pagetop

中古車オークション代行はトラブルだらけ?具體例と対処法を解説

中古車 オークション代行 トラブル

中古車オークションは業者オークションといって、一般人が使うには「オークション代行」を利用する必要があります。

結論として、中古車オークション代行は車に詳しくない人にはおすすめできません。

それでも、今あなたはオークション代行を検討中で、こういったお悩みを持っていませんか。

よくある悩み

?

?中古車のオークション代行にまつわるトラブル事例を知りたい

?トラブルに対する対処法はないか

予算を割いて中古車を購入するからには、できるだけトラブルは避けたいですよね。

そこで今回の記事では、オークション代行を使う際のトラブルについて解説します。當ページを読めば、中古車オークション代行にまつわるトラブル事例や対処法を知ることができます。

なお、オークション代行についての詳しい説明は以下の記事の記事を參照してください。
引用中古車オークション代行のすべて!安心して使えるおすすめ業者も紹介

オークション代行の経験がなくても安心して売買できるようになりますので、どうぞご覧ください。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

オークション代行で車を購入する際のトラブル事例?対処法

オークション代行で車を購入する際のトラブル事例?対処法

この章では、オークション代行で車を購入する際のトラブル事例と対処法をご紹介します。

以下は、オークション代行で車を購入する際のトラブル事例です。

オークション代行(購入)のトラブル事例

下記から、トラブル事例の詳細と対処法について説明していきます。

希望と異なる価格で落札される

希望した金額と異なる価格で落札され、トラブルになることがあります。そもそもオークション相場には波があるため、希望の価格では落札できないこともあります。

多くの代行業者は次回のオークションを試みますが、なかには希望額より高値で落札してしまうこともあるのです。

とくに人気のある車種の場合は、低い価格では落札しにくいという側面もあります。

対策?対処法

対処法は、代行業者に「希望の価格で落札できない場合は次のオークションで落札してほしい」と伝えることです。

そもそも自分の意思をはじめに伝えておけば、相手に誤解を與えないからです。

何も伝えないと、「利用者は購入を急いでいる」と判斷されかねません。1回のオークションで終わらせたいため、希望額を少し上回っても「早さ」を優先して落札を試みるはずです。

事前に「早さよりも金額」を優先することを伝えておけば、トラブルは防げます。

ただし、代行業者によっては落札できなくても代行費用が発生する場合もあるので、利用する前には確認しておくことが大切です。

落札価格をごまかされ不當な金額を請求される

業者が利益を増やすために、実際の落札価格を上回る不當な金額を要求してくることもあります。

中古車オークションは業者にしか利用できないため、一般人は會場に入ることができません。一般人に公開されないということは、落札金額を一般人である利用者が確認すること不可能です。

その中古車オークション特有のルールを利用して、本當は100萬円で落札できた車を「120萬円だった」と虛言するなど、不當な金額を請求されてしまう例もあります。

対策?対処法

対策としては、「信頼できる代行業者」に依頼するしかありません。

オークション代行業者がいくらで購入したのか、実際に確かめる方法がないからです。

安心して任せられるような業者を見定めて依頼しないと、不當に高い落札額を提示されるリスクを抱えてしまいます。

また、利用者側の認識違いを防ぐために、契約內容を事前に確認しておきましょう。

代行業者によっては、落札料や代行手數料以外にも以下の料金が発生することもあるからです。

そのほかの費用例

?車両の保管料

?キャンセル料

?整備料

?有償の保証制度

上記の料金を知らないと、利用者側が「不當に高くされた」と捉えてしまいます。

落札価格が高くならないよう、「信頼できる代行業者を探す」「契約內容をきちんと確認する」ということが大切です。

車両の狀態が悪い

いざ落札された車を見ると「聞いていた情報と実車の現狀が違う」といったトラブルが起こることがあります。

落札された車両の狀態が悪かったり、修復歴なしだとされていたのに実際は修復歴があったりするのです。

こうした問題は、中古車オークションで利用者が実車を確認したり試乗することはできず、手元に車が屆いてからしか確認できないため起こります。

代行業者のなかには、「入札して落札する」ことを主な目的としている業者もあります。そういった業者に依頼すると、利用者の理想と違っていても返品や修理をしてもらうことはできません。

このようなケースはどのように対処するのか、下記で解説します。

対策?対処法

まずは第一に代行業者へ、「重點的に確認してほしいポイント」を伝えておくことが大切です。

なぜなら実車が確認できるのは、オークション代行業者しかいないからです。

中古車の出品資料を確認して、気になるところがあれば代行業者に相談しましょう。

なかには現車を確認せずにネット上の操作だけで済ませてしまう業者もいるので、やはり代行業者選びが重要であることには変わりありません。

ただし、最近は一定期間內であれば返品が可能だったりメンテナンス保証が付いていたりする業者も増えています。代行業者の利用が不安なら、フォロー體制のしっかりした業者を選びましょう。

ここまでは、オークション代行で車を購入する際のトラブル事例と対処法をご紹介しました。

オークション代行で車を売卻する際のトラブル事例?対処法

オークション代行で車を売卻する際のトラブル事例?対処法

この章では、オークション代行で車を売卻する際のトラブル事例と対処法をご紹介します。

以下は、オークション代行で車を売卻する際のトラブル事例です。

オークション代行(売卻)のトラブル事例

下記から、順番に詳しく見ていきましょう。

落札価格をごまかされ、もらえるはずの代金がもらえない

業者が利益を増やすために落札価格をごまかすことがあると先ほど紹介しましたが、じつは売卻する立場の人にも同様のケースがあります。

たとえば、実際には100萬円で落札されたのに「70萬円でしか売れなかった」と偽って、本來依頼者が受け取れたはずの30萬円近くの金額を抜き取ってしまうのです。
※実際には手數料を數萬円支払うので、30萬円丸ごとは手に入らない

このようなトラブル事例での対策?対処法を、下記で解説します。

対策?対処法

落札価格をきちんと公開しているオークション代行業者を選びましょう。情報の透明性がある業者は取引実績が豊富で、信頼性も高いからです。

逆に過去のオークション情報を開示したがらない業者は、落札価格をごまかすことに慣れている場合もあるため避けたほうが無難です。

実際に利用するときは、落札価格を証明できるものを用意できるのかを聞いておくと安心です。

できないようであれば、やはり利用しないことをおすすめします。

車を持ち逃げされる

オークション出品のために預けた車を業者が持ち逃げして、その後業者と連絡が取れなくなってしまうというトラブルもあります。

そもそもオークション代行を依頼すると、事前に車を預けるのが一般的です。

なかには寫真を送るだけの業者もありますが、車を預けるほうが落札価格は高い傾向にあります。落札されやすくするため、最低限のメンテナンスを代わりに行ってくれるからです。

しかし、その仕組みを利用して車を盜んでしまう悪質な業者も一部存在しています。

出品する車の希少性が高く、高値で売れるような場合はとくに注意しなければなりません。

対策?対処法

まずできる対策として、規模の大きな業者を選ぶことをおすすめします。

多くの店舗があると、持ち逃げすることは難しいからです。

個人で営んでいる場合は車を持ち逃げすることは可能ですが、大きな業者ならほかの従業員の目もありそうした事態には陥りにくくなります。

希少性や人気が高く、高値で売れるような車は特に注意が必要です。

ここまでは、オークション代行で車を売卻する際のトラブル事例と対処法をご紹介しました。

トラブルに遭わないためには、信頼できる業者を利用することが大切です。では、どんな業者なら安心できるのか次の章でご紹介します。

一括査定なら最高額で車を売れる

ナビクル

入力の手間 対応地域 同時見積數
45秒 全國 最大10社
  • 特徴1.ご利用実績400萬件以上(2021年6月時點)
  • 特徴2.わずか45秒で買取相場がわかる
  • 特徴3.提攜先は規模が一定以上の優良業者

査定額を限界まで引き上げたいなら一括査定サイトを利用するのがおすすめです。利用実績400萬件以上の一括査定サービスを利用して、安心?安全に査定額を比較して、車を最高額で売ろう

おすすめのオークション代行業者は「カーオークション.jp」

カーオークション.jpトップページ引用カーオークション.jp

オークション代行を使いたい人には、「カーオークション.jp」をおすすめします。

以下は、おすすめする理由です。

「カーオークション.jp」のメリット

?オークション取引実績が豊富

?規模が大きいので持ち逃げされる心配がない

?手數料が明確

カーオークション.jpは定額のため、料金は明確です。

【落札時の費用】
內訳 その他の費用
落札代行手數料 39,800円~
保証金(名義変更確認後に返金) 49,000円
落札料(會場で異なる) 8,000円~
入札料 無料
下見料 無料
陸送費用(距離で異なる) 7,600円~
【落札代行手數料の內訳】
內訳 落札代行手數料
車両価格150萬円未満 39,800円
車両価格150萬円以上~300萬円未満 44,800円
車両価格300萬円以上~500萬円未満 49,800円
車両価格500萬円以上 落札価格の1%
【出品時の費用】
內訳 出品時の費用
出品手數料 35,000円
出品料 8,000円~
成約料 8,000円~
陸送料 7,600円~

※出品手數料は、500萬円以上なら落札価格の1%

しかも、追加オプションも充実しています。

追加オプション例

?手続きの代行(名義変更?車庫証明など)

?ナンバープレート取得

?法定點検整備、2年?3年保証

※上記は一例

以上の理由から、「リスクを抑えてオークション代行を利用したい」という人には、「カーオークション.jp」がおすすめです。

まとめ

今回の記事では、オークション代行を使う際のトラブルについて解説しました。

以下に、これまでお伝えした內容をまとめます。

ポイントのまとめ

?中古車オークション代行は車に詳しくない人にはおすすめできない

?トラブルに巻き込まれるリスクを減らすには信頼できる代行業者を探すこと

?料金が明確で過去の実績を公開している業者は信頼性が高い

?代行用業者には見てほしいポイントや何を重視するのか細かく伝えておく

?中古車オークション代行はカーオークション.jpがおすすめ

當ページを読んで中古車オークション代行を利用したくなったら、まずは気になる業者のサイトを確認するところから始めましょう。

あなたの希望する車が、お得に手に入ることを願っています。

ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
锦州市| 梧州市| 嘉祥县| 尼木县| 安阳县| 思南县| 湘潭县| 饶河县| 临沧市| 河间市|