pagetop
  • 車知識
  • 更新日:
  • 公開日: 2020-12-16

新車購入者は必見!ローンの基礎知識から選ぶポイントまでを徹底解説

車と電卓

この記事のポイント

  • 新車購入時のローンの仕組みとメリット?デメリットが分かる
  • ローンを組む時の審査の流れと必要書類について解説
  • ローンを組む以外に新車に乗る方法を紹介

「新しい車を購入したいけどローンについて全く分からない」

「自分にはどんなローンがおすすめなのか知りたい」

新車の購入を検討されている方の中には、上記のような悩みを持っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。車は大きな買い物であり、一度に全ての支払いを終わらせることが難しいものです。

しかし、新車の購入時にローンを使えば月々に分けて無理なく少しずつ返済していくことができます。つまり、ローンとはお金を借りて車を買うということを指します。

ところで、お金を借りることにまだ不安や抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために本記事では、ローンを利用するメリット?デメリットやローンを組む際のチェックポイントなどについて丁寧に解説しています。

この記事を読めば、ローンについて徹底的に知ることができますので是非、最後までご覧ください。

車の買い替え?売卻の方法を検討されている方は、 ナビクルの「あなたにピッタリの車の売買方法を提案!車の売り方?乗り方診斷」 の利用がおすすめです。 お持ちの車の狀態や普段の生活スタイルからあなたに最適な車の売買方法を提案します。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

自動車保険をかんたん比較!

平均3萬円以上得する自動車保険が見つかるサービス

完全無料!最短3分の比較で、自動車保険が安くなる
最大20社比較できるから、自分にぴったりの自動車保険がすぐに見つかる
喜びの聲続々!平均節約額は3萬円以上、顧客満足度90%超
「どの保険會社に申し込めばいいかわからない」「一社ずつ見積もりを依頼するのが面倒」「自分に合った自動車保険がわからない……」
こんな方におすすめしたいのは、インズウェブの自動車保険の一括見積もりサービス。 一度に複數の保険會社を比較できるので、自分にぴったりの自動車保険をすぐに見つけることができます。 さらにいまなら、見積もり依頼するだけでハーゲンダッツアイスクリームをプレゼント。

ローンは新車に5年以上乗り、少しずつ返済をしたい方におすすめ

返済計畫を立てる人
ローンは一般的に住宅や自動車など、一度にすべての費用を準備することが難しいケースで利用されることが多いです。

ちなみに自動車ローンは「新車に5年以上乗り少しずつ返済をしたい方」におすすめの購入方法です。というのも、車は通常5?6年で買い替える方が多く、ちょうど7年目の車検前のタイミングで売ることでお得になるからです

「ローン=借金」なのであまり良いイメージがないかもしれませんが、上手く活用することでメリットを享受することができます。

そのためにも、まずはローンのメリット?デメリットを頭に入れておきましょう。

ローンのメリット

?一度に大金を準備する必要がない(手持ちの資金より高額の車を買える)

?ローンによっては特典の利用が可能

ローンを組む最大のメリットは、一度に大金を準備する必要がない點です。そのため、手持ちの資金よりも高額の車を購入できます。

またローンによっては傷害保険やロードサービスなどの特典が受けられる場合もあります。次にローンを利用する際のデメリットについてチェックしていきましょう。

ローンのデメリット

?支払い総額が一括の場合と比べて高くなることが多い

?ローン完済まで車の所有権がない

ローンのデメリットとしてまず挙げられるのは、支払い総額が一括の場合と比較して高くなる點です。

多くの場合ローンを利用すると金利が掛かってくるため、支払い総額がどうしても高くなってしまいます。またローンの返済が終わるまで車の所有権がないこともデメリットだといえます。

ローン返済中は車の所有権がローン會社になっていることが多く、もし車を売卻したいとなった場合は一括でローンを返済する必要が出てきます。

ここまででローンのメリット?デメリットについてお分かりいただけたのではないでしょうか。繰り返しになりますがローンは新車に5年以上乗る予定で、かつ計畫的な返済ができる方におすすめです。

反対に頻繁に車に乗り換えたい方はのちほど紹介するカーリースを検討しましょう。ちなみにローンにはいくつかの種類があり、ローンによって金利や審査期間などが異なっています。次にローンの種類とその特徴について具體的にみていきましょう。

ローンは3つの種類がある

ここではローンの具體的な種類とその特徴について紹介していきます。

ここではそれぞれのローンについて金利相場や審査機関に加えてメリット?デメリットを分かりやすく表にまとめています。

銀行ローン ディーラーローン 殘価クレジットローン
ローン提供先 銀行 ディーラーと提攜している信販會社
金利相場 年2%~4% 年5%~10% 年4%を切るものもある
審査期間 1~3営業日が一般的長いと7営業日程度 1時間程度 ローンの種類によって異なる
メリット ?利率が低い
?車が本人の名義になる
?幅広い用途で利用可(カー用品の購入など)
?審査に通りやすい
?車を購入する際の手続きと同時に申し込める
?月々の支払額が安い
?頭金やボーナス月の支払い不要
?殘価保証あり
?頭金やボーナス月の支払い不要
デメリット ?ローンが通るまでの審査が厳しい ?金利が高い ?支払い総額が高くなる
こういった方におすすめ ?とにかく支払額を安く抑えたい ?申し込みの手間を省きたい
?銀行ローンの審査に落ちてしまった
?3~5年で車を買い替えたい
?月々の支払額を抑えたい

銀行ローン

こんな方におすすめ

?とにかく支払総額を安く抑えたい

銀行ローンとはその名の通り、銀行が提供しているローンです。3種類のローンの中でも最も金利が低く、年2%~4%となっています。

とにかくローンの支払い総額を安く抑え、できるだけお得に車を購入したい方におすすめです。メリットとしては、やはり利率の低さが挙げられます。

また銀行ローンを利用した場合は車の所有権が本人の名義になるため、たとえローン返済中でも車を売りやすいのが特徴です。

ちなみに銀行ローンは車の購入以外にもタイヤなどカー用品の購入にも利用することができます。

しかし金利が低い一方でローンを通るまでの審査が厳しいというデメリットがあります。また審査に時間がかかるのもネックといえます。

おおよそ1~3営業日が一般的ですが、長いと7営業日程度掛かってしまいます。

ディーラーローン

こんな方におすすめ

?申し込みの手間を省きたい

?銀行ローンの審査に落ちてしまった

ディーラーローンは、大手メーカー系列のディーラーが提供しているローンです。金利は年5%~10%と銀行ローンと比べて高めに設定されています。

一方で審査に通りやすく審査時間も1時間ほどなので、「申し込みの手間を省きたい」「銀行ローンの審査に落ちてしまった」という方におすすめです。

また車を購入する際の手続きと同時に申し込むことができるので、手続きの手間が省けるのもメリットといえます。

殘価設定クレジットローン

こんな方におすすめ

?3~5年で車を買い替えたい

?月々の支払額を抑えたい

殘価設定クレジットローンは契約期間が終わった後の車の下取り価格(殘価)を購入費用から差し引いたうえでローンを組む方法です。

金利はローンの種類によって異なりますが、年4%を切るものもあります。

上記の「銀行ローン」「ディーラーローン」と異なり、通常の価格の50%~70%で契約できるため月々の支払いの負擔が少なくなるのがメリットといえます。

そのため、3~5年で車を買い替えたい方におすすめのローンです。

また車検を迎える前に車を返卻すると次の車に乗ることができ、車検費用を節約できるというのもポイントです。

殘価設定クレジットローンについては、下記の記事がおすすめです。
參考殘価設定型クレジットは本當にお得?メリット?デメリットを徹底解説

ここではそれぞれのローンの特徴とメリット?デメリットについて解説してきました。次に、実際にローンを組んだ場合の月々の返済額についてみていきましょう。

人気車種のローン支払いシミュレーションを紹介

車と電卓とお金
ここでは人気車種のプリウスを実際にローンで購入する場合を想定し、月々の返済額をシミュレーションしてみました。

実際にローンを組んだ場合の返済計畫の參考にしてください。

金利/返済期間 3年 5年 7年 10年
3%(銀行) 月額返済額 75,611円 46,719円 34,355円 25,106円
返済総額 2,721,996円 2,803,140円 2,885,820円 3,012,720円
支払利息総額 121,996円 203,140円 285,820円 412,720円
8%(ディーラー) 月額返済額 81,475円 52,719円 40,524円 31,545円
返済総額 2,933,100円 3,163,140円 3,404,016円 3,785,400円
支払利息総額 333,100円 563,140円 804,016円 1,185,400円
4%(殘クレ) 月額返済額 76,762円 47,883円 35,539円 26,324円
返済総額 2,763,432円 2,872,980円 2,985,276円 3,158,880円
支払利息総額 163,432円 272,980円 385,276円 558,880円

※トヨタ プリウスで試算(260萬円で計算)
※※燃費:WLTCモード 32.1kml?JC08モード -kml/駆動:2WD FF 定員:5名 総排気量:1.8L

実際に購入する車について返済総額や月々の返済額を知りたい方は、下記のサイトの利用をおすすめします。

參考自動車ローンご返済額シミュレーション
參考トヨタファイナンス株式會社

ちなみに、ローンの返済には車の本體価格以外に下記の費用が掛かってきます。

ローンの返済でかかる費用

【頭金】

 車の購入時にあらかじめ支払っておく費用。ローンを組む際に必ずしも必要ではないが、支払っておくとローン審査で有利になることがある。頭金の目安は2~3割。

【月額返済額】

 実際に月ごとに返済する返済額。

【返済総額】

「月々の返済額+利息の金額」を指す。ローンを組む際は年間の返済総額が年収の20%~30%がおすすめ。

【年數】

 ローンを組める年數の長さは借入期間によって異なる。返済期間が長いほど月々の返済額は少なくなる。

【支払利息総額】

 ローンを組むにあたって支払う利息の総額。返済期間が長くなればなるほど支払う利息の総額は多くなる。

上で紹介したシミュレーションツールを使うことで月々の返済額が分かり、具體的な計畫が立てやすくなります。そのためローンに申し込む前に、ぜひ一度シミュレーションをすることをおすすめします。

下記ではメーカー?車種ごとのシミュレーションを紹介しているので、ぜひ參考にしてください。

メーカー?車種 記事
スバル スバルのローン?殘クレを徹底ガイド!人気車種シミュレーション付き
マツダ マツダのローン?殘クレを解説!CX-5でのシミュレーションも紹介
三菱自動車 三菱自動車のローン?殘クレはアリ?借りる前に知りたい実態
スズキ スズキのローン?殘クレを詳しく解説!シミュレーション結果も紹介
ダイハツ ダイハツのローン?殘クレ2種を解説【支払いシミュレーション付】
ホンダ ホンダのローン?殘クレを徹底解説!【人気車種シミュレーションつき】
日産 日産のローン?殘クレを紹介!支払いシミュレーションもあわせて解説
トヨタ トヨタのローン4つを解説!購入シミュレーションで支払イメージも紹介
レクサス レクサスのローン?殘クレを解説!シミュレーションもあわせて紹介

次はローンを利用する際に気を付けておくべきポイントについて具體的に紹介します。

ローンを利用する際の4つのポイント

車とチェックリスト
ここではローンを利用する際の4つのポイントについて紹介していきます。

>ローンを利用する際の4つのポイント

?月収の75~80%のお金が殘るローン返済計畫を立てる

?返済期間は車に乗る期間で決めよう

?見落としがちな「金利」に注意

?審査基準を事前にチェックする

月収の75~80%のお金が殘るローン返済計畫を立てる

當たり前のことですが、ローンを利用するなら必ず余裕をもった返済計畫を立てましょう。

具體的な金額は個人の収入によって異なりますが、サラリーマンなら數か月分の現金を手元に殘しておくのがおすすめです。

自営業の場合は毎月決まった収入が見込めるとは限らない為、余裕を持って半年分は現金が手元に殘るようにしましょう。

というのも、返済計畫に無理がある場合はケガや病気など不測の事態が起こった時にローン返済によって家計が圧迫されてしまうからです。

返済計畫に余裕がないと最悪の場合は生活ができなくなってしまいます。

返済期間は「どれくらいその車に乗るのか」で決めよう

返済期間の判斷基準としては、大きく分けて下記の3つが挙げられます。

返済期間の判斷基準

?買い替えの時期

?支払総額

?月額支払い額

この中でも最もおすすめなのは「買い替えの時期」を返済の判斷基準にすることです。

なぜなら買い替えの時期によって適切な返済期間が変わるからです。結論からお伝えすると、ローンの返済期間は5年が最もおすすめです。

というのも、車は車検のタイミング(1回目:3年、2回目:5年、3回目:7年)で乗り換えることが多く、車の売卻価格を考えると7年が最も最適だからです。

逆に10年を超えると車の価値は一気に下落する傾向にあります。

しかしローンの返済期間の設定はそれぞれの家計の事情によって大きく異なるため、家計の事情に合わせて返済計畫を立てるようにしましょう。

次に、短期期間と長期期間でローンを返済する場合について、それぞれのメリット?デメリットをみていきましょう。

短期期間で返済するメリット

?長期期間の返済と比較して支払い総額は少なくなる

短期期間で返済するデメリット

?月々の返済金額が大きくなる

まず短期期間でローンを組む最大のメリットは、長期期間の返済と比較して支払い総額は少なくなることです。

また早めに返済が終わるため、車の買い替えの手続きが楽になるのもメリットといえます。

一方で長期期間の返済と比較して月々の返済金額が大きくなるため、一時的に家計への負擔が大きくなります。

そのため住宅ローンなど他のローンの返済も同時に行っている場合は月々の出費を計算し、無理がない範囲でローンを組むようにしましょう。

長期期間で返済するメリット

?月々の返済金額が小さくなる

長期期間で返済するデメリット

?短期期間の返済と比較して支払い総額は多くなる

長期期間のローンは車に長く乗り、月額支払いの負擔を減らしたい方にはおすすめです。

なぜなら繰り返しお伝えしているとおり、返済期間が長くなればなるほど月々の負擔は小さくなるからです。ただし短期期間の返済と比較して最終的な支払い総額は多くなる點には注意が必要です。

どちらの返済方法にもメリット?デメリットがありますが、將來的に安定した収入が見込める方は、長期期間の返済でも問題ないでしょう。

一方で、できるだけ支払い総額を安く抑えたい?近い將來転職を考えていて収入の見通しが立たないという方は短期期間での返済がおすすめです。

ここでは返済期間を軸として支払い総額をみてきましたが、実は「金利」も支払い総額に大きく影響します。そこで次に支払い総額に大きな差がでる「金利」についてみていきましょう。

総額に大きな差がでる「金利」に注意しよう

ローンを組む場合は、支払い総額に大きな差が出る「金利」に注意しましょう。金利とは借りたお金に対して、ある一定の利率でかかる費用のことです。

また「金利」はお金を借りる先や返済期間によって大きく変わってきます。

例えば300萬円ローンを5年で組んだとします。4%の金利で組んだ場合と8%の金利で組んだ場合を比較し、支払総額についてみてみましょう。

ココに注意

?金利① 総額の4% ?331萬5,000円

?金利② 総額の8% ?364萬9,740円

お分かりのとおり、支払い総額の差額はなんと33萬4,740円にも上ります。また返済期間が長い場合、月々の負擔は少なくなりますが、返済総額が大きくなることは頭に入れておきましょう。

そのため、できるだけ金利が安いローンを選ぶことが大切です。ちなみに同じローンでも借入先によって金利は異なってきます。

ここでは金利が安い銀行ローンのベスト3を紹介します。

金利が安い銀行ローンベスト3

ランキング 1位 橫浜銀行「橫浜銀行マイカーローン

金利:0.9%~2.4%(店頭表示金利2020年4月時點)

ランキング 2位 アプラス(新生銀行グループ)「アプラスマイカーローン

金利:0.90%~7.90%(実質年率)

ランキング 3位 神奈川銀行「新オートローン

金利:1.30%?3.60%(実質年率)

ここからも分かる通り、金利が安い銀行ローンの中でも大きく金利に差が出てきます。そのため、繰り返しになりますが、ローンを組む場合はできるだけ安いものを選ぶようにしましょう。

では次にローン審査に通る基準についてみていきます。

審査に通る基準をチェックして準備しよう

ローン審査は申し込めば誰でも通るというものではありません。そのため、あらかじめ審査基準を確認して入念に準備をしておきましょう。

主なチェックポイントは下記のとおりです。

ローン審査のチェックポイント

?年収

?年齢、勤続年數、就業形態など

?過去の信用情報

?現在の債務狀況

ローンの種類や借入額によって審査が通るかどうかが変わってくるため、絶対に審査に通るという條件はありません。反対に審査が通らないケースはある程度共通していることが多いです。

そのためここではローン審査に落ちてしまいやすいケースを紹介したうえで、ローンに通るためのコツを紹介します。一つずつじっくり見ていきましょう。

ローン審査に通りにくいケース

?過去に金融事故(ローン返済やクレジットカード支払いの遅延)を起こした

?他社での借り入れがある

?借入希望額に対して年収が低い

過去に金融事故を起こした

ローン返済やクレジットカード支払いの遅延など、過去に金融事故を起こしていた場合、ローン審査に落ちてしまうことがあります。

その場合は5年待ってから自動車ローンに申し込むのがおすすめです。というのもブラックリストに掲載される期間はおよそ5年のケースがほとんどだからです。

他社での借り入れがある

他社で借り入れがあるからといって必ずしもローンの審査に通らないというわけではありません。なぜならローンの審査は年収や返済期間などを含めて総合的に判斷されるからです。

そのためローンを申し込む際は返済計畫に無理がないかを予めチェックしておきましょう。

借入希望額に対して年収が低い

借入希望額に対して年収が低く、事前に頭金を準備する、購入する車を見直すことも検討しましょう。もし他社でローンを借り入れている場合は他社ローンを繰り上げて返済することをおすすめします。

そうすることで與信ができ、融資額を上げられる可能性が高くなります。ローンについて詳しく分かったところで、ローンを組む際の流れをみていきましょう。

ローンを組む際の流れと必要な書類

カーローンの申し込み畫面
いよいよローンを組むとなった時に、どうやって組めば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで、ここではローンを組む際の流れと必要書類について詳しく解説していきます。

まずは全體の流れを見ていきましょう。

ローンを組む際の流れ

step1 車の見積りをもらう

車本體だけでなくオプションも含め、支払い総額がどれくらいになるか見積りをしてもらう。

step2 ローンで支払いの旨を伝える

支払い方法を尋ねられるので、ローンで支払いたい旨を伝える。

step3 借入の金額と返済方法の決定

ローンを組む際の借入金額と返済方法を決める。

step4 ローンの申し込み

必要書類を事前に揃え、金融機関に申し込む。

step5 ローン審査

融資の可否に加え、融資額や期間?金利なども決定する。

step6 購入代金の支払い

ローン審査が通ると、金額が指定した口座に振り込まれる。

step7 車の購入

新車を購入して代金の支払い方法が決定すれば、車の購入に進む。

ローンの種類によって少しずつ流れは違いますが、大まかな流れは同じですので、ここでは銀行ローンを例に取り上げます。

STEP1:車の見積りをもらう

まずは、車本體だけでなくオプションも含め、支払い総額がどれくらいになるか見積りをしてもらいましょう。銀行ローンを組むにあたっては、どのような目的でローンを組むかを証明する書類が必要です。

STEP2:ローンでの支払いの旨を伝える

新車に限らず、車を購入する際は現金またはローンでの支払いが一般的になります。車の購入時は必ず支払い方法を尋ねられるので、ローンで支払いたい旨を伝えるようにしましょう。

ちなみに萬が一銀行ローンに通らなかった場合でも、もちろんですがディーラーローンなどその他のローンに申し込むことができます。

STEP3:借入の金額と返済方法の決定

次にローンを組む際の借入金額と返済方法を決めます。ローンを組む際は実際に支払っていけるかが大切なので、毎月の返済額から無理のない借入額と返済期間を決定しましょう。

目安としては車両価格の10%~30%程度の頭金として事前に準備しておき、殘りの金額をローンで組む方が多いです。

ただし、どうしても頭金の準備が難しい場合はフルローンを利用することも可能なので、そちらも選択肢に入れておきましょう。

STEP4:ローンの申し込み

いよいよローンの申し込みです。ローンを申し込む際は下記の必要書類を事前に揃え、金融機関に申し込むようにしましょう。

ただしローンの種類によって必要な書類は変わってくるため、事前にローン會社に確認を取っておくようにしましょう。

本人確認書類 運転免許証個人番號カードパスポートなど
収入証明書 【會社員】源泉徴収票や所得証明書
【個人事業主】確定申告書や納稅証明書
資金使途確認書類(何にお金を使うかが分かる書類) 車の見積書売買契約書注文書
その他 ローンの引き落としのための口座情報銀行印印鑑証明書

基本的に金融機関の銀行窓口は営業時間が9時~15時となっていますが、なかには夜間や土日でも受け付けている金融機関もあります。

ちなみにお晝休みは銀行が混雑することが多いので、余裕をもったスケジュールで申し込みを行うことをおすすめします。

STEP5:ローン審査

ローン審査では、申し込んだ內容をもとにして銀行が審査を行います。もちろんローンは誰でも組むことができるというわけではなく、審査に通った方のみ利用することができます。

ちなみに頭金が多ければ多いほどローン審査に通りやすいという傾向があります。審査では融資の可否に加え、融資額や期間?金利なども決定します。

STEP6:購入代金の支払い

無事にローン審査が通ると、金額が指定した口座に振り込まれます。

ちなみに振り込みのタイミングは契約完了の當日、もしくは翌日までに支払われることが多いです。振り込みを確認したら、車の代金を支払いましょう。

STEP7:車の購入

新車を購入して代金の支払い方法が決定すれば、車の購入に進みます。萬が一ローンが通らず費用の支払いが行えない場合、契約が取り消しになるということもあります。

そのためボーナス等を利用して繰り上げ返済をするなど、計畫的な返済を行うようにしましょう。ここまででローンの種類やローンの組み方、金利などについて一通りお分かりいただけたのではないでしょうか。

しかしどうしても「ローンを組むのが難しい」「ローン審査に落ちてしまった」という方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、ローン以外で憧れの車に乗る方法をご紹介します。

ローンを組む以外の車の利用方法もある

車のサブスクリプション
最初にお伝えしたとおり、ローンというのはいわゆる借金です。

そのため、「頻繁に車に乗らない」「ローンを組むのは難しそう」という方に向けてお気に入りの車に乗る方法を3つご紹介します。

ローン以外の車の利用方法

?新車の値引きを行う

?現在の車をできるだけ高く売る

?カーリースを利用する

では早速それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

新車の値引きを行う

まず最初におすすめする方法は新車の値引きです。なかなか手が屆かない新車でも、場合によっては値引きしてもらうことができます。

ちなみに値引きをしてもらうためには、いくつかのコツがあるので、ここでは具體的な方法を紹介します。

新車を値引きしてもらうためのコツ

?年度末に購入する

?購入希望額を伝える

?購入意思を強く伝える

?オプションを追加する

年度末に購入する

年度末は他の月と比較して値引きをしてもらいやすい時期です。なぜなら、販売店は決算期で車の販売數を伸ばさなければならないからです。

そのため、新車の値引きを狙うなら2月~3月の購入がおすすめです。また9月も値引きに応じてもらいやすい時期であるため、年度末までに新車を買いたい場合は9月を狙いましょう。

購入希望額を伝える

あらかじめどれくらいの値段で購入したいか、購入希望額を伝えておくことも大切です。というのも、どれくらいの価格であれば買ってくれるかを前もって伝えておけば、販売店も交渉しやすくなるからです。

しかし、無理な値引きをしても応じてもらえないため、相場を知っておくことが大切だといえるでしょう。ちなみに値引き額は車両本體価格の5%~15%が目安です。

また軽自動車は値引きが小さくなりがちですが、反対に高級車は値引き額が大きくなることも頭に入れておきましょう。

新車の値引きのコツは「元ディーラーに聞く!新車の値引き相場と効果的な交渉法7選」の記事でも紹介しているので、ぜひ參考にしてください。

購入意思を強く伝える

値引き交渉をする際は、購入意思を強く伝えることも大切です。

販売店は確実に車を購入してくれる顧客を逃したくないため、必ず購入する旨を伝えることで、通常より多めに値引きをしてくれます。

またその際は希望額を合わせて伝え、「○○円以內ならこの場で購入する」など具體的に伝えましょう。

オプションを追加する

車両に加えてオプションも追加することで、トータルの値引き額が安くなることがあります。

その場合支払う金額は増えますが、最終的な値引きの金額も増加します。

ただ不要なオプションで出費が増える場合は本末転倒なので、オプションを購入する場合は本當に必要なものを取捨選択するようにしましょう。

次に現在乗っている車をできるだけ高く売る方法をお伝えします。

現在の車をできるだけ高く売る

車を高く売るためには下記5つのコツがあります。

車を高く売るためのコツ

?事前に買取相場を調べておく

?高く売れる時期を選ぶ

?純正オプションをプラス査定につなげる/p>

?メンテナンスノートを用意しておく

?車をできるだけ綺麗にしておく

詳しくは「車を高く売るための方法とすぐ実踐できる買取交渉術を解説」の記事を參考にしてください。

また最も有効な方法として、複數社の査定額を比較することもおすすめです。なぜなら、買取業者によって車の査定額に數十萬円の差がでることがあるからです。

ただし複數の買取業者へ査定を依頼するのは、どうしても手間がかかります。そこでおすすめなのがです。一括査定を利用すれば、たった一度の情報入力で最大10社の車買取業者に査定を依頼できます。
?一括査定に申し込む

最後にどうしても新車の購入が難しい方に向けておすすめの方法をご紹介します。

カーリースを利用する

ここからは、「ローンが組めず新車の購入が難しい」という方に向けて「カーリース」を紹介します。

カーリースとは?

契約者の代わりにカーリース會社が新車を購入し、契約者は決められた使用料を払って車を利用するシステム

カーリースとはいわゆる車のサブスクリプションです。

よくレンタカーと混同されますが、レンタカーと異なり「好きなタイミングで乗ることができる」「自分だけの車になる」というメリットがあります。

先ほどローンを組む期間として5年をおすすめしましたが、5年間の利用頻度×1回あたりの利用金額と新車購入の総額金を比較してどちらの方がお得なのかを考えて検討するのがよいのではないでしょうか。

ここでは人気のカーリースのサービスについて紹介していきます。

人気のカーリース

 

?ORIX カーリース?オンライン

 インターネットや郵送でも手続きができ、プランによっては車がもらえる

?コスモMyカーリース

 予算に応じてプランを選ぶことができる(メンテナンスの有り?無しなど)

?カーリースの定額カルモくん

 國産メーカーの全車種から選ぶことができる

 

カーリースを提供している會社は多いですが、いずれも月額の負擔額や車種が異なるので、それぞれのホームページをチェックしてみましょう。

まとめ

この記事ではローンを利用するメリット?デメリットやローンを組む際のチェックポイント?手続きの流れなどについて解説してきました。

そのほかローン以外の選択肢としてカーリースも紹介してきました。

お気に入りの車を購入する方法はローン以外にもあるので、ローン返済が難しい場合はカーリースなども選択肢にいれましょう。

またローンを組む場合は支払い総額?利息なども計算して無理のない返済計畫を立てましょう。

車の買い替え?売卻の方法を検討されている方は、 ナビクルの「あなたにピッタリの車の売買方法を提案!車の売り方?乗り方診斷」 の利用がおすすめです。 お持ちの車の狀態や普段の生活スタイルからあなたに最適な車の売買方法を提案します。


ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
平定县| 思南县| 扶余县| 威远县| 托克托县| 介休市| 抚远县| 太白县| 藁城市| 松桃|