pagetop

自分に合った中古車の探し方が分かる!條件別「最適な探し方」ガイド

あなたに合った中古車の探し方が分かる!タイプ別の秘訣紹介

「中古車を探したいけれど、どうすればいいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

中古車の探し方にはいろいろな方法があり、手に入る中古車のタイプもそれぞれ異なります。

「思ったような中古車が手に入らなかった……」というのは、実はそもそもの探し方が自分に合っていなかったというケースも多いのです。だから、あなたに合った中古車の探し方を見つけることが大切になります。

中古車の探し方を定めるための手順は、次の通りです。

  1. 「何のために」「どんな車がほしいのか」をしっかり決める
  2. 「どこで買うのか」を選ぶ
  3. 「実際に良い車なのか」を確認する
  4. 可能なら試乗する(不可能な場合も多い)
  5. 契約內容をしっかり吟味する

さらに、タイプ別に中古車の探し方をご紹介します。

筆者の視點も多いのですが「何も分からない!」という方でも、すぐに中古車が探せる方法をお伝えしています。ぜひご覧ください。

車の買い替え?売卻の方法を検討されている方は、 ナビクルの「あなたにピッタリの車の売買方法を提案!車の売り方?乗り方診斷」 の利用がおすすめです。 お持ちの車の狀態や普段の生活スタイルからあなたに最適な車の売買方法を提案します。



ナビクルcar イチオシ!

買取相場より30萬円高く売る!最高の決め技

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りに出さない
査定額には決まりがなく、さまざまな要因で買取価格は決定される
車をいちばん高く売る方法は、複數の買取業者に競わせること
車買取業者は安く車を仕入れることで、利益を増やすことができます。買い叩かれるのを防ぐためには、 事前に車の買取価格を複數の業者に競わせることが大切です。 1回で複數業者に査定依頼できる「一括査定サイト」を利用して、納得いく査定額を引き出してください。
利用実績400萬件以上(※2021年6月時點)の車の一括査定サイトを利用すれば、 30萬円~60萬円高い査定額が出ることもあります。 時間が経過するほど車の買取相場は下がっていきます。売りたいと思ったら、早めに調べることをおすすめします。
現在の
全國の査定相場から算出した価格を配信。

1.まずは車を買う目的に合わせて車種を決める

まず何より大事なのは「何のために」「どんな車がほしいのか」です。

  • 5人以上の家族を連れてレジャーに行きたい
  • 獨身だから思い切り遊べる車がほしい
  • パートナーと2人で車をシェアするから、使い勝手のいい車がほしい
  • 引っ越し先で必要になったから、買い物や通勤に使える車がほしい

などなど、車を使う目的によって選ぶべき車はさまざまです。どんな車がおすすめなのかは後半で紹介しています。まずそこから決めたいという方は、読み飛ばしていただいて結構です。

2.どこで購入するのかを決める

自分が欲しい車のタイプがおおよそイメージできたら、中古車を探す段階に移ります。インターネットが普及した現在、雑誌などから探すよりも、中古車販売サイトから探すのがおすすめです。

とくに大手の販売サイトは提攜している中古車販売店の數が多く、検索できる車は萬単位にのぼります。

買いたい車種が決まったという人は、中古車販売サイトから検索

「買いたい車種が決まった!」という方は、販売サイトの利用が最適です。特徴は「大手である」という點。とくにおすすめなのは次の販売サイトです。

中古車探しはとにかく在庫が多いことが重要。その點で大手サイトなら、非常に大量の在庫から、狀態も価格も優秀な一臺を見つけられます。

  • カーセンサー
  • グーネット
  • ナビクルcar

いずれも數十萬臺の中古車が登録され、車種?年式?予算などを細かく設定して検索できるのも強みです。

「まだどれにするか決めかねている」という人は、中古車販売店

「何に使いたいのかは決まったけど、種類が多すぎて決めきれない」という人もいると思います。そういう人は、中古車販売店を直接訪ねるのも手でしょう。

主に道路沿いで、中古車を並べて展示しているお店を見たことがあると思います。中古車販売店とはこういったお店です。

低価格志向で、メーカーにこだわらず探したいといった方におすすめです。 數臺~數十臺の個人経営のお店は、どうしても選択肢が狹まるので、慣れない方はまず、大型のチェーン店で探すのが良いでしょう。

注意點としては、保証?メンテナンスの內容はお店によるところ。充実した保証をつけているお店もあれば、保証なしのお店もありますので、安心して乗るためには確認を怠らないようにしましょう。

ひいきにしているメーカーがあるなら、ディーラーに相談

「いつもホンダ車に乗っている」「ずっとマツダ車に憧れていた」というタイプの人は、ディーラーに相談するのも良い手段です。

ディーラーはメーカーと特約店契約を結んでいる中古車販売店です。契約したメーカーを専門に扱っているので、知識も豊富。「このメーカーでこんなことに使える車を探しているんですけど……」と相談すれば、ベストな提案をしてくれるはずです。

ただ、「安く買いたい」という方にはあまりおすすめではありません。ディーラーはメーカーの看板を背負っていますので、狀態が良く保証もしっかりしていますが、その分お値段は高め。

逆に「特定のメーカーのファンである」「しっかりした保証がついた車がほしい」という方には安心材料と言えます。

3.実車は必ず確認しよう

実車の確認はとても重要です。とくに販売サイトから見つけた車の場合、寫真に映っていないところに思わぬ傷や故障がある可能性は否定できません。

「これがいい」と思う車を見つけたら、すぐお店に連絡して実際に見に行きましょう。そして、実際に見に行けるようにするためにも、検索するときには気軽に行ける近隣の県にまで、検索地域を絞りましょう。

4.可能なら試乗させてもらう

実車を確認したら次は試乗……と行きたいところですが、販売店の中には試乗できないところも少なくありません。

もちろん試乗することで、実際にちゃんと走るか、異音はしないかなどが確認できるのですが、無理に頼んでもお店側も困ってしまいます。

「試乗できないか」と聞いて、乗れたらラッキー、駄目なら引き下がるのが良いです。

「実際に乗らないと不安で買えない」という方も多いとは思いますが、ここは妥協ポイント。ただ、保証をしっかりつけることで、「乗ってみたらおかしなところがあった」という事態には対処が可能です。

5.契約內容はしっかり確認しよう

いよいよ購入となったとき、もちろん契約の內容はしっかり確認しましょう。車両価格に加えて、保証や稅金などはしっかりと計算に入れましたか?

オプション品などで、Webサイトで見たときにはあったはずのものがない、なんてことはありませんか?

これらをしっかりと確認して、やっと念願の愛車が手に入ります。

さて、ここまで購入時の手順についてご説明してきました。次は「中古車を購入するときにしっかり確認しておくべき事項」を説明していきます。

これでバッチリ、中古車購入時の15のチェック項目

「車を探す」から「契約をしっかり結ぶ」までに、これだけはチェックすべき、という點をまとめました。具體的には次の通りです。いずれか一つでも「NO」となったら、もう一度探し直したほうがいいでしょう。

  1. 購入にかかる総額に、手數料や法定費用はしっかり入っているか
  2. 検索地域は、実車を見に行ける近隣の県か
  3. 車検は殘っているか
  4. 実車確認のとき、店員が誠実に対応しているか
  5. 店舗は清潔なお店か
  6. 店舗に展示された車は洗車されているか.寫真では確認できなかった傷や歪みはないか
  7. タイヤの溝が減っていないか
  8. 車內に異臭はしないか
  9. エンジンはちゃんとかかるか
  10. エアコンやヘッドランプはちゃんと動くか
  11. 定期點検記録簿や取扱説明書がしっかり保管されているか
  12. 必要な書類は全て揃っているか
  13. 見積書に見覚えのない項目はないか
  14. 納車時整備の內容が明記されているか

主な項目としては以上のようになります。

14の必要書類は、車庫証明は自分で警察署に申請する必要がある場合があります。それ以外のものは、店舗がやらない場合、役所にわざわざ行かなくてはならなくなるので、その必要がないかを店舗にしっかり確認しましょう。

初めての方へ:実際にこの手順で探してみよう

ここまで、中古車の探し方を紹介しましたが、どんな風に探すのかイメージが湧かない方もいると思います。

それでは実際に、中古車を探す流れを紹介します。方法は、より多くから絞り込むことが出來る中古車検索サイトを使ってみます。サイトは「カーセンサー」を利用してみましょう。

車種が絞り込めた方は、車種指定検索×地域が一番

中古車検索サイトの利便性も年々向上しており、さまざまな検索條件で探すことが出來ます。車種が絞り込めた方は、まず車種×地域で探すことにトライしてみましょう。

今回は、上に挙げた「日産 セレナ」で、あなたが東京都に住んでいる方として検索してみます。トップページからメーカー指定で日産を選択すると、車種選択畫面に移ります。

中古車の探し方|車種選択畫面

「サ行」からセレナを選択すると、地域選択へと進みますので、東京を選択します。いきなり迷わないように、まずは、あなたが住んでいる都道府県をピンポイントで選択するのが良いでしょう。

中古車の探し方|地域選択

メーカー?車種がぴんとこないならまずはボディタイプ検索

欲しいメーカー?車種がまだぴんと來ない方は、まずボディタイプからの絞りこみがオススメです。ボディタイプはこれまで挙げた他に、以下のようなタイプがあります。

これまでご紹介した以外の主なボディタイプ
ワゴン:基本的に5ドアで、荷室が車內と一體化している車をステーションワゴンと呼びます。代表的な車種はスバルのレヴォーグ、トヨタ カローラフィールダーなどです。
こんなあなたにオススメ「運転を楽しみたい方」「スマートな外観が好きな方」
セダン:エンジンルーム、乗車空間、荷物空間(トランク)が3つに分かれた、3BOXという形狀が一般的。ドアは4枚あることが普通です。(2ドアセダンも存在します。)
こんなあなたにオススメ「洗練されたフォーマルな雰囲気が好き」「街乗り?駐車場等の利用もスムーズにこなしたい方」

ここでは「SUV」にチェックを入れます。そうすると、全國のSUV車種の中古車が見られますが、これではまだ範囲が広いので、東京都に絞りましょう。
中古車の探し方|東京?SUVで検索

まずは近隣に絞って、指定範囲を広げる

お住まいの地域にも寄りますが、車種を1つに絞り込んだ場合でも都道府県で100臺以上、多いところや人気の車種では1,000臺を超える在庫があり、迷ってしまう事は想像に難くありません。

  1. まずはあなたが住んでいる都道府県
  2. 希望のものがない場合に、近隣都道府県に範囲を広げる

という手順を踏みましょう。

車両価格と総支払額の違いに注意する

ボディタイプと並んで絞込みの大切な要素が予算です。中古車の在庫には「車両価格」と、「総支払額」が記載されています。言葉の通り、車両価格はその中古車自體の価格で、総支払額(または総額)は、そこに安全裝備?諸費用をプラスしたものです。

中古車の探し方|車両価格と総支払額

車を購入した場合、最終的に必要な金額は「総支払額」なのでそちらを見るようにしましょう。場合にもよりますが、車両価格にプラスされる諸費用は50萬円~と言われています。

また、予算についても、地域と同様に「まずは狹く=自分の出せる金額を堅めに見る」?見つからなければ「少し金額を上げて検索する」という手順を踏むようにしましょう。

気にいった中古車があれば、在庫問い合わせをする

希望通りの中古車が見つかったら、そのまま在庫問い合わせをする事ができます。カーセンサーやGooにはお気に入り機能もついており、気になる中古車を保存して、まとめて問い合わせ、後から參照もできます。

ただ、先ほども述べた通り、中古車の在庫は常に変動します。後から見ようと思って、気づいたら売れてしまっていたケースもあるので注意してください。

在庫問い合わせ後、掲載している中古車販売店からあなた宛に連絡が入ります。「中古車検索サイトから在庫問い合わせをする=中古車の購入予約」ではないので安心してください。気になった中古車が見つかったら、早めに問い合わせをしてみる、くらいで考えておきましょう。

まず欲しい車を「目的」と「予算」で絞り込む

中古車の販売臺數は膨大なものです。その中で自分の求める中古車を見つけるためにまずやるべきなのは、「どんな車を探すのか」決めることです。

色々な考え方がありますが、一番のおすすめは次の要素をしっかり決めることです。

  • 車を使う「目的」…車を何に使いたいのか(赤ちゃんを含めた家族を乗せたい、アウトドアに思い切り使いたいなど)
  • 車両価格や維持費を総合した「予算」

これらから絞り込むことです。

この2つのどちらが欠けても、経済的に身の丈に合わない車を持って生活が苦しくなるか、一番車を使いたいシーンで思うように使えないことになり、本當の意味で満足する車が手に入るとは言えません。

ここでは、主に想定される車の「目的」と、予算別の代表的な車種を図にしてご紹介します。

先に結論を述べると次の通り。

  • ファミリー向け…大人數なら「ミニバン」、少人數なら「背の高い軽自動車」
  • 高速道路をよく利用する……「セダン」タイプの車(ハッチバックやワゴンを含む)
  • 近所の買い物がメイン……「軽自動車」や「コンパクトカー」などの小型車

自分はこれ!というものがあれば、ぜひ今回紹介する方法で探してみてください。

これ以降、詳しくご説明します。
中古車の探し方

ファミリー向けの車は「ミニバン」と「背の高い軽自動車」

ファミリー向けといっても、家族構成はさまざま。子供を含めて5~6人の家庭もあれば、夫婦2人で車を共有したい場合もあります。

5人以上の大家族の場合にはミニバンがおすすめです。ミニバンは5人乗りから、大きいものだと7~8人乗りの車も數多く販売されています。

逆に2~3人くらいの家庭で、ときどきアウトドアやお買い物の荷物を積める便利な車がほしいという場合には、背の高い軽自動車?通稱「ハイトワゴン(トールワゴンとも)」がおすすめです。

細かく解説していきましょう。

ミニバンの特徴とおすすめ中古車

ミニバンの特徴は何と言っても、その大きなサイズと「たっぷり乗れて、たっぷり積める」車內空間。

家族が4~5人ほどになった頃から、購入の候補に入ります。連休のときにおじいちゃんおばあちゃんなど、少し乗員が増えても大丈夫というメリットもあります。

また國産ミニバンはファミリー向けの車として開発されているものが多く、とくに小さい子供のいる家庭に便利な機能が充実しています。代表的なところでは次の通りです。

  • 高い天井で、子供が立ったまま著替えたり乗り降りしたりできる
  • 床が低く、子供が降りるときに転落する危険が低い
  • 乗り降りがしやすいので、赤ちゃんを抱えたままの乗り降りも楽々
  • 車內が広いので、ベビーカーなどを積むのに便利
  • 子供がいても安心なパワースライドドア搭載車が多い

人數の多い家庭なら、まっさきに検討してもいいでしょう。また、「ミニバンは大きいから家族と運転を交替したときが不安」という方も、コンパクトなミニバンを選ぶことで、運転の不安をかなり軽減できます。

ミニバンは車體の大きさと機能が充実していることから価格は高めなので、200~250萬円ほどを見ておけば、質のいい中古車を見つけることができます。

子供の安全のことも考えると、少し予算は多めに見積もっておくのがよいでしょう。

この目的に該當する中古車の例

  • 中古車総額250萬のミニバンサンプル 日産:セレナ
  • 中古車総額200萬のミニバンサンプル トヨタ:シエンタ

セレナは子育て世代のお母さんたちから大きな支持を受けているミニバンです。安全性能や燃費も優秀な水準を確保しているので「まずセレナから検討する」というのはおすすめです。

コンパクトなミニバンの代表として、シエンタが挙げられます。5人乗りだとかなりサイズが抑えられていますが、車內の広さは十分。運転に不慣れな人でも運転がしやすいように、視界の広さや運転支援技術がしっかり裝備されています。

背の高い軽自動車の特徴とおすすめ中古車

背の高い軽自動車は「ハイトワゴン」または「トールワゴン」と呼ばれ、「たっぷり積める軽自動車」として人気を博しています。

軽自動車は4人が定員の上限なので、家族が4人より増えそうなら普通車を検討する必要はありますが、2~3人ならかなり広々と使えるのでおすすめです。

とくにおすすめなのは「スライドドア搭載型の軽自動車」です。ミニバンと同様に床が低く、乗り降りが楽です。また、お子さんがいない家庭でも、荷物の出し入れが容易になるので、何かと買い物に使うことが多い人も便利です。

軽自動車ということで価格は安いです。100~150萬円ほどの予算を見積もっておけば、十分に良質な中古車を購入することができます。

この目的に該當する中古車の例

  • 中古車総額150萬のミニバンサンプル ホンダ?N-BOX
  • 中古車総額100萬のミニバンサンプル スズキ?スペーシア

N-BOXは、ミニバンをそのまま軽自動車にしたような使い勝手の軽自動車です。広々とした車內は使い勝手が抜群です。最新モデルでも、年式を発売時期である2017年くらいに絞れば、150萬円ほどの予算でも購入可能なものが見つかります。

スペーシアも、N-BOXと同様にスライドドアを搭載した軽自動車です。小學校低學年の子供なら立ったままの乗り降りも可能。もちろん、買い物でお米や観葉植物を積み込むときにも楽々です。

高速道路で長距離を移動するならセダンタイプ

長距離を移動する?高速道路を使うことが多いようなら、ミドルサイズ以上のセダンがオススメです。

ある程度、ボディが大きい方が直進安定性に優れ、乗り心地も重厚感があって快適だからです。

重心の低いタイプのセダンであれば、走行安定性も優れているため、移動中の疲労を軽減できます。

また、セダンと似たような特徴を持つ車として、

  • 人気が高くシートアレンジが多彩なハッチバック
  • 荷物をたっぷり積める実用的なステーションワゴン

なども合わせて検討するのが良いでしょう。走行性能に関して言えば、これらはほぼ同じです。あとは性能や予算と合わせて検討すると、ぴったりの一臺を見つけられます。

予算はさまざまですが、性能を求めると上は250萬円、もう少し妥協して150萬円より少し上くらいを想定しておくと、無理のない車選びができます。

この目的に該當する中古車の例

  • 中古車総額250萬のセダンサンプル トヨタ?クラウンハイブリッド
  • 中古車総額200萬のハッチバックサンプル 日産?ノートe-POWER
  • 中古車総額150萬のステーションワゴンサンプルホンダ?シャトル

言わずとしれた高級車のクラウンですが、その走行性能は高級車の名に違わない上質なものです。また、速度を出したときの安定感や車內の靜粛性もトップクラスの優秀さです。

ノートは日産獨自のハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載したハッチバックで、非常に優秀な燃費を誇ります。住宅街でも無理なく使用できるサイズなので、家族と車を共有するときにも安心です。

シャトルはたっぷりと積めるラゲッジスペースが魅力的。走行性能も力強く、引っ越しの荷物運びからアウトドアまでオールラウンドにこなしてくれます。

買い物などで使うなら軽自動車?コンパクトカー

買い物などで市街地を中心に走るなら、やはりボディが小さなタイプが好ましいです。小回りがきく軽自動車やコンパクトカーなら、最小回転半徑が5M以下に収まる車種も多く、狹い路地の通行や、駐車場でも扱いやすいです。

昨今の軽自動車やコンパクトカーは、車體に対して車內スペースが広くなり、積載性や快適さも向上しています。

セカンドカーや近場への買い物をメインに使うなら、軽自動車やコンパクトカーがおすすめです。

この目的に該當する中古車の例

  • 中古車総額100萬のコンパクトカーサンプル トヨタ?ヴィッツ
  • 中古車総額100萬の軽自動車サンプル スズキ?ワゴンR

ヴィッツは非常にお手頃な価格が魅力のコンパクトカーです。新車価格でももちろんお手頃ですが、中古車ではさらにお得。100~150萬円でも、十分に良質なヴィッツを入手できます。

ワゴンRは年式に妥協すれば、50萬~100萬円の価格帯でも入手が可能な軽自動車です。妥協せずとも100萬円以內の予算に収めることは難しくありません。使い勝手もよく、コスパが非常に優秀な軽自動車です。

見た目のかっこよさで選ぶならSUV?クーペ

見た目のかっこよさと走りの楽しさを満喫したいなら、スポーティクーペがオススメです。
ロードスターのようなオープンタイプならば、爽快感も満喫できますし、低重心のボディはドライバーの運転に直接反応する乗り心地です。

しかし、後部席は備わらず、荷室も狹いことが多いです。結果、バランスの良いのはSUVです。見た目のかっこよさと上質な內裝、後部席のスペースや積載性も実現できるので、昨今非常に人気のタイプです。

この目的に該當する中古車の例

  • 中古車総額250萬のSUVサンプル トヨタ?C-HR
  • 中古車総額250萬のスポーツカーサンプル MAZDA:ロードスター

トヨタから新型RAV4が発売された今、買い時なのがC-HRです。同じSUVということもあり、C-HRからRAV4に乗り換えるユーザーも多いようです。中古車の在庫もかなり増えているので、良質なものを探すなら今がチャンスです。

ロードスターはマツダが誇る本格スポーツカーです。実用性は非常に低い2シータ―ですが、その分レーシングカーのような力強くレスポンスのいい走りを提供してくれます。獨身の方やセカンドカーとしての購入を検討されている方におすすめです。

まとめ

この記事では、中古車の探し方についてご紹介しました。ポイントを整理すると、

  • まず、どんな車を探したいか明確にすること
  • 車を使う「目的」と「予算」で絞り込むのがオススメ
  • 目的ごとに適した車種?ボディタイプがあるので事例を參考に
  • 中古車の探し方ごとに、向いている方、特徴、注意點が異なる
  • 探し方に迷った方は、まずは中古車サイトで記事の通りに探してみましょう

特にネットでの検索であれば、この記事を読んだ後、そのままスムーズに探すこともできるので最初にとりかかるのにはオススメです。

自分に合った中古車の探し方を知って、ぜひお気に入りの車を見つけてください。

車の買い替え?売卻の方法を検討されている方は、 ナビクルの「あなたにピッタリの車の売買方法を提案!車の売り方?乗り方診斷」 の利用がおすすめです。 お持ちの車の狀態や普段の生活スタイルからあなたに最適な車の売買方法を提案します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 暖暖免费版全免费观看
德兴市| 资阳市| 古蔺县| 仁布县| 安仁县| 卢湾区| 阳朔县| 时尚| 屏南县| 阳谷县|