、ステアリングといった重要部品は保証範囲に含まれます。

ただし、修理で持ち込める場所は近隣に限られるうえ、メーカー系列と同レベルの修理対応やサービスは望めないので注意が必要です。

保証期間が長く保証範囲が広いものなら、販売店保証付きの中古車も「コスパがいい」といえます。

認定中古車

壊れにくい高品質な中古車なら、認定中古車がおすすめです。

認定中古車とは、正規販売店獨自の厳格な條件を満たした高品質な中古車のことです。正規販売店が點検?整備を行った車両は、第三者機関によって中立な立場で査定されます。

例えばトヨタの認定中古車の中で最も高品質な「T-Valueプレミアム」では、以下のような基準を設けています。

  • 初年度登録から5年以內
  • 走行距離5萬km以內
  • 中型クラス以上
  • 車両検査証明書4點以上
  • ワンオーナーまたは試乗車であること

認定中古車は一般的な販売店保証と比べて保証期間が長く、最低でも1年間は設定されています。また、內外裝は徹底的に清掃されているので、清潔に利用できます。

つまり認定中古車は高品質で保証が長く、清潔に利用できるというメリットがあります。

手厚い保証が付いた認定中古車は、「コスパのいい車」の代表的な中古車です。

まとめ

本記事ではコスパが高いコンパクトカーをお探しの方の疑問を解決できるような內容をお伝えしました。

コスパがいい車というのは、以下のような條件を満たしたものです。

  • 優れた機能をもっている
  • 車體価格が安い
  • 少ない燃料で多くの距離を走れる(低燃費)
  • メーカー保証や販売店保証の付いた中古車
  • 一般的な中古車より壊れにくい認定中古車

今回の記事を読んだことで、コスパがいい車がみつかったのなら、早速現車を見に行ってみましょう。そこで感性に訴える何かがあったなら、予算を考えて商談まで進みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放
双牌县| 郁南县| 三河市| 建平县| 通山县| 佛冈县| 昌平区| 长沙市| 扎兰屯市| 阿勒泰市|