pagetop
  • 車知識
  • 更新日:
  • 公開日: 2020-09-16

マツダのローン?殘クレを解説!CX-5でのシミュレーションも紹介

CX-5イメージ

この記事のポイント

  • マツダのローン(クレジット)は3種類
  • 月々の支払い負擔を軽くしたい方には「マツダスカイプラン」「マツダアドバンテージローン」がおすすめ
  • 自分の希望に沿って柔軟に支払いプランを決めたい方には「通常ローン(その他のクレジット)」がおすすめ

車を購入するにあたり、ローンや殘価設定型クレジットの利用を検討する方は多いでしょう。しかし、各メーカーがさまざまなローンやクレジットを取り扱っており、どれを選べばよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

マツダは大きく分けて3種類のローンを提供しています。當然それぞれ特徴が違うので、しっかりと把握して自分に合った方法を選ぶ必要があります。

そこでこの記事では、マツダが提供するローン?殘クレの特徴や、どれがどんな方におすすめなのかを解説していきます。

各支払い方法のメリットや注意すべき點を把握して、自分に合った支払い方法を選んでもらえれば幸いです。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。


マツダが提供するローン(クレジット)3種類を紹介

マツダローン3種

まずは、マツダが用意している以下3種類のローン(クレジット)の全體像を紹介します。次の3種類がマツダが提供してる3種類のローンです。

  • マツダスカイプラン
  • マツダアドバンテージローン
  • 通常ローン(クレジット)

それぞれの支払い方法の概要?特徴を以下にまとめました。

概要?特徴
マツダスカイプラン ?殘価設定型クレジット
?殘価を除いた金額を支払うため、月々の支払い額が軽くなる
?最終支払い時には車の乗り換え?買取?返卻の3つの方法が選べる
マツダアドバンテージローン ?5年間の殘価設定型クレジット
?據置額を除いた金額を支払うため、月々の支払い額が軽くなる
?最終支払い時には車の乗り換え?買取?返卻の3つの方法が選べる
通常ローン ?自分の希望に合わせて支払いプランを設定できるクレジット
?返済回數指定クレジット、返済金額指定クレジット、ステップクレジットの3つに分かれる
?均等払いかボーナス併用払いが選べる

メーカーが提供するローンについては「クレジット」という言葉がよく使われますが、利用者としては「ローン」として思い浮かべるものと同様の支払い形式だと考えて問題ありません

ローンは「お金を借りて費用を支払う」こと、クレジットは「後から費用を支払う」ことを指し、メーカーが提供するサービスは後者にあたるのです。

以下で、それぞれの支払い方法について解説していきます。

「マツダスカイプラン」は月々の支払い負擔を軽くしたい方におすすめ

マツダスカイプランは、いわゆる殘価設定型クレジットです。

「殘価設定型クレジット」は、その名の通り設定した期間を経た後の車の殘価(想定される車の將來の価値)を設定したうえで、殘価を除いた金額を分割して支払っていく支払い形式です。「殘クレ」とも呼ばれます。

殘価を設定することで月々の支払い額を軽減できるのが最大のメリットです。使用期間を決めなくてはならないものの、購入とは違い全額を払わなければいけないわけではないため予算に余裕ができます。その分ワンランク上の車を選ぶこともできます。

殘価設定型クレジットについてさらに詳しく知りたい方は「殘価設定型クレジットは本當にお得?メリット?デメリットを徹底解説」もあわせてご覧ください。

マツダスカイプランはスタンダードな殘価設定型クレジットで、期間を設定して殘価を保証してもらいます。殘価保証に関する規定はあるものの、返卻時に中古車相場が殘価を下回っていたとしても、差額を負擔せずに済むのです。

殘価額は車両本體価格(消費稅抜)×殘価率で計算され、1,000km/月のプランだと殘価率は以下となります。

  • 3年型:55%
  • 4年型:43%
  • 5年型:35%
  • 6年型:30%

また、最終回の支払い方法(殘価の清算方法)は「乗り換え」「買取」「返卻」の3つから選ぶことができます。

買取の場合、つまり車を買い取ってそのまま乗り続ける場合は殘価分を一括で支払うか、再度分割して支払うことになります。乗り換えや返卻の場合は、車両を手放すだけで問題ありません。

さらに、マツダの殘価設定型クレジットは実質年率が1.99%と低めに設定されているのも嬉しいポイントです。

注意すべき點としては、走行距離の上限が設定されることや改造ができないことが挙げられますが、普段の使用に大きな問題が生じることはないでしょう。走行距離の上限はひと月あたり1,000kmもしくは1,500kmから選ぶことができます。

マツダスカイプランは、數年の使用を前提としている方や月々の支払い額をおさえたい方には特におすすめです。

「マツダアドバンテージローン」は月々の支払い額を軽減しつつ車を自分好みにカスタマイズしたい方におすすめ

マツダアドバンテージローンは、據置額設定型クレジットです。基本的な支払い形式はマツダスカイプラン(殘価設定型クレジット)と同じですが、「殘価」ではなく「據置額」を設定することが大きな違いです。

「殘価」は設定する期間によって一意に定められていますが、「據置額」は定められた範囲の中で設定することができます。月々の支払い額を柔軟に調整できるのがメリットです。

ただし、據置額は殘価と違い保証されるものではないことには注意してください。設定した期間が経過した後に車の査定額が據置額を上回る場合は、超過額を支払わなければなりません。

據置額は車の価値を保証するものではないのは、すでにお伝えした通りです。ということは、価値を保証してもらうための條件に縛られる必要がないということでもあります。殘価設定型クレジットと違い、車のカスタマイズやドレスアップを自由にできることは車好きの方にとっては特に嬉しいポイントではないでしょうか。

マツダアドバンテージローンは、月々の支払い額を軽減しつつ車を自分好みにカスタマイズしたい方におすすめです。

通常ローン(その他のクレジット)は自分の希望に沿って柔軟に支払い方法を決めたい方におすすめ

自分の希望に沿って柔軟に支払いプランを設定したい方は、通常ローン(その他のクレジット)を利用しましょう。月々の支払い額や支払い期間を自由に設定することができます

通常ローン(クレジット)は以下の3種類に分かれ、均等払いもしくはボーナス払いを選ぶことができます。

  • 返済回數指定クレジット:支払い期間を選んで月々の支払い額を決める一般的なプラン
  • 返済金額指定クレジット:月々の支払い額を決めて支払い回數を決めるプラン
  • ステップクレジット:ライフスタイルにあわせて支払い期間中に最大3段階までの支払い額を設定できるプラン

返済回數指定クレジットと返済金額指定クレジットはイメージがしやすいかと思います。

ステップクレジットは自分の支払い計畫にあわせて、支払い額を最大3段階に分けて設定できる支払いプランです。「就職して間もないため1年目は支払い額を低く抑えておきたい」といった事情にあわせてローンを組むのに最適なので、自分のライフスタイルにあわせてうまく利用しましょう。

通常ローンはスタンダードなプランです。自分の希望に沿って柔軟に支払いプランを決めたい方には特におすすめです。

ここまで、マツダが用意しているローンについて解説してきました。以下では、それぞれの支払い方法でのシミュレーション結果を紹介します。

CX-5購入時のローンシミュレーション

マツダのローンシミュレーション
ここからはマツダの大人気クロスオーバーSUV「CX-5」を例に、ここまで紹介してきたローンを利用した場合のシミュレーション結果を紹介します。グレードはXD PROACTIVE(2WD 6EC-AT)とします。本體価格は稅込3,173,500円で、ここではわかりやすようにオプション費用、諸費用ともに0円とします。

また支払期間はすべて5年前後に揃えております。

マツダスカイプラン(月間1000km)のシミュレーション

 

?月々の支払額:39,269円(×59回)

?最終回1回前お支払額:39,605円

?最終回お支払額(殘価):1,009,000円

?分割払い手數料:213,216円

?支払総額:3,386,716円

 

マツダアドバンテージプランのシミュレーション

 

?月々の支払額:45,423円(×60回)

?最終回お支払額(殘価):865,000円

?分割払い手數料:416,880円

?支払総額:3,590,380円

 

通常ローン(60回払い)のシミュレーション

 

?月々の支払額:61,205円(×59回)

?最終回お支払い額:61,185円

?分割払い手數料:498,780円

?支払総額:3,672,280円

 

このように見ていくとマツダスカイプランの分割手數料の低さが目立ちます。殘価設定型ローンはいま人気の支払い方法で、実質金利も低く抑えられています。マツダのローンを使用するのであれば、殘価設定型ローンの特徴を踏まえたうえで、スカイプランを第一に検討することをおすすめします。

その他の車種でのシミュレーションはマツダのクレジットシミュレーションページから行えます。頭金を設定する場合など、細かく條件を指定できるので、ぜひ利用してみてください。

マツダ以外のローンの利用も検討してみよう

マツダの車を購入する際に利用できるローンは、メーカーが提供するものだけではありません。金利の低さを重視するなら、銀行系ローンの利用も検討するのがおすすめです。

メーカーが用意しているローンは金利が高めに設定されています。マツダにおいては殘価設定型クレジットの金利こそ低いものの、通常ローンの金利は低いとは言い切れません。公式サイトにははっきりと記載されていませんが、シミュレーションページの初期値は5.9%に設定されています。

車種や支払いプランによって異なるため詳しくは販売店に問い合わせる必要がありますが、一般的には銀行系ローンの方が金利が低いです。メーカーのローンの金利が6%ほどであるのに対し、銀行系ローンは1.5~4%ほどだと考えてください。

低い金利を選びたいのであれば、まずは身近な銀行が提供しているローンについて調べてみたり問い合わせてみたりすることをおすすめします。

銀行系ローンについても詳しく説明した記事を紹介するので、ぜひ參考にしてください。
參照中古車の自動車ローンを徹底比較!分割で買うならこの方法がおすすめ
參照中古車ローンの金利を徹底比較!おすすめの低金利ローンを紹介
參照中古車ローンの支払い方式と金利シミュレーションを解説【初心者向け】

まとめ

この記事では、マツダが提供するローン(クレジット)について解説してきました。

マツダは、大きく分けて3種類のローンを用意しています。

月々の支払い額を抑えたい方はマツダスカイプランやマツダアドバンテージローン、自分似合った支払いプランを設定したい方は通常ローン(その他のクレジット)の利用がおすすめです。

通常ローンの利用を考えていて金利の低さを求める方は、マツダのローンだけでなく銀行系ローンの利用も検討することをおすすめします。

ローン購入のイメージが大體ついてきたら、売卻も検討してみてください。自分に合った売卻方法を知りたい方はナビクルの「車の売り方?買い方診斷」を一度利用してみてください。お車の狀態や普段の生活スタイルからあなたにピッタリの車の売買方法を提案することができます。

この記事が、あなたの車購入の手助けになれば幸いです。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放
叶城县| 东城区| 崇义县| 泉州市| 和顺县| 封开县| 武定县| 屏南县| 禄丰县| 永登县|