pagetop
  • 車知識
  • 更新日:
  • 公開日: 2020-10-27

ランドクルーザーの維持費は年間40萬円!必要な費用と內訳を公開

ランドクルーザー 維持費

累計世界販売が1,000萬臺を超えたトヨタ?ランドクルーザー。

耐久性や悪路走破性の高さから、購入を検討している人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、世界的に著名な最高峰4WD車だけに、維持についても不安がありますよね。

主に、車の維持費は4つの費用に區分できます。

維持費の內容4つ

  • ガソリン代
  • 自動車稅
  • 車検?メンテナンス費用
  • 任意保険料

高級車なので車體価格ばかりに目が行きがちですが、維持費を忘れると購入後が大変です。

買ってすぐに手放さないためにも、維持費のことはきちんと考えておかねばなりません。

そこで今回の記事では、ランドクルーザーの維持費を4つの費用別に解説していきます。

當ページを読めば、ランドクルーザーの維持費を把握できて購入後の役に立ちます。

専門用語を少なくしたり説明を加えたりしながら解説しますので、気軽にご覧ください。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

ランドクルーザーの年間維持費は40萬4,000円

トヨタ「ランドクルーザー」公式ページトップ引用トヨタ「ランドクルーザー」

ランドクルーザーに必要な維持費は、年間約404,000円です。

まずは、ランドクルーザーがどんな車なのか簡単に解説します。

日本では、「ランクル」の愛稱で親しまれている大型クロスカントリー車です。

圧倒的な耐久性や走破性があるため、一般的な車とはフレーム構造や裝備などが異なります。
※クロスカントリー車:未舗裝路の走行を前提として設計された車のことで略してクロカン、あるいはオフロード車とも呼ばれる

命に直結するため、開発に妥協は一切ありません。

テストドライバーもうんざりするほどの過酷な環境下でテストして、想定外の故障をさせないため「壊れ方」まで研究しているのです。
※砂漠を走行中に車が停止すると命に係る

そんなランドクルーザーは1951年から販売されていて、現在は2007年に登場した「200系」が販売されています。

車體価格は482.7~697.4萬円、乗車人數は、5/8名です。

以下は、ランドクルーザーの年間維持費の內訳です。

項目 1年間の維持費
ガソリン代 218,500円
自動車稅 87,000円
車検?メンテナンス費用 75,000円
任意保険料 23,400円
合計 403,900円

車検は新車時からは3年、以降は2年ごとに受ける必要がありますが、ほかの費用と統一するために1年あたりの金額に換算して掲載しています。

ここまでは、ランドクルーザーの特徴や1年間の維持費をご紹介しました。ここからは、上記表の項目ごとに內訳を見ていきます。

ガソリン代:1年に8,000キロ走行で21萬8,500円

ガソリン代:1年に8,000キロ走行で21萬8,500円

ランドクルーザーで年間8,000kmを走行したとき、ガソリン代は約218,500円です。

そもそも車の年間ガソリン代を求めるには、車の燃費性能を把握しなければなりません。

以下の表に、ランドクルーザーのカタログ燃費と実燃費をグレードごとにまとめました。

グレード JC08モード燃費 実燃費
GX 6.9km/L 5.4km/L
AX “Gセレクション” 6.7km/L
ZX 6.7km/L

※実燃費はe燃費から引用
※JC08モード:國土交通省審査値

実際に走行して測定した「実燃費」を基に、年間のガソリン代を計算していきます。

走行距離はドライバーの目的や用途によって異なるので、いくつかの走行距離を用意して個別にシミュレーションという形で求めます。

なお、ガソリン代については産油國の情勢によって変動しないものとします。

以上を踏まえて、走行距離別にランドクルーザーのガソリン代を求めていきましょう。

ランドクルーザーのガソリン代をシミュレーション

ランドクルーザーの1年間のガソリン代を、3種類の走行距離に分けて計算します。

走行距離パターン

?年間走行距離:3,000km

?年間走行距離:5,000km

?年間走行距離:8,000km

以下は、ガソリン代を求めるための計算式です。

ガソリン代の計算式

?ガソリン使用量:
走行距離(km)÷実燃費(km/L)

?ガソリン代:
ガソリン使用量(L)×1リッターのガソリン価格(円)

ランドクルーザーの使用燃料は、全グレードともハイオクガソリンです。

e燃費調べによる2020年1月現在のハイオクガソリンのガソリン価格は、全國平均で「1リッター154円」です。

よって、シミュレーションでは1リッター154円を採用します。

下記から、走行距離別に計算していきましょう。

年間走行距離3,000キロの場合:ガソリン代は8萬5,550円

以下の表に、年間3,000kmで想定される用途をまとめました。

目的 想定される用途
日常/レジャー ?自宅近くへの買い物や子どもの送迎
?週末のドライブなど
通勤/通學 職場や學校への交通手段
(自宅から5km以內)

先ほどの計算式を用いて、ランドクルーザーのガソリン代を求めます。

ガソリン代の計算式

?ガソリン使用量:
3,000(km)÷5.4(km/L)=555.5(L)

?ガソリン代:
555.5(L)×154(円)=85,547(円)

ランドクルーザーで年間3,000kmを走行すると、85,547円のガソリン代が必要です。

年間走行距離5,000キロの場合:ガソリン代は14萬2,600円

次は、年間走行距離5,000kmで想定される用途です。

目的 想定される用途
日常/レジャー ?自宅近くへの買い物や子どもの送迎
?月1回の長距離ドライブ
通勤/通學 職場や學校への交通手段
(自宅から7km以內)

計算式を使って、ランドクルーザーのガソリン代を計算します。

ガソリン代の計算式

?ガソリン使用量:
5,000(km)÷5.4(km/L)=925.9(L)

?ガソリン代:
925.9(L)×154(円)=142,588(円)

ランドクルーザーで年間5000kmを走行すると、142,588円のガソリン代が必要です。

年間走行距離8,000キロの場合:ガソリン代は21萬8,500円

最後は、年間走行距離8,000kmで想定される用途です。

目的 想定される用途
日常/レジャー ?週末のドライブ
加えて、
?月數回の長距離ドライブ
通勤/通學 職場や學校への交通手段
(自宅から10km以內)

同じく、計算式でランドクルーザーのガソリン代を計算します。

ガソリン代の計算式

?ガソリン使用量:
8,000(km)÷5.4(km/L)=1,481.4(L)

?ガソリン代:
1,418.4(L)×154(円)=218,433(円)

ランドクルーザーで年間8,000km走行すると、218,433円のガソリン代が必要です。

上記の走行距離で3年間、ランドクルーザーに乗り続けたと仮定した場合のガソリン代を、以下の表にまとめました。

ランドクルーザー購入前の參考にしてください。

年間走行距離 1年 2年 3年
3,000km 85,547円 171,094円 256,641円
5,000km 142,588円 285,176円 427,764円
8,000km 218,433円 436,866円 655,299円

ここまでは、ランドクルーザーのガソリン代を走行距離ごとに分けてシミュレーションしました。

ここからは、ランドクルーザーの自動車稅について解説していきます。

自動車稅:8萬7,000円

自動車稅:8萬7,000円

ランドクルーザーの自動車稅は、年間87,000円です。

自動車稅は條件による區分があり、區分ごとに課稅額は異なります。

自動車稅の區分と條件

?自家用/営業用

?普通車/軽自動車

?新規登録から13年未満/新規登録から13年以上が経過

?エコカー減稅の対象/エコカー減稅の対象外

?総排気量の區分(軽自動車は660ccのため課稅額は一律)

ランドクルーザーは、「1ナンバー登録」で維持費を抑える方法が採られることもあります。

※1ナンバー登録(貨物車登録):

?

定められた條件を満たすことで取得可能で、稅金は抑えられるが車検の頻度が1年に1回になるというデメリットもある

しかし、今回の記事では3ナンバーで登録されたものとして話を進めていきます。

以上を踏まえて、ランドクルーザーの自動車稅を見ていきましょう。

自家用乗用車の自動車稅區分

「自動車稅」とは、毎年4月1日時點での車の所有者に課稅義務が生じる稅金のことです。

稅金の種類が異なるため、普通車は「自動車稅」、軽自動車は「軽自動車稅」と呼び分けられています。
※自動車稅は都道府県稅、軽自動車は市區町村稅

自動車稅で最も安いのは區分が「1リッター以下」の29,500円で、1リッター超からは0.5リッター単位で課稅額は上がります。

ランドクルーザーのエンジンは4,608ccと大排気量で、區分は「4.5リッター超~6.0リッター以下」です。

2019年10月1日からの消費増稅に伴って、同日以降に新車登録した車には新稅制における自動車稅が適用されます。

自動車稅/軽自動車稅の稅額を、舊稅制と新稅制別に表へまとめました。
※スマホで以下の表が見づらい場合は畫面を橫にしてご覧ください

2019年10月1日
以降
2019年9月30日
以前
1リッター以下 25,000円 29,500円
1リッター超~
1.5リッター以下
30,500円 34,500円
1.5リッター超~
2.0リッター以下
36,000円 39,500円
2.0リッター超~
2.5リッター以下
43,500円 45,000円
2.5リッター超~
3.0リッター以下
57,000円 51,000円
3.0リッター超~
3.5リッター以下
50,000円 58,000円
3.5リッター超~
4.0リッター以下
65,500円 66,500円
4.0リッター超~
4.5リッター以下
75,500円 76,500円
4.5リッター超~
6.0リッター以下
87,000円 88,000円
6.0リッター超 11,0000円 111,000円
軽自動車稅 10,800円

環境負荷の低い小排気量の車は新稅制によって明確に課稅額が下がっていますが、大排気量の車は環境負荷が大きいため減額はささやかなものとなっています。

ランドクルーザーの場合、排気量が大きいので新稅制前後で年間1,000円しか減稅されず、87,000円となります。

中古車など2019年9月30日以前に新車登録されたランドクルーザーを購入した場合は、舊稅制のまま年間88,000円の自動車稅が課稅されます。

つまり、新舊稅制を比較しても課稅額は1,000円しか変わらないため狀態の良い中古車ならば新車よりもお得になる可能性が高いとも言えます。

ここまでは、ランドクルーザーの自動車稅について解説しました。

車検代とメンテナンス費用:年間7萬5,000円

車検代とメンテナンス費用

ここからは、ランドクルーザーの車検代とメンテナンス費用について解説します。

ひとくくりに車検といっても、いろいろな要因で費用は変わります。

関連項目 費用の傾向
高い 安い
車検を依頼先 ディーラー ?街の整備工場
?ユーザー車検
メンテナンス 純正部品 ?社外品
?再生品
?中古品
整備箇所 多い
(予防整備もある)
少ない
(必要な箇所が中心)
車の年式 古い 新しい
車の走行距離 多い 少ない

表からわかる通り、年式?走行距離といった車の狀態だけでなく、どこで車検を受けるのかによっても費用は変わります。

ただし、ディーラーで車検を受けると「メーカー直系の設備や技術で車を點検?整備してもらえて安心して乗れる」という大きなメリットがあることも事実です。

なお、以下は車検のタイミングで交換が推奨されている消耗品の一例です。

交換推奨アイテム例

?エンジンオイル

?オイルフィルター

?バッテリー

?ブレーキフルード

?ブレーキパッド

?エアクリーナー

?タイヤ

?クーラント液

?デフオイル

?AT/CVTフルード

あくまでも車は工業製品なので、経年劣化や走行による部品の消耗などが起こります。

部品が高額で交換に時間がかかると、乗じて整備費用も高額になってしまうのです。

以上を踏まえて、ランドクルーザーの車検費用について説明していきます。

車検費用:15萬円前後が相場

ランドクルーザーの車検費用は、2年間で15萬円前後が相場です。

ただし、「15萬円前後」というのはディーラーで車検を受けたときの費用で、街の整備工場やユーザー車検なら10萬円前後に収まることもあります。
※ユーザー車検:オーナー自らが車検場へ愛車を持ち込んで車検を受けること

そもそも車検には、代行費用や點検/整備費用以外に法定費用というものがあります。

稅金や自賠責保険料の総稱のことなので、どこで車検を受けてもほとんど法定費用は変わりません。

【法定費用の內訳】

?自賠責保険料

?自動車重量稅

?印紙代

ランドクルーザーの法定費用について、下記で詳しく見ていきましょう。

自賠責保険料:2萬5,830円

ランドクルーザーの自賠責保険料は、2年間で25,830円です。

「自賠責保険」は、法律により車の所有者が加入を義務付けられていることから「強制保険」の異名を持ちます。

強制なのは、加害者ではなく被害者側の救済が主な目的だからです。

加入する期間や自動車の區分により、保険料は異なります。
※スマホで以下の表が見づらい場合は畫面を橫にしてご覧ください

【自賠責保険料の一覧】
保険期間 普通車 軽自動車
12ヶ月 15,520円 15,130円
13ヶ月 16,380円 15,960円
24ヶ月 25,830円 25,070円
25ヶ月 26,680円 25,880円
36ヶ月 35,950円 34,820円
37ヶ月 36,780円 35,610円

加入は、車検のタイミングが一般的です。

新車なら36ヶ月、2回目以降の車検(継続検査)なら24ヶ月で加入します。

25ヶ月や37ヶ月といった車検期間より1ヶ月多い期間が用意されているのは、車検切れになっても自賠責保険が切れないようにするためです。

普通車も軽自動車も、車種によって保険料が変わることはありません。

自動車重量稅:4萬1,000円

ランドクルーザーの自動車重量稅は、2年で41,000円です。

「自動車重量稅」は、車両重量が増えるほど課稅額も高額になります。

24ヶ月の継続車検において、最も課稅額が低いのは「500kg以下」の8,200円です。

500kg上がるごとに課稅額は上がっていき、最大で「3,000kg以下」の49,200円まで増えます。
※スマホで以下の表が見づらい場合は畫面を橫にしてご覧ください

車両重量 24ヶ月 36ヶ月
~500kg以下 8,200円 12,300円
~1,000kg以下 16,400円 24,600円
~1,500kg以下 24,600円 36,900円
~2,000kg以下 32,800円 49,200円
~2,500kg以下 41,000円 61,500円
~3,000kg以下 49,200円 73,800円

※13年/18年経過車の重量稅は割愛

ただし、ランドクルーザーはグレードによって車両重量が違います。

車両重量 課稅額
GX 2,430kg 41,000円
AX 2,490kg 41,000円
AX“Gセレクション” 2,530kg 49,200円
ZX 2,690kg 49,200円

「GX」と「AX」は「~2,500kg以下」に分類されるため、自動車重量稅は41,000円です。

「AX“Gセレクション”」と「ZX」は「~3,000kg以下」なので、課稅額は49,200円です。

たとえ同じ車種でも、2つのグレードでは8,200円も費用に差が出てしまいます。

印紙代:1,100円

指定工場で車検を受けたとき、ランドクルーザーの印紙代は1,100円です。

「印紙代」は、車検の審査や検査適合証の発行に必要な手數料のことです。

認定工場と指定工場のどちらで車検を受けるかによって、印紙代は少し違います。

認定工場 指定工場
特徴 地方運輸局長の認証を受けた工場 ?一定の基準を満たした認証工場
?自社に検査ラインがある
印紙代 3ナンバー:1,800円
5ナンバー:1,700円
軽自動車:1,400円
一律1,100円

指定工場で車検を受ければ、車の大きさや種類で印紙代が変わることはありません。

しかし、認定工場の場合は車のナンバーや種類によって印紙代が異なります。

仮にランドクルーザーが認定工場で車検を受けるとすれば、1,800円の印紙代が必要です。

ここまでは、ランドクルーザーの車検とメンテナンス費用について解説しました。

任意保険料:20等級、一般的な走行距離の場合は2萬3,400円

任意保険:20等級、一般的な走行距離の場合は2萬3,400円

ここからは、ランドクルーザーの任意保険料について解説します。

20等級で年間8,000kmを走行する場合、23,410円の任意保険料が必要です。

「任意保険」とは、自賠責保険でカバーできない部分の補償をしてもらえる保険のことです。

自賠責保険でカバーできない補償

?

?対人賠償:自賠責保険の限度額を超える対人賠償

?対物賠償:車や住宅といった相手の所有物を壊したときの賠償

?人身傷害?搭乗者傷害:運転者や同乗者のケガや死亡時の賠償

任意保険は、「ノンフリート等級制度」が採用されています。

等級は契約者の事故リスクの評価であり、新規は6等級からスタートします。

契約から1年間事故を起こさないと等級は翌年に1つあがり、事故を起こすと翌年は1~3等級ダウンします。

保険料のシミュレーションでは、以下の條件を設定します。

保険料試算の條件

?免許証の色:ブルー

?運転者の範囲:本人?配偶者限定

?年齢條件の適用範囲:35歳以上

?年式:2017年

?主な使用用途:通勤?通學

なお、想定する保険會社は「代理店型」ではなく「通販型」(ダイレクト型)とします。

申し込み時に適用されるインターネット割引は、保険料に含めます。

下記より、等級別に説明していきます。

15等級の場合

15等級のランドクルーザーの任意保険料は「車両保険なしで32,520円」です。

なお、ランドクルーザーは料率クラスの數字が大きいため、WEB上では「車両保険あり」のシミュレーション結果を出せませんでした。
※料率クラス:保険金支払いの実績が大きな型式のこと、數字が大きくなるほどリスクが高い

20等級の場合

20等級のランドクルーザーの任意保険料は「車両保険なしで23,410円」です。

15等級同様に、「車両保険あり」の保険料を算出できませんでした。

ここまでは、ランドクルーザーの任意保険料について解説しました。

ランドクルーザーの維持費を安く抑えるコツ

ランドクルーザーの維持費を安く抑えるコツ

最後に、ランドクルーザーの維持費を安くするための方法をご紹介します。

ランドクルーザーの維持費を抑えるための方法は、以下のとおりです。

維持費節約のポイント

?保険の內容を検討する

?維持費を安く抑えるテクニックを駆使する

下記から、順に説明していきます。

保険の內容を検討する

ランドクルーザーの維持費を安く抑えるには、保険の內容を検討しましょう。

代表的なものには、車両保険があります。

ランドクルーザーはリセールバリューが高いため、筆者としては「なるべく車両保険は付けておくこと」をおすすめします。
※「リセールバリュー」…一度購入したものを販売するときの再販価値のこと

修理代が高額になりがちなランドクルーザーで事故を起こしてしまった際の費用負擔を軽減できるからです。

萬が一故障箇所をそのままに放置してしまえば、いざ売卻するときに査定額が大幅に下げられてしまう可能性もあり、結果的に大きな損をすることもあります。

以下は、車両保険のほかに見直すものの一例です。

見直しポイント

?年齢條件:低く設定しすぎていないか

?運転者條件:普段運転しない人も含めていないか

?割引:活用できそうな內容の割引はないか

車両保険を含めて、任意保険の內容をもう一度見直すことでランドクルーザーの維持費を安く抑えることができます。

維持費を安く抑えるその他テクニック

保険の見直し以外に維持費を安く抑える方法は、以下のとおりです。

維持費節約のポイント

?ディーラー以外でのメンテナンスも検討する

?燃費を良くするための工夫をする

相対的にディーラーでの點検や整備は高額なので、「大きな整備はディーラー」「簡単な整備は街の整備工場」といったように使い分けると良いでしょう。

整備に自信があれば、DIYなら維持費を大きく抑えられます。

以下は、燃費を良くするための一例です。

燃費向上のポイント

?不要な荷物を下ろして車體をできるだけ軽くする

?タイヤの空気圧を適正な狀態に保つ

?急発進や急ブレーキを避ける

以上の方法を使うことで、ランドクルーザーの維持費を安く抑えることができます。

まとめ

今回の記事では、ランドクルーザーの維持費を4つの費用別に解説しました。

以下に、ここまでお伝えした內容をまとめます。

ポイントの振り返り

  • 維持費は大きくガソリン代?自動車稅?車検費用?任意保険の4つ
  • 車検に含まれる法定費用は自賠責保険料?自動車重量稅?印紙代の3つ
  • 任意保険は自賠責保険ではカバーできない範囲の補償を補ってくれる
  • 維持費を安く抑えるなら保険の見直しやメンテナンス、燃費などを見直すこと

ランドクルーザーの年間維持費は、約404,000円でした。

高級車だけに維持費も高額ですが、維持できそうならディーラーや中古車販売店で試乗してみましょう。

あなたの愛車のランドクルーザーで、毎日の生活が豊かになることを願っています。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
左贡县| 玉溪市| 高尔夫| 陕西省| 武冈市| 梅州市| 堆龙德庆县| 平罗县| 察哈| 湘潭县|