pagetop
  • 車知識
  • 更新日:
  • 公開日: 2021-02-15

【必見】苦手な運転を克服する練習方法を紹介!最適な場所と時間は?

運転 練習

記事のポイント

  • 初心者?ペーパードライバーでもできる運転の練習方法3つを紹介
  • 運転席まわりの機能?裝備や交通ルールの復習ができる!
  • 苦手な駐車テクニックを図解でわかりやすく解説

「運転免許は持っているけれど、しばらく運転してないな…」
「免許取り立てだから、運転をもっと練習したい!」

など運転免許をもっていても、運転をするのがまだ不安ではありませんか?

運転が苦手な人でもできる練習方法や運転のコツを紹介していきます。運転が上手くなるには、復習とイメージトレーニングをしてからの実踐が大切です。

基本的な知識から多くのドライバーが苦手とする駐車などのテクニックを図解を用いて解説しています。この記事を読めば、運転の練習に不安なく臨むことができるようになるでしょう。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。


車の運転を練習するおすすめ方法3つを紹介


免許は持っているけれど運転に自信がない方におすすめの運転の練習方法を3つ紹介します。

運転のおすすめ練習方法

ご自身の運転に対する苦手意識レベルや目的によって練習方法を選びましょう。

【方法1】教習所のペーパードライバー講習を受講する

苦手意識レベル

★★★★★:運転に全く自信がなく公道を走るのが不安な人向け

運転が苦手な方や公道を走ること自體が不安という方には、プロに教えてもらうのが一番おすすめです。

その理由は、ペーパードライバーがひとりで運転を練習するのはなかなかハードルが高いと感じる方が多いため、プロの先生による運転教習で自信をつけることができるからです。また、自分で練習するよりも圧倒的に効率よく上達できます。

教習所では、免許を取得していても運転に自信がない方に向けて「ペーパードライバー講習」を実施しています。

ペーパードライバー講習の種類は大きく分けて2つあります。

ペーパードライバー講習の種類

出張型教習:希望の場所までプロの先生が教えに來てくれる

自動車教習所:教習所の校內コースで受けられる

自分の苦手とするシチュエーション(高速道路、縦列駐車、車線切り替えなど)を伝えて、それに応じた講習を選択することができます。

例えば以下のような練習メニューの中から選んでオーダーメイドの講習を受けることが可能です。

選べる練習メニュー例

?カウンセリング

?道路標識の確認

?座席やミラーの調整

?直進?右左折の練習

?車線変更の練習

?駐車?車庫入れの練習

?高速道路での走行練習

このような練習メニューの中から自分の苦手意識があるものだけを集中的に練習することができます。長い時間運転していない方は、教習の先生がカウンセリングをしてくれるのでまずは相談してみましょう。

種類 料金 こんな人におすすめ
出張講習 10,000~15,000円くらい
(約120分からのコース)
?自分の家の車庫入れを上手くなりたい人
?生活スタイルに合わせた時間に受けたい人
教習所講習 ?普段から車を運転しない人
?運転の基礎から復習したい人
?安全な校內コースでまずは練習したい人

お住いの地域から近い教習所を見つけてみましょう。
?お近くの教習所を検索

【方法2】 運転に慣れている友人?知人に同乗してもらう

苦手意識レベル

★★★:初心者やブランクが長く見えない死角が怖い人向け

初心者や運転のブランクが長い方は、ひとりで運転することが怖いと言われる方が多いと思います。

誰かが隣に乗っていてくれるだけで、アドバイスをもらえるだけでなく、運転席から見えない死角を見てもらうことができます。特に一番不安になる車幅、運転席の反対側に寄りすぎていないかを確認しながら運転することができます。

同乗者が一人助手席に乗るだけで、格段に運転の技術が上達します。まずは、運転になれている友人や知人に同乗してもらえるか聞いてみましょう。

事前に苦手な部分を相手に伝えておくことでより細心の注意を払って見てくれるようになりますので、忘れないようにしましょう。

【方法3】人が少ない時間帯、場所でひとりで練習する

苦手意識レベル

★★:駐車などの特定の苦手分野がある人向け

誰にでも車庫入れなどの苦手分野はあると思います。そんな苦手分野を克服するためには自主練習が必要になってきます。

特定の運転が苦手な方は人気の少ない場所や時間を選び、ひとりで練習することをおすすめします。人気が少ない場所と時間を選ぶことで、慌てずゆっくりと落ち著いて練習することができます。

では、どんな場所と時間を具體的に選べばいいのか紹介します。

運転練習に最適な時間と場所

?おすすめ時間帯:明るく人と車が少ない早朝

?おすすめ場所:車幅が広く見慣れた道や人けの少ない駐車場

それぞれのおすすめな理由について詳しく説明します。

運転の練習には陽がのぼったばかりの早朝がおすすめ

運転の練習におすすめな時間帯は「早朝」です。

早朝がおすすめな理由は、「明るく視野が広がる」「人けが少ない」「車の交通量が少ない」という3つのポイントがあるからです。

お晝や夕方に練習をしてもいいのですが、人と車の交通量が増え事故に遭うリスクも高まってしまいます。他にも、運転を練習する際は以下のような時間と場所は避けるようにしましょう。

運転練習で避けるべき場所と時間

?暗いと視覚が狹まるため、夜の練習は避ける

?人と車の通りが多い時間帯は避ける

?雨の日はすべりやすいので避ける

特に初心者の方は以上の3點を避けることをおすすめします。とはいえ、徐々に自分が自信をもって運転できる環境を増やしていくことが大切なので、運転に慣れてきたら様々な環境で挑戦してみてください。

ここまでおすすめの時間について紹介してきました。次は、運転練習におすすめの場所を紹介します。

初心者には広場、人の少ない駐車場での練習がおすすめ

いきなり公道で練習するのは不安に感じる方もいると思います。

特に車の免許を取得したばかりの方やブランクが長い方は私有地などの広い駐車場で運転操作、車幅感覚に慣れることが重要です。

選ぶべき練習ルートや場所は、「人けが少ない場所」「車の交通量が少ない場所」「車幅が広い道」「見慣れた道」の4點を満たしているとより安全に練習することができます。

以下のような場所はこの4つの條件を満たしているので參考にしてください。

こんな場所が初心者にはおすすめ

?人けがない公園などの駐車場

?道幅の広い港沿い

?近くの國道

特に初めての道を走るのは不安とリスクを生じるので、なるべく見慣れたルートを事前に決めて運転しましょう。

ここまで運転のおすすめ練習方法を3つ紹介してきました。次は運転を練習する前に教習所で習った基本的な運転席まわりの機能?裝備や交通ルールについて確認しましょう。

運転席まわりの機能?裝備と運転ルールを復習しよう

交通ルール
いきなり運転席に座り、練習しようと思うと緊張や不安で頭がいっぱいになると思います。少しでも運転前に不安を減らしておきたいですよね。

この章では、運転席まわりの機能?裝備と運転ルールを復習することができます。

運転席まわりの機能?裝備をチェックしよう

運転席まわりの機能?裝備を把握しておくことで戸惑うことなくスムーズに運転できるようになります。

では、運転席まわりの図を參考に見ていきましょう。
運転席まわりの機能?裝備

引用日産

運転まわりの機能?裝備

アクセルペダル

ブレーキペダル(フットブレーキ)

パーキングブレーキ(サイドブレーキ)

シフトレバー(セレクトレバー)

エンジンスイッチ(インテリジェントキー付き車の場合)

非常點滅表示燈のスイッチ(ハザードランプ)

ワイパー?ウォッシャースイッチ

ライトスイッチ?方向指示器スイッチ(ウィンカー)

エンジンをかける際は急な発進を防ぐために、必ず②ブレーキペダルを踏むことを忘れずに行いましょう。また、発進や停止をする際は、①アクセルペダルと②ブレーキペダルは右足を使ってゆっくりと踏み分けましょう。

各オートマチック車(AT車)に必ずあるシフトレバーは、【P】【R】【N】【D】で記號によりシフトパターンが示されています。初心者やペーパードライバーの方は、この4つのシフトパターンを覚えておきましょう。

【P】パーキング 車を駐車するときに選ぶ
【R】リバース バックするときに選ぶ
【N】ニュートラル タイヤは動くがアクセルが効かない狀態
緊急で押したり、牽引するときに選ぶ
【D】ドライブ 前進走行をするときに選ぶ

外車や輸入車は⑦ワイパー?ウォッシャースイッチと⑧ウインカーが逆になっているため、運転の練習前には確認しておく必要があります。

坂道で車を降りる際にパーキングブレーキをかけ忘れるなどして勝手に車が動き出す「自然発車」による事故が目立っています。駐車をする際は必ずパーキングブレーキ(サイドブレーキ)のかけ忘れに注意しましょう

運転ルールをもう一度おさらいしよう

運転席まわりの機能や裝備を復習できたら、次は運転のルールをおさらいしましょう。

運転の基本ルールを簡単に解説していきます。

信號や標識?標示を守ろう

車や自転車だけでなく、歩行者も守るべき交通ルールのひとつである「信號」。信號無視をしたり、黃色點滅での不注意走行などが原因で大きな事故が毎年発生しています。焦っている狀況でも信號無視や黃色點滅での走行は絶対にやめましょう

標識?道路標示も守るべき交通ルールのひとつです。ここでは、誤認しやすい標識を復習しておきましょう。
間違えやすい標識

安全なスピードや車間距離を心がけよう

交通ルールには、法定速度というものがあります。一般的に自動車の法定速度は時速60㎞となっており、指定された速度標識がない場合は法定速度を守ったスピードで走行しましょう。

また車と車の間隔を車間距離と呼び、一定の距離を保つことによって前の車が急停止しても追突するリスクが減ります。

車間距離は走っている時速から15メートルを引いた距離以上を取ることをおすすめします。

例えば、法定速度の時速60kmで走った場合、取るべき車間距離は45メートル以上となります。雨が降っている際は、ブレーキが利きにくくなるため余裕を持った車間距離を取ることを心がけましょう。

周囲への注意を怠らない

公道には自動車だけでなく、自転車や歩行者もいます。車の周辺には死角という部分が存在していることを教習所で習ったことを覚えていますか。

ミラーだけでは見えないエリア(死角)が車の周辺にはあり、小さな子どもや障害物に気が付かず衝突してしまい事故へとつながるケースがあります。

前方だけに気を配るのではなく周辺全體の注意を怠らないという意識を持ちましょう。それでも不安な場合は、パートナーや友人に依頼して助手席から周りを目視してもらうのがおすすめです。

運転席まわりの機能?裝備とルールについて復習することができました。次の章では、より快適な運転のための事前準備について確認していきましょう。

快適な運転のための事前準備が大切!

運転 事前準備
「さぁ、次は実際に運転席に座って実踐!」となる前に、より運転練習を快適にするための事前準備が必要です。運転は準備が9割といっても過言ではありません。

では、どのような事前準備が必要なのかを確認してみましょう。

運転に自信がない人は「初心者マーク」を付ける

免許を取得してから1年間は車の前後に付ける義務がある「初心者マーク」。これを付けることで周りのドライバーに、運転がまだ得意ではないと伝えられます。

これは、初心者だけしか付けられないルールではありません。1年以上経過したからといって外さなければいけない義務はないので、運転に自信がない人はつけておくと周囲のドライバーが気にかけてくれる可能性があります。

70歳以上のドライバーの方は高齢者マーク(もみじマーク?四つ葉マーク)を付けましょう。

シートの位置をあわせる

快適な運転をするにはまず、座席シートの位置をあわせましょう。

座席シートの位置をあわせる手順は以下の5つです。

座席シートの位置を合わせよう!

シートには深く座る

しっかり踏ん張れるようシートをスライドさせる

肩をシートに密著させたままハンドルを操作できる高さに調節する

視野が広くなるようにシートは高めに調節する

ヘッドレストを調節してムチ打ちを防止する

ハンドルの位置やシートの高さを調節する際に、スピードメーターが見えなくならないように注意しましょう

ルームミラーとドアミラーの調整

運転が苦手な人は、車線変更や後方駐車が苦手なケースが多いです。そのため、発進前に必ずミラーの調整をしておきましょう。ルームミラーは車の中央にあわせると後続車の位置を把握しやすくなります。

ドアミラーは路面が3分の2程度うつるように少しだけ下に向けます。

多くの人がつまづく苦手シチュエーション3選

運転 苦手
運転が苦手と感じる方の中には、交差點での右折や車線変更、後方駐車、高速道路の走行に不安のある方が多いのではないでしょうか。この中から3つのシチュエーションを選び、苦手克服のためのポイントや注意點を解説していきます。

苦手なシーンあるある

それぞれのテクニックポイントや注意點を紹介していきます。

交差點での右折

「直進してくる対向車とお見合い衝突しそう…」
「交差點の真ん中で赤信號に変わってしまうかもしれない。」

などの不安要素がたくさん出てきます。ではさっそく、注意しておくべきポイントと流れを確認してみましょう。

交差點を右折するテクニック

ウィンカーは30m手前で早めに出す!

センターラインと平行に車を止める

対向車や歩行者の動きを確認しながら、少しずつ前進しておく(意思表示)

タイミングを見て、交差點の中心のすぐ內側を通るように右折する

ここでスムーズに右折するコツは、対向車に當たらないようにハンドルを切りながら少しずつ前進をすること。周囲に自分が右折をしたいという意思表示になります。

少しずつ前進すると同時に、対向車と歩行者を確認しましょう。対向車のスピードによっては交差點までに到達する時間が変わるため、動きを見極めるのもポイントです。

注意點としては、交差點內を最短距離で曲がろうとして斜めに突っ切らないことです。突然自転車が出てくる可能性もあるため、道路のガイドラインに沿って安全に右折しましょう。

車線変更

「後ろが見えにくいから車線変更は不安だな。」
「隣の車線に入るタイミングがわからない…」

などと不安や課題を感じている方はいるでしょう。では、車線変更がスムーズにできるようになるコツを紹介します。

車線変更のテクニック

入りたい車線の速度にあわせる

ウィンカーを3秒前に出しておく

ミラーを確認後、真橫を目視で安全か確認する

ハンドルをゆっくりを傾ける

車線変更のコツは、入りたい車線にいる車の速度に合わせウィンカーで意思表示することです。相手に意思を表示することで、速度を落とし車線変更しやすいようにスペースを空けてくれる場合があります。無理のない車線変更を心がけましょう。

ただし、橫から出てくる車やバイクに注意する必要があります。特にバイクはボディが小さいため、ミラーでは映らない真橫にいる場合が多いです。しっかりと目視で安全確認をすることが事故を防ぐポイントです。

駐車

多くのドライバーがつまづく最も多いシチュエーションが駐車(車庫入れ)です。

「バック駐車ができないのに週末のドライブデートで恥ずかしいところを見せたくない。」
「車の動きとハンドルの動きが焦るとわからなくなってしまう…」
「まわりの車にぶつけそうで怖い。」

迷うことなくスムーズに駐車ができるかっこいいドライバーを目指しましょう。

STEP1:隣の車に対し、垂直になるように寄せて停車する

駐車STEP1
駐車している隣の車に対して、垂直になるように車を寄せて停車をします。隣の車にはおよそ50cm程寄せておきます。

STEP2:ハンドルを右いっぱいに切って前進する

駐車STEP2
ハンドルを右いっぱいみ切り、停車していた位置から斜め45度程に向かって前進しましょう。

STEP3:左のドアミラーで車の向きを確認

駐車STEP3
斜め右前に出たら左のドアミラー(サイドミラー)で車の向きと位置を確認しましょう。

このとき、隣の車の右前と乗っている車の左後ろの間隔が空きすぎていないかまたは狹すぎないかを確認しておきます。

STEP4:まっすぐにゆっくりとバックする

駐車STEP4
左のドアミラーで確認できたら、ゆっくりと後退します。後退する目安は、左後ろのタイヤと隣の車の右前端が一直線になるところまで下がりましょう。

STEP5:左後ろのタイヤが隣の車の右前端を通過したらハンドルを左に切る

駐車STEP5
左後ろのタイヤが隣の車の右前端を通過したらハンドルを左にゆっくりとまわします。ハンドルをまわしながら、ゆっくりと後退しましょう。

STEP6:ハンドルが垂直になるようゆっくりと戻しながら後ろに下がる

駐車STEP6
車體が隣の車に対してまっすぐになったと感じたら、ハンドルが垂直になるようにゆっくりを戻します。そのまま後退しながらドアミラーの位置と隣の車のドアミラーが一直線になるところで止まりましょう。

このとき、バックカメラがある車は後ろに障害物がないかを確認して、安全に下がることができます。

もし、車體がまだ駐車スペースに対して曲がっている場合は、ハンドル操作をしながら前進してもう一度後退しましょう。

駐車?車庫入れのテクニックは図解を用いて解説してきました。縦列駐車を復習したいという方は「駐車の苦手が克服できる図解付きテクニックを紹介」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

ここまで、多くのドライバーが苦手とするシチュエーション3つを克服するテクニックを解説してきました。より運転をラクにしてくれるオプションを紹介していきます。

運転ベタも安心!運転をラクにしてくれるオプションを紹介

運転 安全オプション
最近では、車の安全裝置の開発が進歩しています。自身の運転技術だけではなく、最新技術のサポートを受けることで判斷ミスや疲労が軽減され、事故のリスクが減ってきています。

もしもの場合に備えての安全裝置やオプションを付ければ、運転技術に自信のない方でもより安全なドライブライフを送れることができます。

後から裝備できるバックカメラ

バックカメラは車體の後ろを映すことで、駐車?車庫入れなどの後退をする際に活躍するオプションです。

車の購入時に付ける必要はなく、後付けできる便利なところもポイントのひとつ。

車體の後ろが見える!アラウンドビューモニター

アラウンドビューモニターとは、ドライバーが目視だけで確認しにくい車體周辺の狀況を、モニターでリアルタイムに把握できるシステムです。

バックカメラのように車體の後ろが見えるだけでなく、車體を上部から見た映像を映すこともできます。

周りの障害物を確認できるパーキングソナー

車體の周辺に障害物や人が近づいたときに、アラームが鳴り注意喚起をしてくれるシステムです。

ソナーがあるだけで、車體の傷や凹みを減らすことができます。また、目視できない小さな子どもが死角に入った場合でもすぐに感知でき、事故を防ぐことが可能。

自動でらくらく駐車アシストシステム

駐車アシストシステムは、駐車時のハンドル操作をアシストしてくれる機能

バック駐車と縦列駐車をする際に、ハンドルが自動で回転し、車體を駐車スペース內に入れることができます。ハンドル操作は自動ですが、前進のアクセルと後退ブレーキのシフトチェンジ操作はドライバーが行います

緊急停止!自動ブレーキシステム

自動ブレーキは、正式に「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)」または「先進緊急ブレーキ」と呼びます。急に飛び出してきた歩行者に対して、ドライバーのブレーキが遅れた場合は、衝突を察知して自動的にブレーキをかけて停止あるいは減速させる裝置です。

2021年11月以降にフルモデルチェンジを予定する新車(國産車)を対象に自動ブレーキの義務化が決まっています。

自動ブレーキのない古い車は、後付け可能な「踏み間違い加速制御システム」がおすすめです。踏み間違いを検出した場合にはエンジン出力を制御することができます。

まとめ

運転免許をもっていても、長期間運転していない場合は技術や交通ルールを忘れてしまいます。

そんなペーパードライバーと呼ばれる方や初心者は、苦手意識レベルにあった練習方法を実踐してみてはいかがでしょうか。

より安全にドライブをしたいという方は、運転をラクにしてくれるオプションを購入時に付けたり、車體に後付けしてみてください。

練習する際は無理なく安全を第一に運転しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
彭州市| 巴青县| 林甸县| 西乡县| 嘉兴市| 江油市| 甘洛县| 全椒县| 阿图什市| 永丰县|