pagetop

「新古車」ってどんな車?新古車のメリット?デメリットと注意點を丸ごと解説

新古車のイメージ

「中古車の使用感がどうしても気になる」という人には「新古車」がおすすめです。

「新古車」とはざっくり言うと、新車として買うよりも安く買える新品(未使用)の中古車のこと。新車を買うよりも安くきれいな車が買えるだけでなく、納車までが早い、稅金が安く済むなどメリットも豊富です。

ただし、いいことずくしに見える新古車にも注意すべきポイントが存在します。購入する段階になって困ることのないよう、新古車のデメリットをきちんと押さえたうえで検討するのが良いでしょう。

この記事でわかること

  • 「新古車」=新車より安い新品(未使用)の中古車
  • 厳密には新古車ではなく「登録(屆出)済未使用車」
  • 新古車のメリットとデメリット
  • 新古車のかしこい探し方

この記事では新古車がどんな車なのかをくわしく解説したうえで、新古車(未使用車)をかしこく探す方法をわかりやすく解説していきます。


ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

新古車とは未使用車のこと

新古車とは一度ナンバーを取得したのち、すぐ売りに出され、距離もほとんど走っていない中古車のことを指します。そもそも「新古車」とは正式な言い方ではありません。

以前は當たり前のように新古車と呼んでいましたが、一度でもナンバーが付くと法律上中古車という扱いになります。

新車は誰の手垢も付いていない、まさしくマッサラな狀態ですが、新古車(未使用車)は走行距離がほとんど走っていないこと以外、中古車であるということは覚えておきましょう。

詳しくは後述しますが、新古車には新古車特有のメリットとデメリットがあり、新車ではない以上、新車と同じだという認識は間違いです。

じつは新古車?未使用車は存在しない

そして「新古車」「未使用車」という表現は「新車」と誤認させる恐れがあり、過去に不當景品類及び不當表示防止法(景品表示法)第12條に基づき、公正取引委員會から指摘を受けた事例もあります。

そのため、ユーザーが安心してクルマ購入できるように規約を定める『自動車公正取引協議會』では、「新古車」「未使用車」ではなく「登録(屆出)済未使用車」と表現するように定めました。

ちなみにこの協會には、中古車販売でお馴染みのガリバーやラビットなどの大手販売店も加盟しています。

自動車公正取引協議會

引用:自動車公正取引協議會

この記事では、わかりやすく説明するために「新古車」で解説していきます。

軽自動車には新古車(未使用車)が多い

いわゆる白ナンバーの普通車に比べ、軽自動車の方が新古車(未使用車)として出回っている臺數が多い傾向にあります。

その理由は、新古車(未使用車)がなぜ誕生するのかということに由來します。

皆さんが街中で見かける新車ディーラーは、それぞれ自動車メーカーの看板を掲げていますが、會社としてはメーカーとは全く別の企業。ディーラーの主な仕事は、メーカーから車を仕入れ、ユーザーに販売することであり、販売店である以上、メーカーから販売ノルマを求められます。

すると月間の販売臺數があと數臺で達成できるという場合はディーラー名義で登録し、販売臺數を稼ぐということが行われているのです。

そうやってディーラーによって仕入れられ、登録された車は、整備のお客様に貸し出す代車になったり、會社として使用する社有車になったりします。

しかし、そうそう何臺も代車や社有車にできるわけではありません。代車や社用車にならなかった車が、未使用車として中古車市場で販売されることになるのです。

その際、ディーラー名義で登録しても、一般ユーザーと同じように稅金がかかり、一定の期間在庫として保管しておく必要があります。軽自動車であれば、登録に掛かる稅金や、保管に必要な費用などを低く抑えることができるため、軽自動車の新古車(未使用車)が多くなるのです。

新車?新古車?中古車をわかりやすく比較

これから車の買い替えを予定している場合、新車か中古車、さらに新古車か、いったいどれを購入すればお得なのか迷ってしまいます。

そこで、下記の表には「新車」「新古車」「一般的な中古車」それぞれについて、車を購入するときに重視するポイントをまとめました。

新車 新古車 一般的な中古車
価格 バツ:非対応、不可、おすすめでないことを表す サンカク:場合により対応、條件付き可、條件が合えばおすすめできることを表す マル:対応、可、おすすめできることを表す
稅金の優遇 マル:対応、可、おすすめできることを表す サンカク:場合により対応、條件付き可、條件が合えばおすすめできることを表す バツ:非対応、不可、おすすめでないことを表す
綺麗さ マル:対応、可、おすすめできることを表す サンカク:場合により対応、條件付き可、條件が合えばおすすめできることを表す バツ:非対応、不可、おすすめでないことを表す
安心感 マル:対応、可、おすすめできることを表す サンカク:場合により対応、條件付き可、條件が合えばおすすめできることを表す バツ:非対応、不可、おすすめでないことを表す
自由度 マル:対応、可、おすすめできることを表す バツ:非対応、不可、おすすめでないことを表す サンカク:場合により対応、條件付き可、條件が合えばおすすめできることを表す
納車の早さ バツ:非対応、不可、おすすめでないことを表す マル:対応、可、おすすめできることを表す サンカク:場合により対応、條件付き可、條件が合えばおすすめできることを表す

分かりやすく○△×の3段階で評価していますが、×だからダメということではありません。

ただ、各項目について見ていくと、新古車には△が多く、新車と中古車のあいだであることがおわかりいただけると思います。

安心の品質と購入金額の安さを重視する方は、新古車の購入がもっともお買い得であると言えるのです。

新古車のメリット

新古車(未使用車)とは、新車ではなく中古車であるため、真っ先に思いつくメリットとしては、車両販売価格の安さではないでしょうか。

車種によっても違いはありますが、軽自動車の新古車(未使用車)場合は、新車の車両価格と比べて10萬円~15萬円程度安く購入することができます。

また、価格が安い以外に、新古車(未使用車)を購入する主なメリットは、以下の5つが挙げられます。

新車で買うより安い

上記でもお話したように、販売価格も10萬円~15萬円程度は安いため、新車とほぼ変わらない狀態で、普通車?軽自動車をお得な価格で購入することができます。

新古車の最大のメリットと言えるでしょう。

中古車なのに新車同様にキレイ

新古車になる車は、そもそも登録後に使用するということが目的ではなく、人が乗るのは工場內の移動と、ディーラーから中古車販売店などの移動時のみです。

そのため、走行距離は長くても數十km以內と少なく、場合によっては新車時に著けられているシートのビニールが付いたままの車両もあります。

名義取得しているため「中古車」の定義ではあるものの、外裝?內裝ともにキレイな狀態です。

ディーラーや中古車販売店もノルマの関係で購入していることが多く、後日販売することを想定していることがその理由です。

新車購入時に掛かる保険?稅金が無い

新規登録する際に「自賠責保険」「自動車重量稅」「自動車稅」を支払う必要があります。

しかし新古車の場合、ディーラーが既に支払い済みであるため、購入者は支払いが不要です。

そのため、購入時に必ず発生する自動車取得稅のみで済みます。

自動車取得稅は新車の場合、車両価格+オプションを含んだ価格の2%(普通車は3%)です。

ところが中古車になることで、登録から1年未満の中古車の取得稅率は0.562%(普通車は0.681%)となり、かなりの額を節約できます。

また、グリーン化特例の対象となっている車種の場合、新車登録された翌年の軽自動車稅が減免されます。

この減免は新車登録翌年の一度切りであるため、新古車であれば間違いなくグリーン化特例の恩恵を受けることが可能です。

車検が長い

中古で乗用の軽自動車を購入した場合、車検期間はどんなに長くとも2年程度ですが、新古車の乗用軽自動車は、3年近くの車検期間が付いていることも珍しくありません。

もちろん新車ではないため、丸々3年間(36カ月)の車検が付くことはありませんが、軽自動車の新古車は人気が高く、売りだされるとすぐに売れてしまいます。

そのため、登録から2~3か月以內の軽自動車が多く、たっぷり車検期間のある狀態で購入することができるのです。

納車が早い

新古車の大きな魅力の一つに納車の早さがあります。

通常新車を購入した場合には、最後の注文書を書いてから、納車されるまで早くても2~3週間程度の時間が必要です。

また一般的な中古車の場合も、成約してから必要な修理や整備、場合によっては車検の取得を行うため、少なくとも2~3週間かかります。

人気車種やグレードによっては數ヶ月待ちとなることもあります。

その點新古車の場合は、生産工場から出荷されるのを待つことも、車検取得や整備の時間もほとんど必要がないのです。

ディーラーオプションなどを選択せず、條件が整えば、1週間以內に納車することも不可能ではありません。

新古車のデメリット

新古車にはメリットばかりでなく、新古車特有のデメリットも存在します。

新古車(未使用車)の主なデメリットは、以下の3つ。

ここから、それぞれのデメリットについて詳しくご紹介していきます。

購入した後に後悔しないためにも、新古車のデメリットをしっかり理解しておきましょう。

選べるのは在庫のみ

新古車が中古車である以上、色やグレードなど、自分の好みの軽自動車が販売されているとは限りません。

また、先述したように、軽自動車の新古車は、中古市場でも人気が高く、人気の車種やグレードであるほどすぐに売れてしまいます。

つまり、欲しい色とグレードがあったとしても、中古車販売店に在庫がなければ、購入することができないのです。

メーカーオプションは付けられない

新車購入時に選択する、いわゆる「純正オプション」は、新車を購入する際にはぜひ好みのものを付けたいところです。

純正オプションには、工場出荷時に取り付けるメーカーオプションと、ディーラーに入荷してから取り付けるディーラーオプションの2種類があります。

近年販売されている車種で、代表的なメーカーオプションと言えば、自動ブレーキはじめとした予防安全裝備。そのほか、スピーカー、アンプなどトータルでセッティングされたオーディオシステムなどです。

これらのメーカーオプションは、原則的に工場出荷後に取り付けることができません。

上記の色やグレードと同様に、欲しいメーカーオプションがある場合には、予め取り付けられている車を選ばなければなりません。

人気車種は品薄

何度かお話しているように、軽自動車の新古車は、そのお買い得感から常に高い人気を維持しています。

さらに人気の車種や話題の車種ともなると、あっという間に売れてしまうのです。

もしも、この車種が欲しいという希望がある場合は、インターネットの中古車情報をマメにチェックしておくか、販売店に入荷したら教えてもらえるようにお願いしておきましょう。

ただし、欲しいと思っている車種がいつ中古車として出てくるかはわかりません。

気長に売り出されるのを待つか、購入希望の車種を複數考えておくと良いでしょう。

新古車の入手方法

ここまにも何度かお話していますが、軽自動車の新古車は常に需要があり、人気の車種はすぐに売れてしまいます。

ここからは、新古車はどのように探し、入手すれば良いのかについてお話していきましょう。

とは言っても、特別な方法というのはなく、新古車を探す方法は、通常の中古車と同様に下記2つの方法とあります。

中古車販売店に行く

中古車販売店や一部のディーラーなどでは、店頭で新古車を販売していることがあります。

品質について心配の要らない新古車でも、やはり現物を見たほうがより安心して購入できます。また、実際に見てさわってみることでその車の魅力を知り、納得して購入できる可能性が高くなるでしょう。

ただし、その販売店で購入できるのは、展示されている車のみであるため、選択の自由度は決して高くありません。

そのため中古車販売店での購入は、「軽自動車の新古車を考えているが、具體的な車種は決めていない」という場合にオススメの方法です。

中古車情報サイトで探す

インターネットが普及して、パソコンやスマートフォンで簡単に全國の中古車情報をリアルタイムで見られるようになりました。

すぐ売れる、つまり足の速い新古車を探すには、より広範囲の店舗から探すことで希望に近い新古車が見つかりやすくなるのです。

中古車情報サイトで新古車(未使用車)を探す場合は、検索條件の距離の上限を一番少なくし、年式も最新の年式にします。

ほしい車が見つかった場合はできるだけ早く電話やメールで問い合わせておきましょう。

ただし、自宅から近い店舗なら問い合わせをして、後日見に行くことができますが、遠方の場合は、現車を見ずに購入することになります。

通常の中古車と違い品質のバラつきが少ない新古車なのでそれほど心配する必要はありませんが、やはり多少の不安は殘るものです。

中古車情報サイトは24時間365日いつでもチェックできるので、時間に余裕があるという方はこまめにチェックし、自宅近くの販売店に売り出されるのを待っても良いかもしれません。

では例として実際の中古車情報サイトで新古車を検索する方法をご紹介します。ナビクルcarとグーネットを紹介しますので、あなたが使いやすいサービスを選んで使ってみてください。

中古車に関する情報や中古車検索ができる総合サイト「ナビクルcar」。まずはこちらで新古車の探し方を解説していきます。

ナビクルcarのトップページ上部にある項目から「中古車を探す」をクリック。

ナビクルcarトップページ

緑枠のボタンで検索方法を選択できます。ここでは細かい條件を指定して中古車を検索したいので「絞り込み検索」を選択してください。

ナビクルcarの中古車検索ページ

メーカーや地域、希望の価格帯や走行距離など、さまざまな條件を指定することが可能です。「新古車」を選ぶには、「この條件で検索する」のボタンの少し上にある「更に詳しい條件を追加する」という青い文字をクリックしてください。

すると、さらに詳細な條件が現れます。

絞り込み検索で中古車を探す

表示された詳細條件の右側に「未使用車(ナンバー取得済)」というチェック項目があります(畫像右下)。これにチェックを入れることで新古車を絞り込むことができます。

さらに走行距離の上限を1萬kmに設定しておくことで、より厳密な検索が可能になります。ほか、あなたが探したい車の條件を選択したらページ下部にある「この條件で検索する」という青いボタンをクリックしてください。

新古車の検索結果

これでナビクルcarでの新古車の検索は完了です。絞り込む條件をいろいろ変えられるので、自分が求める條件に合った車が見つかるよう選択する項目を変えてみると良いでしょう。

?ナビクルcarで新古車を検索する

グーネットで新古車を探す方法

グーネットトップページ

では次に、「グーネット」で新古車を探す方法をご紹介していきます。まずはトップページを開き、そのまま下へスクロールしていきます。

キーワードから探すをの「未使用車」を選択する

「キーワードから探す」の項目が出てきたら、「未使用車」というキーワードがないか探しましょう。

キーワードがあればクリック。すると検索結果が表示されます。

もし「未使用車」のキーワードがない場合は、「キーワードで中古車検索」をクリックして表示された中古車一覧ページの上部にある検索ボックスに「未使用車」と入力することで検索できます。

グーネット「キーワード検索」の結果畫面

さらに細かく條件を絞り込みたい場合は、畫面左側にある項目を編集することで希望の條件に近い新古車を探すことができます。そのままでは候補が多すぎるので、まずは価格や走行距離でおおまかにふるいにかけると良いでしょう。

?グーネットで新古車を検索する

以上が新古車の簡単な検索方法です。自宅で、いますぐ検索することができるのでぜひ一度試してみてください。

まとめ

価格が安く、稅金面でもお得で品質も安心の新古車。

この記事を読んで、より新古車が欲しいと思った方も少なくないと思います。

しかし、何度も話しているように、新古車は中古車市場において常に人気であるため、欲しい車を買うためには、中古車販売店や中古車情報サイトなどをこまめにチェックしておきましょう。

また、新古車以外にもお得な中古車はたくさんあるので、中古車販売店に自分が求める中古車をお伝えして探してもらうこともおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放
辛集市| 宣恩县| 修文县| 子洲县| 鹤峰县| 绵竹市| 万荣县| 南丹县| 呼和浩特市| 贡觉县|